キャリア

新卒3か月で退職した人が転職を成功させるポイント【退職理由、公務員、履歴書】

今回の記事では、新卒3か月で退職した人が転職を成功させるポイントについて記載していきたいと思います。退職理由や履歴書のポイント、公務員を目指す場合のポイントについても記載していきますので、是非参考にしていただければと思います。

 

新卒3か月で退職した人が転職を成功させるポイント

うつ病になったなど、体調面の問題がない場合は、退職する前にある程度の転職プランを立てる

新卒で入社したは良いものの、入社してみると、「考えていた仕事と少し違った、周りの人と馴染めなそう」と戸惑い、3か月が経過する頃には、会社を退職したくなっているというのは、良くあることです。

しかし、新卒入社わずか3ヶ月以内に辞めてしまうと、継続性の面で企業に不安視されるため、「次の転職先がなかなか見つからない」、「内定をもらった企業の条件が、前職よりも結局悪くなっていた」など、転職がうまくいかなくなってしまう厳しい現実もあります。

なのでしっかり先を見据えてやめる前から転職したいところなどは探し、ある程度見込みを立ててから、退職することが大切です。

ただし、ブラック企業に入社し、うつ病寸前や、体を壊してしまった場合などは、これ以上悪化させないためにも、見込みが立つ前に退職を考えるのもありと言えます。

 

企業研究をきちんとして、転職先を選ぶ

良く調べないで転職をしても、またすぐに会社を辞めたくなってしまう可能性があります。そのため、企業研究をきちんとして、長く続けることができるような企業であるのかどうかを考えて、転職先を選ぶ必要があります。

給料や知名度など、表面上の要素も大切ですが、社風や人間関係など、数字に表れない部分も非常に大切な要素になるため、こういった要素もきちんと事前に調べておく必要があります。

参考記事:入社前に、企業の社風をちゃっかり知っておく2つ方法

[ad#a]

 

新卒3か月で退職した人の面接での退職理由の話し方のポイント

退職理由はネガティブではなく、前向きな理由を 

面接で前の会社のことを聞かれ、「働いてみたらブラック企業で」や「入社したら考えていた内容と違い退職いたしました」などは、面接官からしたらマイナスポイントです。

退職理由を面接の際聞かれたらマイナスな考えでの理由ではなくプラス思考な未来を考えた内容で面接官にアピールしましょう。

 

前の会社の悪口はNG

いくら悪い会社であったとしても前の会社の悪口をいうのはダメです。好印象を与えられるような前の会社での「尊敬できる部分」や「すごいと感じた部分」なども交えて退職した理由を面接官に説明できれば印象はよく映ると思います。

参考記事:【人事の目線】第二新卒の転職面接では、前職の悪口が厳禁である理由

 

新卒3か月で退職した人の履歴書の書き方のポイント

履歴書が一番の関門であることを理解し、力を入れる

ここまでいくつかポイントを説明してきましたが現実問題、新卒3ヶ月以内に退職した人に世間は厳しい目を持っているのが現状です。

短期離職をした人は、面接を行う前に履歴書で判断し、面接や試験を受けさせないとしている企業もあります。

そんな冷たい世間にも立ち向かって行かなければならない中で、履歴書でいかにアピールできるかは最初の関門と言えるでしょう。

自分の言葉で採用担当者に訴えることができる(志望動機や自己PR)の欄は最新の注意を払い、熱い想いを書きましょう。

 

志望動機は未来を見据えた内容で、仕事への意欲をアピールする

履歴書が一番の関門というのはポイント1でお話しした通りなのですが、志望動機が1番のポイントと言えるでしょう。採用担当の方からしたら前の会社を新卒3ヶ月以内の人というのは、まず確実にマイナスからのスタートになってしまいます。

その中で、「前の会社では〇〇の所があまり良くありませんでした」などマイナス思考なことを書くのではなく、「御社を志望した理由は、〇〇を魅力に感じたからです」など過去に囚われるのではなく、未来を見据えて志望動機を書きましょう。

さらに「こういった仕事に取り組みたい、こういったスキルを身に着けたい、こういった点で会社に貢献したい」など、未来の目標を言えることができたら、面接官に好印象を与えることができますので、以前の経験(自分自身のスキルになったこと)などもふまえて、未来を見据えた志望動機で面接官の心を掴みましょう。

[ad#b]

 

新卒3か月で退職した人が公務員を目指すときのポイント

まずは勉強をする

民間企業とは違い、印象よりまずは学力がともなはないと、スタートラインに立つことが出来なくなってしまいます。公務員になるという熱い思いを忘れず、勉強をしましょう。

 

「なぜ公務員になりたいのか」を面接で伝える

民間企業ではなく、なぜ公務員を目指しているのかを、分かりやすく面接で伝える必要があります。「市民に貢献がしたい」など、公務員ならではの社会貢献への意欲を伝えることは、スタンダードな理由ですが、納得感がある理由であるため、なぜそう思ったのかを自分の経験をもとに説明すると良いと言えます。

 

まとめ

今回の記事では、新卒3か月で退職した人が転職を成功させるためのポイントについて記載してきました。

新卒3か月の退職は間違いなく、中途や新卒に比べて不利であるため、選考は簡単には進まない可能性が高く、心が折れそうになってしまうこともあるかもしれません。

しかし、短期離職した人であっても、転職のプロであるエージェントのサポートを受けながら、転職活動を成功させることは、可能であるため、諦めずに挑戦してみることをおすすめします。