マーケッティング

SEからITコンサルタントへの転職成功のポイント、違いとは?

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事では、SEとITコンサルタントの違いを紹介した後、SEからITコンサルタントに転職するためのポイントについて、記載していきたいと思います。SEからITコンサルへの転職を考えている人は、是非参考にしていただければと思います。

 

SEとITコンサルの違い

整理

企業の問題を支援する箇所が違う

SEは、システム開発の技術を提供することが目的の仕事です。建築で言えば職人です。企業の問題をシステム構築という面から支援します。どの製品を使用したら良いか、どういったプログラムやアプリケーションを使用したら良いかを考え、企業の問題解決を支援します。

ITコンサルは建築でいえば施工管理です。企業の問題を情報技術という面から支援します。企業の問題を整理し議論やシステム設計、人員配置、プロセスなどを決めるプロジェクトマネジメントをします。

企業の問題を具体的にし、解決に向けた全体の流れを作ることが重要な仕事です。

 

仕事の成功と終了の認識が違う

SEは、自分に与えられた技術面での問題が解決できればミッションは成功し終了となります。建築でも、土台を作る職人と電気配線をする職人は違いますよね。土台を作る職人は土台が出来たらお仕事が終了するわけです。SEも自分の専門分野の問題が解決したら次のプロジェクトに移ります。

ITコンサルは、クライアント企業から依頼された問題全てが解決しなければ、ミッションは成功しませんし、終了もしません。もっと言えば全て解決するのは当たり前であり、ITコンサルの真価が問われるのはその先の付加価値の面と言っても過言ではありません。

クライアント企業が泣いて感謝するような付加価値をつけられるかも大きな成功への鍵となっています。

 

調整をする箇所が違う

SEは技術の範囲の問題を調整し解決して行きます。システム構築の調整はもちろんのこと、細かいプログラムの調整などを行います。これはITコンサルより下流と言われる仕事ですが、そうではありません。

プロジェクトの末端までしっかりと仕事が出来ていなければ問題は解決しないのです。自分の技術に自信を持ち末端の調整作業まで手を抜かず行います。

ITコンサルは、クライアント企業のニーズとSEの関係を調整します。お互いに人間ですから、誠心誠意尽くしたとしても希望が叶えられないことも出てきます。

クライアント企業もITのプロではないので無理難題を押し付けて来ることもあります。そんな時にITコンサルが、両者がWin-Winの関係になれるように様々な角度から問題解決の調整を探ります。

[ad#a]

 

SEからITコンサルへ転職を成功させるためのポイント

成功

幅広い分野の技術の知識をつける

WEB系、プレステやスマホなどのゲーム系、家電などの組み込み制御系、エクセルやワードなどのパッケージソフト系、ウィンドウズなどのサーバー系、銀行の金融システムなど企業の基幹システム系など、幅広い基礎知識、基礎技術とプログラム言語の理解をつけておくと、どんな問題にも自信を持って取り組めます。

 

工程管理能力をつける

ITコンサルタントは、SEのような上流過程よりも上の全工程を管理する仕事ですから、もちろん工程管理能力は必須です。全体の進行はもちろんのこと、細かな問題も認識して、納期に間に合うように今後の予測を立てて工程を微調整して行かなければなりません。

クライアントである企業を満足させるために様々な想像力や問題解決能力が必要となります。

 

コミュニケーション能力を身につける

ITコンサルは現場の仕事ではなく主に人を管理する仕事です。クライアント企業とのコミュニケーション、SEやプログラマとのコミュニケーションを常にしていないと、プロジェクト全体がどのように動いているか把握できません。

そのため、コミュニケーション能力は必須となってきます。

[ad#b]

 

企業の求めている事を明確にする能力を身につける

クライアント企業がなぜ仕事を依頼してくるかと言うと、自分たちで解決できないからです。自分たちで解決できないから依頼をするということを理解してください。

企業自身もどのような問題が起きているか把握出来ていないので、企業の思っている問題と実際の問題は違うかもしれません。様々な可能性を踏まえて話をしないと問題が明確にならないのです。問題解決に向けての正確な情報を引き出すというのも重要な能力です。

 

論理的思考能力を身につける

どんな仕事でもそうですが、感情的になっては上手く行くものも行かなくなってしまいます。特にITの経営管理に近いITコンサルの仕事では冷静な論理的思考能力が必須となります。

ロジカルシンキング&ゼロベース思考、仮説思考等の思考方法を経営の本を読んだり勉強会に行き身につけましょう。

 

SEからITコンサルへの転職を目指す人へ

ITコンサルは、求められるスキル要件が高く、年収も高い職業であるため、採用のハードルが高くなっています。そのため、SEの転職に強いエージェントを活用し、自分のアピールポイントや、志望動機を完璧にするなど、「採用されるための戦略」が必要になってきます。

事前準備をどれだけできたかが、内定ゲットのためのカギであるため、うまくエージェントを活用して、準備をすることをおすすめします。

こちらの記事も参考にどうぞ

SE(システムエンジニア)に人気のある転職先とは?

上流工程のSEとして働ける企業を系列別に紹介!

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
10月21日 08:13 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop