生保レディを辞めたい理由。転職を考えるのもあり?

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事では、日本生命、第一生命、明治安田生命、住友生命といった大手生命保険会社に勤務経験のある人の体験談をもとに、生保レディを辞めたい理由について記載していきます。生保レディを辞めたいと悩んでいる人は、是非参考にしていただければと思います。 

生保レディを辞めたい理由

コミュニケーションが苦手

生保レディは何といっても「営業力」が大事、人と話す事が苦手だったり、上手くセールストーク出来ない人は続けるのも難しいでしょう。

どのように自社の保険を売りこんで契約に持ち込むか、それは自身のコミュニケーション能力にかかっているのです。

高月収だからと入社したものの思ったように、コミュニケーション能力不足で、伝えたことを話せない、顧客と親しく話せない事や、同僚や上司との人間関係に悩んで辞めたいと思う人も少なくありません。

 

マニュアルがないため、自分で営業スタイルを確立しなければならない

生保レディの仕事には、これといったしっかりした営業マニュアルが存在しない事が殆どです。

生保レディとして働く事が初めての場合は、顧客へのテレアポだったり保険の知識なんかは教えてくれるでしょう。

しかし、「こんなトークをする事」、「こうやって契約へ持ち込む事」という決まったマニュアルがなく、「自分のトークスキルや知識」が頼りとなります。

一応、会議や新しい契約内容の勉強会(説明)がある事もありますが、基本的には自分で考えて契約を取る仕事なのです。

そういった重圧に押し潰され、辞めたいと思ってしまう生保レディは多いのです。

 

月収制ではなく成果報酬型であり、収入が安定しない

例えば一般的に多いのは、月に幾らと予め貰える金額が定められている「固定給」です。

しかし生保レディの場合、固定給ではなく成果報酬型の「歩合制」が殆どです。また、初めは固定給だったとしても、勤務年数によって歩合制に変わってしまう大手生保もあります。

成果報酬型の「歩合制」は、例えば1件契約につき幾ら貰えると決まっていますから、契約を取れば取っただけ稼げる可能性がありますが、契約が取れない月は、収入が極端に少なくなってしまう可能性もあります。

[ad#a]

 

ノルマが厳しい

営業系の仕事は殆どの会社がノルマを決めていますが、生保レディも当然の様にノルマが存在します。

特に成果報酬型の「歩合制」の場合には、契約をしなければ給料がない場合もありますから、ノルマはしっかりあります。

このノルマがとにかく辛く、ノルマを達成できないと給料が下がったり、上司から叱責される事もあり、精神的に病んでしまい、もう辞めてしまいたいと思ってしまいます。

 

家族や友人、知人と疎遠になってしまうこともある

生保レディのノルマを達成する為に、上司から「まずは家族や周りの人に契約してもらえ」とそれとなく指示される事もあります。

稼ぐ為には1件でも多く契約しなければいけませんから、生保レディは追い詰められて自分の家族や友人知人に保険の契約をお願いすることになります。

しかしこういった「契約を勧める行為」によって、親しい人であっても「付き合いきれない」と疎遠になってしまう場合が多いです。

中にはあまりにしつこい勧誘のせいで、家族と縁を切られてしまった、という生保レディもいます。

そうやって自分の周りから人がいなくなってしまうせいで、精神的に辛くなって辞めたいと思ってしまいます。

 

交通費やお礼品が自腹である

例えば車やバイクで顧客の所を回ったり、新規契約を取りこむ為にテレアポ先を訪問する場合、ガソリン代は自腹です。

車やバイクを持っていない場合は電車やバスを利用することになりますが、その交通費も自分で支払わなければなりません。

そして顧客の心を掴む為のノベルティ、遊園地の無料券やお菓子等のお礼の品も、自費負担しなければならず、経費として落ちる事は滅多にありませんから、お金がなくなってしまい辞めたいと思う生保レディも一定数いるようです。

 

確定申告を自分で行わなければいけない

保険会社の雇用形態によっては、生保レディは「個人事業主」となります。そのため、確定申告も自分で申請しなければいけません。

確定申告を自分で行う場合、大きな手間がかかってしまいますし、また税理士などに依頼する場合は、お金がかかってしまいます。

こうした税務上の手続きも負担になり、辞めたいと思ってしまう人もいるようです。

[ad#b]

 

スキルアップが出来ない可能性大

余程成績が良い生保レディでなければ、スキルアップは大変難しい職種です。

本来であれば、何年か勤めた後に昇給したり、ボーナスアップ、地位が上がる場合がありますが、生保レディはそういった事がとても難しいので、将来性が感じられずに辞めたいと感じる人もいます。

 

残業代が出ない

保険会社によっては外回りや事務作業中の残業代が発生する場合もあります。しかし、企業によっては、残業代が全く出ないという事もあるようです。

交通費もない、ノルマもある、おまけに残業代が出ないのであれば、辞めたいと思うのも不思議ではありません。

 

休みなのに休めない

土曜も日曜も顧客と契約の為に飲み会をしたり、ノルマが達成できないので休みの日もテレアポをする、という生保レディもいます。

休みのはずなのに休めない、しかもその「休みを返上して働いている分の給与が発生しない」という事に絶望を感じてしまいます。

 

生保レディを辞めたいときは、転職を考えるべき

メリット

生保レディは、ノルマが厳しく、収入も安定していないため、辞めたいと感じる人が多い職種です。生保レディから、メーカーの営業職や、別の職種(事務職など)を転職先に選び、辛い思いをしなくて済むようになって人も多くいます。

しかし、生保レディは特定のスキルがつかない仕事であるため、売上を上げていた人以外の転職はそれほど簡単ではありません。

事前準備をしてきちんと臨むことが大切であるため、転職エージェントなどの、転職のプロをうまく活用していくことをおすすめします。

 

こちらの記事も参考にどうぞ

生険の営業を辞めたい3つの理由

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
12月19日 22:57 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop