ビジネス

クイックレスポンスの意味、使われ方、例文【アパレル業界、鉄道運送業界】

今回はクイックレスポンスの意味や使われ方について紹介していきます。業種によってクイックレスポンスという言葉の意味は、変化するので、アパレル業界、鉄道運送業界、製造業界など、それぞれの業界ごとの意味や使われ方についても紹介していきたいと思います。

クイックレスポンス(QR)のビジネス上での意味

クイックレスポンスは英語ではQuick Responseと表記され直訳すると素早く返事を行う、受け答えなどの反応をするという意味になります。

クイックレスポンスはビジネスでは頭文字を取りQRと表記され、『相手からの要望や相談などに素早く応対・回答をすること』という意味合いで用いられます。

クイックレスポンスの意味は、業界によってニュアンスがしばしば異なる場合があります。今回はこのクイックレスポンスという言葉を使う業界での言葉の意味と例文について紹介をしていきます。

 

クイックレスポンス(QR)のアパレル業界での使われ方と例文

アパレル業界でのクイックレスポンスは主に販売経営の面で使用されることが多いです。店頭に納入した商品の販売の推移によって、追加生産や納品を行う活動のことであり、店舗の動きに素早く(クイック)反応(レスポンス)することを指します。

アパレル業界では、クイックレスポンスが成り立つことにより、販売不振商品の在庫の減少・消費者のニーズに効率よく合わせることが出来ます。

しかし多くの商品に一斉にクイックレスポンスを行うことになると、販売会社や制作会社などが経営の動向に追いつけず、逆に経営の効率化が悪化するといった問題点も存在します。

例文『この店舗はクイックレスポンスを行うことで販売在庫の量を減少させた』

[ad#a]

 

クイックレスポンス(QR)の鉄道、運送業界での使われ方と例文

運送会社でのクイックレスポンスは主に就職の採用面で用いられることが多いです。運送業の場合、運送業を第一希望にして就職・転職活動を行なっている人数の割合は、大変低い傾向にあります。

これは面接から採用通知までの期間にも関係することであり、データでは、運送業の場合、面接を行ってから採用通知を送るまでの時間が、二日の場合と一週間の場合では、二日の場合の方が入社率は高い傾向にあるのです。

そのため運送業界では応募から入社までの流れをマネジメントすることによって、入社から採用までに掛かる期間を収縮、改善することによって、自社への入社率を高めようとします。

このように運送業界では応募から入社までの流れを早く(クイック)反応(レスポンス)することによって、入社率の低い運送業界の人材採用を効率よくマネジメントする経営方針が見られます。

例文『運送業界の入社率を向上させるためにはクイックレスポンスを見直す必要がある』

[ad#b]

 

クイックレスポンス(QR)の製造業界での使われ方と例文

製造業界でのクイックレスポンスは、我々が最もよく耳にするものであり、消費者との関わりの中では最も重要な事項になってきます。

製造業界では、クイックレスポンスに一般的に4つの柱があります。1つ目は『商品の効率的な品揃え』です。製造業界では消費者のニーズに応えることが必須であるため、相手の需要に合わせて商品を店舗等にうまく揃える必要があります。

2つ目に『効率的なプロモーション』です。消費者の販売意欲を効率よく刺激するためには、状況に応じて販売の宣伝におけるメディアやパブリシティ、セールスなどの使い分けが求められます。

3つ目は『効率的な生産・調達』です。製造業における原料や輸送コストなどの面は、非常に大きく全て自分の手で行なう訳ではないので、生産・調達を行なう部下のマネジメントなども重要な要素となってきます。

技術面に関しても同じことが言えます。培ってきた技術やノウハウを部下に伝えることも製造面の効率を向上させる場合には、重要な項目となっています。

4つ目は『取引ルールの透明化』です。取引ルールを透明化することによって、消費者が安心して購入できるような製品を作る必要があります。

このように製造業界におけるクイックレスポンスは、4つの領域から改革をすることによって消費者満足の収益の強化を図ります。

よって製造業界でのクイックレスポンスの意味としては、消費者の需要や生産の過程に対して素早く(クイック)対応(レスポンス)することを指します。

また最近ではクイックレスポンスという言葉は、サプライチェーンマネジメントという言葉になっています。サプライチェーンマネジメントとは、取引先の受注や社内の業務管理をコンピューターで行なうことによって、資材や製品の管理・コストの削減などを効率よく目的とするという意味合いにも変わりつつあります。

例文『製造業においてはクイックレスポンスを確立させ、消費者との結びつきを強くしていくべきだ』