SEから異業種への転職体験談【30代女性】

0 コメント
twitter
はてな
facebook

30代でSEから異業種へ転職した理由

10年間同じ仕事をしていて、マンネリ化

30代でSEから異業種へ転職した理由としては、10年以上ほぼ同じ業務内容で飽きてしまったというのが一番です。

大手メーカーの業務用ソフトウェアの設計部門で主に保守作業を担当していたのですが、作業内容としてはそのソフトウェアを使用しているSEからの問合せ対応や、障害発生時の対応でした。

確かに原因が判明して問題解決できた場合などにやりがいはありました。

しかし、多くはマニュアルを見れば分かるレベルだったり、障害の事象が不明確で状況を把握するのに時間を要したり等、初歩的な対応が多く、またSEからのビジネスメールの内容のレベルの低さに辟易したものです。

また社内での人事も自分も含めほとんど変化もありませんでした。自分が女性で子育てもしていたため、あまり残業ができなかったことも要因のひとつかと思いますが、昇進することもありませんでした。

また、年2回の業務面談も形ばかりで「よし、がんばろう」と思えるものでもなく、上長からも意欲が見えず、とにかくマンネリ化していました。

それでも毎年1名はチームに新人が入ってきたりしていて、そろそろ新旧交代かなと思いもあったので、自分が退くことを考えました。

 

転職活動を開始

キャリアアップのため、資格を取得

ネットでもいろいろ情報収集はしました。自分の状況は俗にいう「塩漬け」という状況でした。今の仕事は目をつぶってでもできるが、新しいことはほとんど経験出来ない状態です。

なので自分のスキルアップは自分でするしかありませんでした。

資格も取得しました。資格取得を奨励する制度はあったので、経験はゼロでしたがプロジェクトマネージャ資格も取りました。

祝い金は規定通り会社からもらいましたが、だから昇格とかもっと違う仕事も、というようなオファーは一切なく、上長からもスルーされていました。

そういう状況もあって、転職を真剣に考えるようになりました。

 

転職エージェントと面談

転職にあたっては、まずネットでいくつかの転職エージェントに登録し、スカウト機能なども有効にしました。

しかし、IT業界にいささか疲れていたのもあり、またOSに近い部分の調査もしていて、いくら時間をかけても自分には理解できない域があることも肌で感じていたので、IT業界ではなく、全くの異業種への転職を考えていました。

当時は仕事への熱意が低下していたので、子どもを通じた地域のボランティア活動をやや熱心に行っており、そこで人間関係を通した活動が楽しいと感じていました。

そのため、こういう人と接することを仕事にしたいと漠然と考えており、広い意味でサービス業を視野に入れて活動しておりました。

そのため、30代後半で未経験でも採用可である企業をメインに探していました。また最初に登録していた転職エージェントの面談でそういう希望も伝えたりしていました。

厳しい現実に直面

しかし、そもそも本当に30代後半未経験で採用してくれるところなどあるのか、というのが分からなかったし、実際にネットから応募してみても、書類ではじかれることが多かったです。

そのたびにとても落ち込み、やはりここで定年までクサクサしながら過ごすしかないのかと暗い気持ちでいることが多かったです。

転職エージェントの担当者が男性だったこともあるのかもしれませんが、「女性で正社員で子育てもしながら働けていて、これだけの年収をもらっているのに転職したい理由が分からない。」ということを言われました。

女性蔑視とまでは言いませんが、子育てしながら正社員で採用されているだけでも儲け物じゃないかという空気を感じました。さらに子育てしながら転職までするのはやはり無謀、という空気も感じました。

持っているスキルとか意欲とかそういうもの以前に「女性、子持ち、既に正社員」というのが条件としてフタをしてしまっている感じがしました。世間的にはそれが常識なのかと感じ、暗い気持ちになったものでした。

子育てしながら働く女性は、仕事内容にやりがいを求めるのは行き過ぎなのだろうか、いやそんなことはないだろう、と自分では考えていました。

しかし、その考えを始めに利用していた転職エージェントの面談担当の方には全く理解していただけなかったので、そのエージェントは使わないことに決めました。

暗澹たる気持ちにもなりましたが、でも経験としては行ってみて良かったと今では思います。自分で考えていることと、世間の常識の違いをはっきり実感できたことは貴重な体験だったと考えております。

[ad#a]

 

書類選考にたくさん落ちる

その後の自分のたどった道ですが、いくつかのサービス業は書類で落とされ面接まで行けませんでした。

とりあえず話だけでもとスカウトしてくれたIT業に面接に行ったりしましたが、やはりちょっと希望とは違うかなということでなかなか転職は進まず、3年くらい情緒的に浮き沈みしながら転職活動を続け、仕事も続けていました。

 

大手小売業に転職

 そのとき現在の会社(大手小売業)が中途未経験の積極採用を打ち出した情報を登録していた別の転職エージェントからキャッチし、急ぎ応募し面接へこぎつけました。

もともと興味があった会社でしたが、もともと若手を積極採用していたので自分は対象外だったのですが、そのときはチャンスでした。

ただ本当に自分は対象なのか分からなかったので、面接のときはその点も確認しました。面接ではお互い納得いくまで話もできて、採用に至り、今もその会社で仕事をしています。

転職してからの変化

ただやはり中途未経験なので全て初めての仕事で、特に最初の1ヶ月はとても厳しかったです。

またデスクワークから一日中ほど立ち仕事なので体力的にも厳しく、しかし逆によく体を動かすためとても健康的な生活になりました。

実際いつまで続けられるか試行錯誤の日々ですが、いろいろ勉強して経験も増えているので、自分的には転職は成功だったと感じています。もちろん収入は激減しています。

前職の半分ほどです。しかしここは共働きの良いところで、片方の収入は安定しているので、生活にはほとんど影響がありません。仕事場も家に近くなり、そこも満足している点です。

 

総合して自分の経験から言えることは、30代後半での転職は焦らず、長い期間かけてじっくり取り組む姿勢のほうがよいと思います。

その期間中に自分のように希望する会社が今までと違うアクションを起こすかもしれないからです。

そのときにすぐ行動を起こせるよう準備はしておく必要があります。また自分の価値を知る、自分を振り返る良い経験になったと考えております。

[ad#b]

 

親和性のない異業種への転職には注意が必要

SEから全く親和性のない業種に転職すると、間違いなく給料は下がってしまいます。これまでのキャリアを1度リセットして、未経験で1からスタートすることになるからです。

そのため、ある労働条件の改善が狙える社内SEや、WEB業界に転職することが、給料を下げずにSEから転職する現実的な方法であると思います。

私の場合は、給料以外の要素を重視していたため、給料が下がってもある程度は満足のいく転職ができました。

しかし、給料が大きく下がっても構わないという人以外は、全くの異業種への転職はおすすめできないため、注意していただければと思います。

 

転職エージェントを利用して有利に選考を進めよう。

転職エージェント経由で応募すると、面接で聞かれる内容を前もって教えてもらうことができます。

 

こちらの記事も参考にどうぞ

SE(システムエンジニア)に人気のある転職先とは?

SEから公務員への転職体験談。やはり年収は下がる?

40代SEの転職体験談。年齢はハンデになるのか?

客先常駐SEから、社内SEへの転職体験談

【体験談】ドワンゴのエンジニア職の選考内容をまとめてみた

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月19日 13:47 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop