接客業をストレスで辞めたいと感じる理由と、解消方法とは?

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事では、接客業でストレスを感じ、辞めたいと感じる理由と、ストレスの解消方法について、記載していきたいと思います。接客業のストレスで悩んでいる人は、是非参考にしていただければと思います。

 

接客業をストレスで辞めたいと思う理由

やっかいな常連客の対応

接客業をしていると常連のお客様というのはお店として重要なお客様です。そのため、それなりの対応を強いられます。もちろん上司から言われる場合もあれば、周囲の空気から感じ取ってしまう場合もあります。

ほとんどの常連のお客様というのはお店にあったお客様なので、対応が簡単かつフレンドリーに接していただけます。

そのため、一見のお客様と比べてもよりよいサービスができるのですが、たまに常連ということを盾に横暴な要求や手間のかかる要求をしてきて、業務の支障をきたすような行動を取る方がいます。

そのようなお客様はできるだけ対応をしたくないと思うのですが、こういう厄介な常連客の専属にされてしますと、なぜ自分だけがこんな損な役をやらされないといけないんだとか感じてしまいます。

そこから孤独感が生まれ、周りの同僚から見放されたような感覚になってしまい、常連客の対応だけでなく、同僚との関係性も場合によっては悪化してしまい、負のスパイラルにはまり、ストレスが加速度的に増加してしまいます。

 

人手不足で、給料は変わらないのに負担が激増

接客業というのは大変な職業です。そのため、急に同僚が辞めてしまったり、いなくなってしまったりすることが多々あります。すぐに代わりの人材が来るのであれば問題ないのですが、すぐに代わりの人材が来ない場合も多くあります。

例えば、今まで5人でやっていた仕事を急に1人で対応しないといけない場面で、新しい人が来るまで残業をしたり、いつもやっていることを倍速で済ませて時間を作って、空いた時間でさらなる業務をこなしたとします。

1人で5人分の仕事を何とかこなして新しい人材が来るまで耐えたとしても、それに対する対価をもらえることもなく、評価もされずに、「新しい人材を入れたから感謝しろ」という雰囲気を出されてしまうと、いくら頑張っても報われないと感じてしまい、一気にストレスが溜まり辞めたいと感じます。

 

勤務時間以外の接客

接客をしていると仕事の時間以外での付き合いが必要な場合があります。自分が働いている店のため、売り上げのため、理由は様々ですが、お客様からの誘いがあったら断りづらいです。

おそらく接客業をやっている方のほとんどが断らないし断れないと思います。

少しの時間であれば仕事の延長線上みたいなものだと思うことが可能なのですが、往々にして、このような場合仕事が終わった後のお誘いになるため、拘束時間がかなり長いです。

そういったものが好きな人には苦にならないと思いますが、仕事中の接客で精一杯と感じている人にはかなりの重労働です。

もし、経営者であれば仕方がないことと思って割り切って動くことは可能だと思うのですが、一般の社員であればお客様として対応しないといけませんし、粗相があればクレームにもつながる可能性があります。

時間外でやるので給料もでないわりに、プライベートの時間が削られリスクだけはあるといった状態が長期間続くと、じわじわとストレスが溜まり最終的にはその生活から解放されたくて辞めたくなります。

[ad#a]

 

接客業でストレスがたまったときの発散、解消方法

芝

とにかく一人の時間を作る

接客業は日々たくさんのお客様とかかわって生活しています。どんなに接客が好きな人でも、人と接するのが億劫になってしまうときがあります。

好き同士で同棲や結婚したとしてもプライベートな時間が必要なことと同じです。つまり接客業ではお客様と接する時間はもちろん大事ですが、長期間続けるためにはプライベートの時間を日々しっかり持つことでメリハリをつけた生活をすることができるため接客のストレスから解放されます。

 

仕事内容の見える化をする

接客をしていると、どこまでが接客でどこから接客じゃないのかというのが不明確になってしまう場合があります。この不明確な部分をそのままにしていくと、自分の負担ばかりが増えてしまい、やらなくていい事までやらないといけなくなってしまいます。

そこで自分の接客はどこまでやるのが、接客なのかという点を明確にすることでストレスから解放されます。この線引きはお店のルールではなく、自分のルールで線引きをすることが重要です。

お店のルールに従ってしまうと強制感があり、最終的にはストレスにつながりますが、自分で作ったルールであれば自分で作ったからこそ接客に対して割り切ることができるため、精神的に前向きに行動することができます。

そうすることでストレスとなる原因を解消すると同時にモチベーションのアップにつなげることができます。

 

ストレスで接客業を辞めたい人へ

接客業は、ストレスがたまることも多く、人によっては、ストレスによって病気のような症状が出ることもあります。

余りにストレスを感じる場合、職場を変えたり、接客業から違う職種に変更することを検討するべきであると言えます。

正社員としての職歴がある場合は、転職エージェントのサポートを受けて、転職活動をすることができるため、うまく活用していくことをおすすめします。

こちらの記事も参考にどうぞ

職場ストレス原因ランキング

 

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
10月21日 09:12 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop