メリット

社会人を辞めたいときの対処法【1年目、2年目、3年目、高卒社会人】

今回の記事では、社会人を辞めたいときの対処法について、1年目、2年目、3年目、高卒社会人というパターン別に記載していきたいと思います。社会人を辞めたいと悩んでいる人は、是非参考にしていただければと思います。

入社1年目の新入社員が社会人辞めたいと思ったときの対処法

期限を決めてもう少し頑張る

入社1年目で勤め先がブラックだと感じ、辞めたいと思ったときにネックなのが「新卒切符を捨てて転職する」ということでしょう。

もしも「ブラックだけど耐えられないほどではないかもしれない」と思うのであれば、例えばあと半年だけ、ボーナスを貰ってからなど、期限を決めてもう少しだけ続けてみるのもアリです。

期限を決めて仕事をしていると、今まで見えなかったものが見えてくるようになりますし、仕事に遣り甲斐を感じられることもあるのです。もし決めていた期限が近づいて、まだ辞めたい気持ちがあるなら転職しましょう。ないならそのまま続ければいいのです。

 

社会人経験を積んでから退職する

新卒で入社1年目だと、まだ社会人経験もそんなにないでしょう。そのまま転職しようと思ってもまた求人に騙されてブラック企業に入社してしまうなど、同じ事態になる可能性があります。

そのようなことをなるべく避けるためにも、社会人経験を積んでから転職するという方法もあるのです。例えば今の企業で自分が納得できる程度まで社会人としてのマナーを覚えてからでも遅くはありません。

その経験が次の転職先で必ず役立ちますし、他の新卒で転職しようと考えている社会人より一歩先をいけるでしょう。

 

第二新卒枠での転職を目指す

どうしてもブラック企業に耐えられないならば、すぐに転職活動を始めてください。その際、新卒切符が無駄になるなんて心配はいりません。今は新卒よりも、第二新卒の方が需要があるのです。

第二新卒は求人でも引く手あまた、それは「完全な新卒社会人よりも社会人経験がある」からです。つまり即戦力として人気があるので、転職活動でもそんなに困ることがないでしょう。

ただし即戦力を求めるブラック企業も第二新卒を重点的に採用しようとしているので、おいしい求人内容だからといってすぐに飛びつくことは控えておいてください。

[ad#a]

 

 

社会人2年目から3年目で仕事を辞めたいと思ったときの対処法

資格を取得してから転職する

社会人になって2~3年経った人が仕事を辞めたい場合、新卒と差をつけなければ転職は難しいでしょう。第二新卒枠を狙うのであれば、資格を取得してから転職するという方法もおすすめです。

目指している業界の、仕事で必要とされる資格や役立ちそうな資格を勉強しましょう。そして転職の面接では今までの社会人経験の他に、資格取得に向けて動いている、または資格を取得したことをアピールするのです。

社会人2~3年目の第二新卒での転職も、即戦力として需要があります。この場合もブラック企業の求人で騙されやすいといえるので、十分注意しておきましょう。

 

転職エージェントを利用し転職を目指す

1人での転職ではまたブラック企業に入ってしまうかもしれない、そんな心配を抱えているならば転職のアドバイスが貰える、転職エージェントを利用してください。転職のプロがあなたをサポートしてくれます。

ブラック企業の求人は巧妙です。早く転職先を決めないといけないなんて焦っている人は、特に引っかかりやすいでしょう。それを第三者のプロの目線で確認してもらうことで、確実にブラック企業への転職を防ぐのです。

参考記事:第二新卒におすすめの転職エージェント、転職サイト

 

部署の異動を申し出る

転職したい気持ちはあるけど第二新卒枠でも難しそう、ブラックじゃなく仕事に遣り甲斐がないだけ、人間関係に悩んでいるだけなら、転職ではなく部署の異動も1つの手段です。

上司に今の状況を相談し、他の部署への異動を願い出てみましょう。それならばわざわざ転職活動をしなくてもいいですし、更に仕事の経験を詰むチャンスにもなるのです。転職する自信がないという人にはおすすめです。

[ad#b]

 

 

高卒の社会人が仕事を辞めたいと感じたときの対処法

自己分析をして仕事を辞めたい真の理由を探る

高卒で社会人になったもののどうしても仕事を辞めたいと思ってしまった時、なぜそんなに仕事が嫌なのか自己分析しましょう。真の理由を探ることで、この先どうすればいいのかがわかってきます。

人間関係に悩んでいるならそれを解決できる手立てはあるのか、ないなら部署異動または転職を考えてもいいでしょう。仕事が合わないなら、自分に合う仕事はどんなものなのかを探ってください。

ブラックすぎて辛い、いっそのこと正社員じゃなくてもいいと思うなら、転職先での雇用形態はアルバイトや契約社員でもいいでしょう。そこで経験を積んで、また良い求人があれば正社員雇用を目指せばいいのです。

 

ボーナスを貰ってから退職する

今すぐ仕事を辞めてしまうのではなく、せめて次のボーナスを貰ってから退職というのもアリです。とくに貯金がなく転職活動に困りそうだと心配があるなら、ボーナスを貰うまで勤めましょう。

この場合ボーナス査定前に退職の意思を伝えると、査定が下がりボーナスが減らされる恐れがあります。なるべく退職1~2ヶ月前という時期に退職を申し出ることで、ボーナス額を守り抜きましょう。

 

転職先が決まってから退職する

高卒で正社員雇用の求人はブラックが多く、ホワイトで企業はなかなか見かけることがありません。高卒で社会人になるということは、大卒社会人よりも少し転職が不利なのです。

高卒社会人の場合は会社を辞めてから転職活動をするより、転職先が決まってから退職した方がいいでしょう。そちらの方法が一番確実ですし、金銭面でも安定しています。

ただし、高卒社会人の求人でもブラック企業が多いので要注意です。おいしすぎる求人だと思ったら、ネットでその会社の評判を調べるなりしましょう。

 

まとめ

今回の記事では、社会人を辞めたいと感じたときの対処法について、様々なパターンで記載してきました。社会人そのものを辞めたいという場合もありますが、その職場を辞めたいという場合もあるようです。

そうした人は、他の職場に転職することで、快適に働くことができるようになる可能性がありますので、転職を考えてみることをおすすめします。

ただし、計画性のない転職活動では、満足のいく転職活動になる可能性が低く、ブラック企業に入社してしまったり、年収の下がる転職になってしまう可能性があります。

転職のプロである転職エージェントを活用するなどして、転職活動の計画を立ててもらったり、面接対策をしてもらうことをおすすめします。