第二新卒だからこそ!採用されるための具体的な行動と心得

0 コメント
twitter
はてな
facebook

就職活動を経験し無事に就職した後にも、時には転職を決意する場合もあります。通常は3年以上新卒の時に入った企業で経験を積み、その経験を活用する形で転職します。

しかし、昨今はブラック企業などが多くなったことで新卒として入社した企業に3年務めることは難しいパターンもあります。

こうした事情があり、3年以内に現職を辞めて転職活動に取り組んでいる応募者は一般的に第2新卒と呼ばれます。

新卒とも違いますが、転職者とも違う微妙な立場にあることが大きな特徴です。今回は、こうした第2新卒の応募者に必要な次の点についてまとめました。

第2新卒の応募者が厳しい具体的な理由とは

では、まず初めに第2新卒とはどのような立場であるのかを確認しておきましょう。

前述の通り、第2新卒とは新卒として入社した企業を3年以内に辞めて転職活動に取り組んでいる応募者を表します。

採用担当者からの好意的な印象は、新卒のフレッシュさも持っており社会に出た経験もあるため、初期投資にお金がかからずある程度使い勝手のいい人材というものです。初期投資とはビジネスマナーなどを学ぶために必要な費用を表します。

逆に否定的な印象は、短期間で前の会社を辞めているためにまた採用してもすぐ辞めてしまうのではないか、という疑いの目を持たれてしまうことです。

こうしたことから、中途半端な立場に立っている応募者と言えます。そのため、新卒の枠組み内で就職活動する場合でも、転職希望者として活動する場合にも厳しい展開を迫られてしまうパターンが多いのです。

第2新卒の応募者が転職活動をして職業を得ることは極めて厳しいのが実情です。それには、上記以外にも採用担当者から見ると、応募者にとって不利な理由が多くあるためです。

  • 社会人経験が足りない
  • 辞めた理由を確実に問われる
  • キャリア形成に疑問を抱かれる
  • 第2新卒そのものが中途半端
  • 選択肢があまりない
  • アピールが難しい
  • 孤独である
  • 面接に参加することが難しい
  • 書類審査が通らない

それでは、各項目について確認していきましょう。

社会人経験が足りない

初めに紹介する不利な点は、社会人経験が足りない、という点です。採用担当者から見れば、社会に出たといっても長くても2年程度のものですから短いと言えば短くなります。

また、第2新卒として活動する場合には2年あればまだいいほうで、極端な話ブラック企業などの場合だと数週間から数カ月程度しか働いていないという場合も多々あります。

こうした経験は採用の過程では、ほとんと評価されないことが一般的です。

経験がない応募者をじっくり育てる場合には新卒の学生のほうがはるかに適しています。また、人員が欠けてしまった専門職などの穴埋め要員としては経験があり即戦力となる得転職者のほうが適しています。

こうした社会人経験の不足は、採用担当者が採用を躊躇する大きな理由の1つです。

辞めた理由を確実に問われる

次に紹介する不利な点は、辞めた理由を確実に問われる、という点です。どの段階で尋ねられるかは企業により差がありますが、選考のどこかのタイミングで問われることは確かです。

多くの場合、第2新卒の応募者は転職者として活動することになります。よって転職の志望動機や自己PR欄に、自然な流れで退職した理由とそれを補完する内容を記載する必要があるのです。

その上で、面接に呼ばれた時になぜ前職を辞めたのかを問われると考えましょう。

応募者が前の企業を辞めた理由は本当にさまざまです。ブラック企業で働いており、慢性的な長時間労働で体を壊しそうになった、各種ハラスメント、そして何となく自分の感じていた会社ではなかった、というような理由までさまざまです。

応募者全員が悪く見られるわけではありませんが、採用担当者からは前者は企業を見抜く目が無かったんだな、と判断され後者はまたすぐに辞めるだろうな、と判断されがちです。

基本的に、採用担当者の印象はネガティブな状態から始まっていると意識することが大切です。

キャリア形成に疑問を抱かれる

次に紹介する不利な点は、キャリア形成に疑問を抱かれる、という点です。これは、特に前職の業種から異業種の企業に応募した際に尋ねられることが多いです。

しかし前職と同じ業種であっても尋ねられることはあります。業種が同じならば、なぜまた同じ業界に応募したのですか、といった形で問われ業種が異なる場合は、なぜこの業界の当社に応募したのですが、といった形で問われます。

いずれの場合にしても、まだまだ健在である終身雇用制度が前提になっている日本の企業の場合は、新卒で入りそのままある程度の年数キャリアを積んでから転職をするなら転職をする、という認識あることがほとんどです。

そのため、第2新卒として応募している応募者はこの道から外れていることになります。どのような理由で道から外れて応募しようと考えているのかを、きちんと説明できるかどうかを採用担当者は試していると言えます。

ブラック企業や各種ハラスメントといったやむを得ない理由で離職した場合でも、きちんとそれらの理由を含めて説明できるようにしておくことが大切です。

第2新卒そのものが中途半端

次に紹介する不利な点は、第2新卒そのものが中途半端、という点です。立場が新卒でもなく、転職者でもないという点が極めて不利な点になるのです。

通常企業は、働いてほしい人募集する際にコンセプトを決めて募集しています。新しく育てたいのか、ある程度の経験を積んだ人が欲しいのか、専門的な技能や資格を持った人が欲しいといった具合に大きく分けられます。

この点で考えると、新しく育てたい場合には新卒の応募者が一番理にかなっていますし、専門的な能力を求めるなら転職者を採用することが一番合理的な判断になります。

採用担当者も、当然ではありますが遊びで採用活動をしているわけではありません。企業にとって利益をもたらすであろう人を採用したいという考え方は、新卒であれ中途採用であれ一緒です。

何より採用担当者も一定の責任を負っていることを理解しましょう。微妙な立場の応募者を採用した場合には、その人が活躍してくれればそれでいいのですが何か問題を起こした場合に、最初に責任を問われるのは採用担当者になります。

このため、採用には新卒であっても慎重になります。十分に問題がないと判断した応募者のみ面接に進んでもらい、そこから優秀だと思われる応募者を選考するのです。

第2新卒は立場が中途半端であるという点があるために、初めから優秀な人材がいるとは採用担当者は思っていません。そのために、採用の基準が極めて高くなってしまうために結果として内定を得ることが難しくなっているのです。

選択肢があまりない

次に紹介する不利な点は、選択肢があまりない、という点です。応募先そのものが新卒の場合と比べて圧倒的に少ないのです。

このため、数少ない募集を出しているところに多くの応募者が殺到することになります。そして主に転職の際には、応募する段階でも何らかの資格を備えていることを応募条件にするなど、一定の足切りラインを設定していることもあります。

そもそも第2新卒専用の枠は無いことも多くあります。そして足切りラインも設定してあることもあります。こういった厳しい条件がほぼ全て揃ってしまうために、新卒の時に比べて圧倒的に内定を得ることが難しくなってしまうのです。

アピールが難しい

次に紹介する不利な点は、アピールが難しい、という点です。これは、書類や面接全ての段階においてアピールすることが難しいという意味になります。

新卒の応募者も同じではありますが、自己PRは必ず問われる頻出の質問です。これは、エントリーシートに文字として記載を求められる場合もありますし、主に2次面接以降の個人面接で詳細に尋ねられる質問でも有ります。

新卒の応募者の場合には、この部分は一言で言えばポテンシャルを感じさせる回答をすることがベストな回答です。しかし、第2新卒の応募者の場合にはどうでしょうか。

多くの場合転職として面接に臨んでいるので、自分が前職でやり解けたことや達成したことは何かを記載する必要があるのです。しかし、通常数カ月程度から2年程度で前職を退職した応募者に、誇れる実績があることはあまりありません。

そのため、基本的にアピールをするときの題材になる強みが基本的にないのです。

このために、第2新卒の応募者が自己PRを作成する時に相当に苦労するのです。転職者としては致命的な点であるために、基本的には新卒の時と同じポテンシャル方面で磨きをかけて、採用担当者に訴えかけていくことが基本です。

孤独である

次に紹介する不利な点は、孤独である、という点です。これは、主に第2新卒の応募者として転職活動をする時に孤独であるという意味になります。

転職活動は、新卒の応募者が行う就職活動と違って取り組む時期が全員違います。その期間ですら人によってさまざまなので、共通の悩みなどを話し合う仲間がいないことが大変苦しいポイントになります。

この点は、とにかく色々な人を巻き込んで転職活動を行うことによって改善されます。転職エージェントなどのサービスを利用して実際に人と話をする感覚を衰えさせないようにすることが大切です。

面接に参加することが難しい

次に紹介する不利な点は、面接に参加することが難しい、という点です。これは全ての第2新卒の応募者に当てはまるわけではありませんが、現職で働きながら辞めたいと感じて、転職活動を開始する場合に当てはまります。

面接までたどり着くことも難しいのですが、場合によってはそれ以上に難しいものがあります。それはスケジュール管理です。

働きながら転職を考えて転職活動に取り組む場合には、面接や説明会に参加するために平日に有給などの形で休みを取って参加することになります。しかし、中にはそういうことができない場合も少なくありません。

さらには、不自然にそうした休みを取ることによって現職での扱いがより悪化する可能性もあります。

このようなことがあるために、第2新卒の場合には現職を辞めてから転職活動に取り組む事が多いようです。しかし、働きながら行う場合にはこうした点に注意して取り組む事が必要です。

書類審査が通らない

次に紹介する不利な点は、書類審査が通らない、という点です。新卒の時に比べて、圧倒的に書類選考で落とされる可能性が高くなります。その理由はなぜでしょうか。

それは採用する時の基準の違いにあります。

新卒の学生は基本的にポテンシャル採用です。書類選考と筆記試験、性格試験で主にこれらを判定します。

しかし新卒の場合はあくまで学生であり、ビジネススキルは何も持っていないことを前提としています。そのため、基本的な書類の書き方のルールや字を綺麗に書く、といったことを守っていれば落とされにくいのです。

一方第2新卒は基本的に転職になります。つまり、基本的なビジネスマナーなどは当然持っているとみなされ、その上で自分が備えている能力を書面でアピールする必要があります。

ポテンシャルも必要ですが、ポテンシャルより能力が必要とされていると考えるようにしましょう。そのため、能力がない応募者は容赦なく落とされてしまうのです。

結果的にエントリーシートですら通過率が2割から3割ほどまでに落ち込む事になります。新卒の時には、書類ではほとんど落ちたことがないというようなレベルの人でも一気に落ちることが少なくありません。

それだけ、新卒の扱いは転職に比べれば採用基準が低く設定されているのです。この点を忘れないようにすることが大切です。

具体的な第二新卒が採用されるための就職方法

第2新卒の応募者には、企業ごとに公にされることはあまりませんが具体的に不利な点は数多くあります。

こうした点を踏まえた上で、どのように取り組めば内定を得ることができるのでしょうか。

内定を得るためには、まず応募先を選定することが始まります。しかし、新卒の時と同じように取り組んでいては、思うような結果が出ないことも確かです。

そこで、第2新卒の応募者が就職する際によく登録する方法やサイトについて御紹介します。以下のような方法やサイトに登録することが一般的です。

  • ハローワークに登録する
  • 各種転職サイトに登録する
  • 転職エージェントを利用する

主にこの3つの方法に分類されます。それでは、それぞれのサービスを利用することのポイントについて紹介します。

ハローワークに登録する

ハローワークは公共職業安定所とも呼ばれ、かつては日本の就職活動の根幹を担っていました。現在でも特に転職者向けの求人に対してはかなり手広く活動を行っています。

都会の場合はそれほど気に留めることも無いのですが、地方の場合には一般的な転職サイトよりも登録件数が多い場合もあります。これは各地域に密着した求人を掲載しているために、より詳細に登録されていることが多いためです。

転職に関する情報以外にも、職業訓練などに対する情報も扱っています。窓口において求職者に対する相談なども受け付けているために、こうしたサービスを受けて自分のエントリーシートや自己分析、自己PRといった部分を磨くことができます。

各種転職サイトに登録する

次に紹介する内容は、各種転職サイトに登録することです。代表的な物ですとリクナビNEXTなどがあげられます。

特に都会に居住している第2新卒の応募者にとっては強い味方です。件数が極めて多く出されているために、それだけ自分が受けてみたいと思う企業も多く見つかるからです。

実際にこの段階で見つけた企業に書類を提出したとしても、通過する確率は2割ほどです。また、こうした書類を作成することに費やせる時間な人によって大きく差があります。

そのため、少しでも自分が気に入ったところには忘れずに応募して内定のチャンスを逃さないようにすることが大切です。

また、このようなサイトに登録した時には自分に関する情報を充実させておくことが求められます。自己分析や業界研究などをサイト上で行えるシステムもあるので、こうした点はきちんとやっておくと良い求人を見つけやすくなります。

サイト側で自動的に判断されるとはいえ、その基礎となっている部分は各種サイトが時間をかけて収集した情報が基になっているために、大いに参考になることが多いです。自分自身を見つめ直す意味でも、積極的に挑戦するようにしましょう。

転職エージェントを利用する

次に紹介する内容は、転職エージェントを利用する、ということです。このサービスは新卒の学生は取り組まないために、転職で初めて経験する内容になります。

これは転職エージェントと呼ばれる人が、応募者の話や登録内容、情報から応募者に足りない要素を抽出して磨きをかけたり、適性があると思われる職業を応募者に紹介するといったサービスが基本になります。

大きな特徴として、電話やスカイプなどによる個人面談を利用できることがあります。つまり、実際に話をしてどのような方針で転職活動に臨むのか、自分に足りないところはどこなのかといった細かい部分を指摘して修正をしてもらえるのです。

このため、第2新卒として転職する場合にはこうしたアドバイスを受けることが不可欠になりますので、いずれかの転職エージェントのサービスを利用して自分に磨きをかけることが、内定を得るための近道になるでしょう。

第二新卒特有の転職活動の流れとは

さて、このようなサイトに登録が終わったら、いよいよ実際に採用されるために活動をはじめる必要があります。

新卒と転職者の両方の特徴を持つ第2新卒ですが、基本的には転職活動に準じる形になります。新卒として活動する方法もありますが、基本的には年度外のため既卒生扱いになるので、そもそも選考の対象ではない場合が多いからです。

転職を希望する人は、一般的に下記の流れをおよそ3カ月から半年程度で行うことになります。

  • 転職準備を行う
  • 必要書類を準備する
  • 転職サイトに登録し求人に応募する
  • 筆記試験や面接試験を受験する
  • 内定をもらい、現在在職している企業を退職する。

転職準備とは、第2新卒として応募するにあたって自分の自己分析や自己PRを見直してより精度の高い物にする作業です。約1週間程度を費やしますが、随時変更を加えていく形になります。

必要書類の準備は、いざ内定が出た時に退職するための年金関係の書類や給与に関係する書類などの準備になります。基本的には期日までに準備しておけば大丈夫なので、それほど心配する必要はありません。

転職サイトは、既に前項で説明したとおりです。中身を充実させることが大切になります。

そして、特に注意が必要な点は実際に書類審査や筆記試験、面接試験を受験する段階になります。突破できる可能性はおよそ2割程度と呼ばれる各種書類審査に合格し、さらに面接試験を突破しなくてはなりません。

この後に、内定をもらうことができたら各種退職の手続きをして円満に退職して次の職場に向かうことになります。

では、特に注意が必要な書類選考と面接試験をどのように対応すればよいかを確認していきましょう。

書類審査を突破するためには

面接までたどり着くためにはまず初めに書類選考を突破する必要があります。通過する可能性は、どれほど良い内容を記載しても1割から2割程度と言われています。その理由は、上述の通り採用の絶対数そのものが圧倒的に少ないからです。

主に採用担当者が確認する部分は志望動機と自己PRの部分です。この部分は、新卒の学生とほぼ変わらないことになりますが、記載する内容は大きく異なります。

志望動機は、新卒の学生の場合は熱意をはじめとするポテンシャルを感じさせる内容を基本として記載することが必須でした。しかし、第2新卒としての転職となるとこれにさらに加えなければならないことがあります。

それは、前職でどのような仕事をして何を成し遂げたかという点です。成果の部分に該当する内容も必須になるのです。

転職の場合は、基本的にどのような能力を備えているかによって成功するかどうかがきまります。採用担当者が欲しがっている能力を備えていない応募者は、この時点ではじかれてしまうのです。

この点第2新卒の学生には、一般の転職希望者に比べて特筆すべき能力を備えていない場合が少なくありません。そのために志望動機を書くことが困難になるのです。

転職エージェントなどを活用して、第2新卒の応募者がアピールできる部分を探して記載することが必要です。

自己PR

志望動機と並んで、必ず確認される内容が自己PRです。形式は企業によって多少異なる場合がありますが、基本的には自分がどのような仕事をしてどのような能力を持っているかを記載する必要があります。

これも新卒の場合には、自分の学生時代の経験などから性格面や粘り強さをアピールすることによって概ね高い評価を得ることができました。しかし、転職の場合にはこれに加えて、前職での経験から学んだポイントを加えることです。

第2新卒の応募者の特徴は、短期間とはいえ社会に出ていることです。つまりこの社会にでた経験から、何を学習してどのような強みを得たかという点を含めないと新卒の応募者の自己PRと同じになってしまいます。

こうなってしまっては、フレッシュさに勝る新卒の応募者に分があります。ただでさえ不利なポイントからの応募になるので、フレッシュさと前職からの経験を併せて記載するようにしましょう。

面接試験と突破するためには

書類選考を通過することができたら、最も難しい各種面接試験に合格する必要があります。

新卒の応募者は集団面接である1次面接、個人面接である2次面接、役員などが担当する最終面接の3段階構成の面接を受けることが多いです。

一方、第2新卒をはじめとする応募者の面接は個人面接から始まることが多いです。これは、応募者そのものをかなり絞っているために集団面接を行う必要が無いからです。

また、集団面接はビジネスマナーやエントリーシートの記載内容に対して最低限矛盾がないかどうかを確認するだけの面接なので、転職の場合はこうした点は書類選考の部分ですべて済ませてしまうためです。

では、個人面接から始まる転職の面接はどのような点に気をつければいいのでしょうか。

簡単に言えば、いきなり極めて詳細から尋ねられ矛盾があると一発でアウトというシビアな面接であるということです。

特に必ず尋ねられる質問として、前職の退職理由があげられます。この退職理由によって応募者がどのような人物なのかを見定めていると言えます。

それ以外の質問に関しても、新卒の応募者より深く詳細に尋ねられることが一般的です。そのため、自分が作成した回答に対して3回から5回程度の突っ込みを自分で入れてどのような質問が来るかどうかを予測することが大切です。

最後は熱意が内定を引き寄せます

このようなさまざま対策をしても、内定を得ることは大変厳しいです。どうしても、最後の最後で第2新卒の立場であることが邪魔をして、落とされてしまうことも少なくありません。

書類選考や面接などにおけるさまざまなテクニック面を駆使することも大切ですが、一番最後に合否を分けるのはこうしたテクニックや能力面ではなく、やる気や熱意と言った勢いの部分です。

どれだけ能力的に優秀であったとしても、やる気が感じられない応募者を採用する企業はいません。反対に、多少能力に難があったとしても、やる気が感じられればその部分でカバーできることもあります。

やる気がある人材は学習が早く、その分企業にとっては利益を生み出してもらう人材である可能性が高くなります。このために最後はやる気で判断する企業が多いのです。

多くのポイントに気をつけて進めていかなければならない第2新卒の転職活動ではありますが、最後は勢いで採用担当者を納得させるくらいの気持ちで臨んでいきましょう。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
7月17日 07:14 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop