鉄道

【鉄道業界】特徴・課題・ニュース・年収・売上ランキング・就職(転職)するときの注意点

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事では鉄道業界の特徴や課題、ニュースから動向などをご紹介します。

また、鉄道業界の年収や売り上げランキング。就職・転職するときの注意点やポイントもご紹介していますので、是非参考にしていただければと思います。

鉄道業界の特徴、課題、ニュース

国鉄民営化によりJRとなったが格差が広がる

1987年に日本国有鉄道が分割化され現在のJRとなり、JR北海道から九州までの旅客鉄道事業においては6つの企業となりました。

首都圏の通勤路線を持つJR東日本、新幹線などの利用により安定的な収益を得るJR東海や関西圏を網羅するJR西日本などはまだ良いですが、特に赤字経営に苦しんでいるのがJR北海道です。

もともと国鉄時代からも赤字路線が多く、昭和末期には相当数の路線を廃止にし、平成に入ってからもバス運行への切り替えなど路線維持が困難な状態は変わりません。

現在でも利用者の減少は歯止めが効かず、北海道内の約半分は赤字路線と言っても良いでしょう。

JR北海道は17年3月期決算でも赤字を出し、18期連続の営業赤字となっています。

赤字が続く場合は路線廃止だけではなく、既存路線の維持費用の捻出にも影響が出てくるケースがあり、鉄道事業として安全に運行する策としてJR東日本との合併の声も上がりました。

JR北海道は16年に待望の新幹線事業もスタートしましたが事業区域による格差はますます広がることでしょう。

 

鉄道移動はスピード化、消えゆくブルートレイン

2015年に北陸新幹線が開業したのは記憶に新しいでしょう。

これにより従来4時間近く必要とした東京~金沢間の移動時間が2時間30分。富山までも2時間10分と約1時間15分近く時間短縮となりました。

新幹線の車両も年々改良され、初代新幹線0系の210km/hから現在では270km/h~300km/hと営業最高速度も上昇し、より早く目的地へ到着できる様になりました。

また、今後開業が予定されている、中央新幹線(仮)のリニアモーターカーにおいては高速試験走行で世界最高速の603km/hを記録し、日本各地への移動はよりスピード重視となるでしょう。

日本各地に整備される新幹線の影響もあり、かつて数々の寝台特急が走行していましたが、残り数少ない寝台特急でもある「北斗星」「トワイライトエクスプレス」「カシオペア」などが相次いで運行を終了し、時間を掛けて移動する「旅情」を楽しむ鉄道が無くなっていくのもスピード化を求める時代の影響なのでしょうか。

 

鉄道業界の動向

シニア層を取り込む超豪華観光寝台列車ブーム

次世代の寝台特急と言っても良い、超豪華寝台列車が各鉄道事業者から次々に運行が開始されています。

JR九州のななつ星in九州を始め、JR東日本のトランスイート四季島。JR西日本のトワイライトエクスプレス瑞風など事業区域各地の観光スポットを巡る列車が誕生し、価格帯も

運賃+宿泊費込みで数十万も珍しくありません。

 

工夫や地域に密着した観光列車も登場

豪華な寝台列車だけでなく、既存の車両を改造し、窓枠を広くし地域自慢の景色を楽しみながら乗車でき、車内でご当地料理を楽しむ観光列車が多く誕生しています。

JRが運行している豪華寝台列車と異なり、観光列車は私鉄や第3セクターなども多く、中には存続が危ぶまれていた路線もありました。こうした独自のアイデアで乗客を楽しませてくれる列車が続々と登場しています。

[ad#a]

 

鉄道産業の国内市場規模

鉄道産業の国内市場規模は6.8兆円と言われています。

※平成24年度鉄道統計年報(国土交通省より)

この市場規模は12年度の運輸成績表のJR総合計と民鉄総合計を足した額です。

 

鉄道業界の年収ランキング

阪急電鉄

阪急電鉄株式会社は、大阪梅田と神戸・宝塚・京都を結ぶ鉄道を経営する大手私鉄です。

阪急阪神ホールディングスの子会社で劇団宝塚歌劇団の運営会社でもあります。

年収約830万円になります。

 

JR東海

東海道新幹線を軸として東海地方の大部分に路線を持ちます。

東証・名証に上場している企業で現在はリニアモーターカーの中央新幹線を建設中です。年収はおよそ771万円です。

 

京王電鉄

東京都西部から神奈川県北部に鉄道路線を有する会社です。

大手私鉄のひとつであり、東証に上場している企業でもあります。

京王グループの中核企業であり、従業員はおよそ2300名。年収はおよそ757万円です。

[ad#b]

 

鉄道業界の売上ランキング

JR東日本

東北、関東地方全域を営業区域とする旅客鉄道会社です。

とくに東京圏の通勤輸送を主力としており1日の平均輸送人員は平均1,659万人(2010年度)です。売上高は28.671億円となっています。

 

JR東海

東海道新幹線を軸として東海地方の大部分に路線を持ちます。

東証・名証に上場している企業で現在はリニアモーターカーの中央新幹線を建設中です。売上高は17.384億円です。

 

JR西日本

北陸3県、中国地方、近畿地方に路線網を持つ旅客鉄道会社です。

総営業キロ数はおよそ5000kmであり、社員数は約26,000人とJR東日本に次いで多い会社です。売上高は14.513億円です。

 

 

鉄道業界に転職、就職するときの注意点

倍率が高いため、面接や書類対策を万全にする

鉄道企業は比較的安定した経営をしており、多くの就職希望者が想定されます。その中で、良い意味で印象に残るには面接時や書類選考での不備は致命的です。

しっかりと対策を練って本番に挑みましょう。

 

鉄道業界の就職に強い専門学校に入学することも選択肢にいれる

鉄道業界は元々高卒者が多く就職する業界でした。その為、鉄道業界に強い高校や鉄道系の就職実績が多い専門学校に入学するのも方法です。

ただし、それらの場合は現場勤務(駅員・車掌・運転手など)が多く総合職の場合は現在、大卒がほとんどなので希望する部署によっては注意しましょう。

 

趣味と仕事を一緒にしない

鉄道好きが高じて、鉄道業界に希望する方も多いですが、もしも鉄道趣味が強い事が面接時に伝わるとかなりの確率で悪い印象を持たれるのが現状です。

鉄道好きである事は決して悪いことではありませんが、仕事としたときに会社にどう貢献したいか、自身の立場や意思を冷静に考えて志望した方が良いでしょう。

 

鉄道業界の志望動機のポイント

地域にどう貢献したいかまとめる

鉄道事業はある意味地域に根付いた事業です。地域の方達にとってどの様な鉄道員になりたいか、また鉄道会社にしたいか。

鉄道を通して地域にどの様に貢献するのか自分なりの考えやアイデアを考えると良いでしょう。

 

健康意識を高く持っている事をアピールする

鉄道は安全が最優先です。その為、自分自身が冷静で鉄道員として適性のある人間であることをアピールしましょう。

高卒者で志望するのであれば、健康管理をしっかりとし学生生活時の自己管理(欠席数)成果なども良いでしょう。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
9月20日 13:24 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop