SEやエンジニアがフリーランスとして働くメリットとデメリットまとめ

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事では、サラリーマンとして雇われているSE、エンジニアと比較した、フリーランスSE、エンジニアのメリットとデメリットを書いていきたいと思います。

フリーランスとして独立する前の経歴

サラリーマンになる前は、経済学を専攻していました。一見、技術系とは異なる学歴を経て、通信機メーカーに就職しました。

始めの職種は営業だったのですが、個人的にネットワーク系の勉強を独学でやっていたこともあり、SEとして、社内で職種転換をしました。

社内SEとして主に大手法人企業の社内インフラの設計や構築を手掛けた経験後、一度、SIerに転職してから、独立をしました。

 

SE、エンジニアがフリーランスになるメリット

成功

自社製品に縛られなくて済む

フリーランスになってから、一番大きなメリットは特定のメーカーに所属しないために、そのメーカーの製品を仕様に盛り込むことに気を遣う必要がないことです。

サラリーマンSEの場合、自社の製品主体でシステム設計を優先させなければなりませんが、フリーランスのSEだと、そのような縛りがなくなります。

 

社内の根回しにかかる無駄な時間が不要になる

システム設計の段階で、本当に実用的なシステムになり得るか、検証するステップがあるのですが、サラリーマンSEだと社内のあらゆる武門への根まわしが必要で、1つのステップを踏むだけでも、多大な時間と労力を必要とします。

顧客のスケジュールを考えるととてもタイトになってくることが予想されるのですが、それでも時間をかけて議論するのです。

これがフリーランスの立場になると、フットワークが軽くなり、迅速な判断や対応ができるので、顧客の信頼が高まってきます。

 

年収が高くなるケースが多い 

フリーランスエンジニアの年収相場は、サラリーマンのSE、エンジニアに比べて高いことが多いです。

ある程度スキルのあるフリーランスSEの場合、月収が100万を超えることも珍しくありません。

フリーランスSEになって、年収がサラリーマン時代に比べて、2倍から3倍になったという話はよく聞く話です。

[ad#a]

 

SE、エンジニアがフリーランスになるデメリット

整理

仕事の幅が狭くなる

メリットの裏返しとなりますが、フリーランスになると、設計したシステムの責任が会社という仕組みの中で検討して、保証されるわけではありません。

あくまで個人レベルでの責任となるために、どうしても個人で担保できるレベルには限界が出てきます。

そうなると、ダイナミックな動きができず、仕事の幅も広がりが、あまりないものになってきます。

自費で、自分のスキルや知識を高める努力をしなければならない

システム設計を手掛けるSEは、常に専門とする技術的な知識や最新情報を持っておくことが必要です。

そのためには、フリーランスSEの場合、自己研鑽するにも自己負担で研修やセミナーの受講したり、自己学習の時間を作ることが大事になってきます。

しかし、サラリーマンSEになると、勤務している立場によっては、研修制度が充実していることや、外部のセミナーに参画しやすい面がありえるのです。

もちろん、参加費用も社内の経費で賄えることもありますので、自己負担の必要なく、多くの情報や知識を習得することができるのです。

個人での営業活動が必要

フリーランスSEとしての仕事を自らが探して、請け負えるための活動をすることが必要だということです。

サラリーマンSEだと、仕事が明確に分業化されており、新たな仕事を探して受注することは、営業の役目です。

それだけに本業であるSEにしか集中特化することができるのです。しかし、フリーランスだと新しい仕事は、自らが探していく必要があります。

昔のサラリーマン時代の上司や後任者、あるいは同期のツテを使う等、営業的な活動も必要になってきます。

フリーランスのSEだと、安定した仕事の確保が大きな課題となってくることが、大きなデメリットだと言えるでしょう。

[ad#b]

 

フリーランスSEとして成功させるために

会社という仕組みの中では、どうしても自分の動きに制約が出てくることは、多かれ少なかれあるものです。

フリーランスならば、そのような心配も無くなってきます。

しかし、個人責任が重たくなることや、新規の仕事が確保できるのかという切実な悩みも擁することになってきます。

しかし、最近は、アウトソーシングによるシステム設計等の仕事も増えてきていますので、そのような機会を活かして、活躍する場を作らなければならないと思います。

 

フリーランスとして独立することを考えているSE、エンジニアの人へ。

フリーランスとして、仕事を得るための営業活動に苦労している人も多いと聞きます。また、正社員のエンジニアが享受していたメリット(社会保険、年金、解雇されない限り仕事がもらえるという収入の安定感)をなくすリスクから、独立をためらっている人も多いようです。

年金、保険、安定性など正社員のメリットを受けつつ、フリーランスになれるMidworksのような便利な案件紹介サービスを利用することで、営業活動の負担を減らし、また正社員のメリットを継続したまま安心して独立することができます。

フリーランスになることを検討している人は、是非高単価案件を紹介してもらうことをおすすめします。

こちらの記事も参考にどうぞ

レバテックキャリアの評判、口コミ|登録するべき人の特徴とは?

転職を考えるSEにおすすめの資格5選

社内SEの志望動機。転職難易度はやはり高いのか?

上流工程のSEとして働ける企業を系列別に紹介!

客先常駐SEから、社内SEへの転職体験談

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月19日 13:47 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop