SEが辛い理由。3つのパターン別に解説!

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事では、SE(システムエンジニア)が辛いと感じる理由について、パターン別に解説していきたいと思います。

 新卒入社の新人SEが辛い理由

 自分のやりたい仕事ではなかった

新卒社員の新人SEが仕事が辛いと思う時は、主にSEという仕事に対しての理想と現実のギャップに苛まれる時です。

SEという仕事は、IT技術の進歩した現代社会にとっては必要不可欠な職種となっています。その為、SEという仕事をいつかやってみたいと目標にし、憧れのSEという仕事に就職できた時には感無量、という方も多いのではないでしょうか。

けれども、SEには色々な業種があります。インターネット上のサーバーの管理や保守、運営を行ったり、プログラムの開発や販売、バグの修正や保守などです。SEと一口に言っても畑は沢山あるのです。

その為、当初自分がやりたかった仕事と違う仕事が割り当てられて、仕事にやりがいを感じなくなってしまう新卒社員も多いです。例えば、「SEになって誰かの役に立つプログラムを作りたい」と思っていたのに、実際に就職したらサーバーの保守や点検のみしかやらせてもらえなかった、などです。

 

慣れない夜勤、激務などのSE独特の環境に苦しむ

次に、新卒社員がSEが辛いと感じる時は、業務の辛さです。

インターネット上に休みというものは存在しません。サーバーもプログラムも24時間稼働し続けるものです。それを見守るのもSEの仕事ですので、時には夜勤などもある部署もあります。

納期もあるため、激務が続くことも珍しくありません。

特に新卒社員のSEの場合は、一般企業に就職した同級生が、日勤ばかりの姿を見て自分と比較すると同級生の働き方の方が楽そうに感じ、自分ばかりが辛い思いをしていると思ってしまう事も珍しくありません。

[ad#a]

 

文系出身のSEが辛い理由

理系との待遇面の差を感じる

文系出身のSEが辛いと考える理由は、理系出身のSEに比べて、収入面や待遇面で劣っている事です。

理系出身のSEの場合、大学在学時から多数の企業に、SEとしてのインターンシップを受けられたりと優遇されている点があります。理系出身ならば、研修の際に手当が支給されたり、基本給でも優遇されている事も多いです。

けれども、文系の場合は大学でSEとしてのインターンシップを実施している企業はほぼ皆無です。給与面でも、理系と比べたら入社時期も全く一緒なのに、自分の方が低かった、という事も決して珍しい事ではありません。

 

大学時代に勉強したことが生かすことができない

次に文系出身のSEが辛いと思う時は、大学での勉強があまり生かせないという事です。工学部などの理系出身者の場合には、仕事の内容も大学で学んだ事を生かせる事が多い為、すぐに仕事を覚えたり、応用する事ができます。けれども、文系出身の場合にはそういったことはほとんどありません。

[ad#b]

 

女性SEが辛い理由

男女関係なくハードワークをしなければいけない時期がどうしても発生する

女性SEが辛いと思う理由は、業務がハードすぎる故に女性らしさを忘れてしまった時です。例えば、顧客から短納期でプログラムの作成を依頼された時は、チーム一丸となってそれを達成しなければいけません。連日終電帰りや、会社に泊まり込みという事も珍しくありません。

SEという職務には男性女性は関係ありません。女性でも、お風呂に入れない事がある日があります。休日は疲れて寝るだけで、美容やファッションにも気を遣わなくなってしまう人も多いです。

ある日、女性らしい事をあまりできていない自分に気が付き、SEという仕事を選んだことに対して疑問を持つ女性も多くいます。

 

結婚、妊娠をきっかけに、キャリア形成が遅れる

次に、女性がSEの仕事を辛いと思う時は、妊娠・出産後はキャリアを積むことができなくなる事です。妊娠・出産まではバリバリSEとして男性と同じように活躍していた女性でも、子供ができることで以前と同じように働く事ができなくなります。

SEはその職業柄、育休は認められても、育休後は時短勤務が認められない企業もまだまだ多いです。その為、育休後そのまま退職してしまったり、キャリアを諦める女性も多いです。その時、SEという仕事において男性と女性の違いを思い知らされ、辛いと感じる女性も多いです。

 

SEが辛いと感じるときは、社内SEや元請け、異業種へと転職を考えるのもあり

SEは、常に勉強することが求められ、また労働時間も長くなる傾向が高いため、紹介したパターンに当てはまっていない人であっても、辛いと感じる人は非常に多い職業になります。

また同じSEであっても、下請けになればなるほど、基本的に給料が安くなり、労働環境も過酷である場合が多いです。

社内SEに転職したり、元請けのSIerに転職することで、待遇が改善され、辛い状況が改善されたという人も多くいますので、そういった企業への転職を考えてみるのも良いかもしれません。

こちらの記事も参考にどうぞ

SEから異業種への転職体験談【30代女性】

SEは激務なのか?大手SIerに勤務した体験談

SEがうつ病になりやすい原因と、おすすめの転職先

上流工程のSEとして働ける企業を系列別に紹介!

SEはブラックなのか?残業、離職率の実態について

なぜSEを辞めたい人が多いのか?2人の体験談から考察してみた

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
10月21日 09:15 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop