第二新卒の転職は時期が重要。明暗を分けるベストタイミングとは

0 コメント
twitter
はてな
facebook

3年間は新卒で入社した会社に在籍すべきだという、石の上にも3年ということを言われたことのあることのある方は多いのではないのでしょうか。

その一方、今転職市場においては空前の第二新卒採用が活況となっています。ではなぜこのような状況になっているのでしょうか。

第二新卒の転職が活性化している理由、そしてどの時期であれば第二新卒の方が転職を成功させやすくなるのかについてご紹介をさせていただきます。

第二新卒をなぜ企業は採用する?第二新卒の募集背景

まず、石の上にも3年という考え方が定着している日本において、なぜ第二新卒の採用が活況になっているのでしょうか。要因は主に3点あります。

  • 人手不足のため
  • 教育コストがかからないため
  • 新卒採用枠を充足させたいため

では以下で詳細に説明をさせていただきます。

人手不足のため

今日本全体での有効求人倍率は1,5倍程度、東京都内においては2倍を越えているという空前の売り手市場です。

景気上昇と少子高齢化がこのような売り手市場を産み出している要因になっており、若くて働いてくれる人材と言うのは非常に各企業でニーズが高い状況となっています。

教育コストがかからないため

新卒採用の方を入社させた場合、名刺の渡し方から電話の取り方、取り次ぎ方、はたまたモチベーション維持の方法に至るまで1から教えていくことが必要になります。

大企業の場合だと、上記のようなことを教え込むプログラムが備わっていますが、ベンチャー企業、中小企業においてはそこまで手厚いプログラムが整っていない会社も少なくありません。

そこで、教育にかかるコスト・工数を減らしつつ、若い人員を確保するために、第二新卒層の採用を積極的に行っている会社と言うのも数多く存在しています。

新卒採用枠を充足させたいため

各企業においては、採用計画というものがあり、新卒採用を行う際には何人採用するという目標を立てた上で採用活動を行います。

実際に日経新聞では新卒採用スタートの時期には大手企業を中心とした採用目標数を記載した記事をご覧になった方も多いのではないかと思います。

しかし、企業が採用活動を活発化させている状況に加え、少子化が進んでいる現状から、新卒採用枠を充足できない会社も多く発生しています。

その場合、新卒採用枠の穴埋めのため、採用のターゲットになるのは第二新卒です。第二新卒の採用を行うことで、企業の新卒採用枠の充足を図るということも現状行われています。

このようにあらゆるニーズのもと、第二新卒の採用は各企業で積極的に行われているのです。

退職して1年たっていないけど大丈夫!?企業が第二新卒を採用するメリット

入社して一年を満たしていない第二新卒の方で、転職に苦労した、また現状苦労されている方もいらっしゃると思います。確かに同じ会社で1年働いた経験がないと言うのは非常にデメリットです。

事実、大抵の会社の中途採用においては長期就労の懸念事項として書類選考の見送り理由になっているケースが多く存在しています。しかし、一方で新卒一年目の方においても転職の成功例は多数存在しているという事実があります。

なぜなら、採用する側としては懸念材料はあるものの、それ以上に人材不足が如実に現れています。

加えて、新卒一年目の方と言うのは最低限の研修をクリアしているため、上述でお伝えした名刺の渡し方など基礎教育を行わなくて済みます。

また、最初に所属した会社のカラーにも染まっていないことからも今後の教育が行いやすいという事実も有ります。

以上の点から、求人数は限られてしまうものの、確実に新卒一年目の方においても転職可能な会社は存在しているのです。

いつが一番いいの!?第二新卒者が転職活動を行うベストな時期

まず、大前提として、第二新卒の方の転職時期については、一年間総じて求人があるとお考えください。その上で、第二新卒者の採用に関し、最も求人が多い時期と少ない時期をご紹介いたします。

6月~7月

まず、社会人二年目以降の方であれば最初に押さえて頂きたいのは6~7月です。なぜかと言うと理由は3点あります。

  • 新しい採用計画が発表される
  • 賞与支給に伴う退職者が確定する
  • 新卒採用に区切りをつける会社が出てくる

6月と言うのは大抵の会社で賞与を支給されます。そして、それに伴い退職する方も増えてきます。

また、採用企業側もそのこと認識しており、企業の決算などの相まって新しい人員の募集を行います。

また、新卒採用を行っている会社においても、勝負は4~6月だと考えている会社は多く存在しています。

優秀な学生は大抵ゴールデンウィーク前後には採用が決まってしまうケースが多いため6月まで新卒中心で採用活動を行い、それ以降は中途採用と両にらみで採用活動を行う会社も多く存在しています。

11月~12月

こちらも6~7月同様の理由で採用活動が活発化する時期となります。

6~7月と異なる点としては、新卒採用枠が第二新卒枠へのシフトが加速化し、新卒一年目の方が6~7月と比べ転職しやすくなる点です。

各企業においては、年明けから新卒採用の準備を行う会社も増えてきますので、第二新卒の方で転職したい方は外せない時期と言えます。

4~5月は一番転職が難しい

逆に4~5月は各企業で新卒採用にかかりきりになるタイミングです。そのため、企業人事が機能しなくなります。

また新卒採用が始まっている状況なので新卒採用枠を埋めるために第二新卒を採用するということは通常考えられません。

中途採用自体が活発化しない、また新卒採用枠が中途採用枠にスライドしないこの時期は第二新卒層の転職においてもっとも厳しい時期であると言えます。

どの業種だと採用されやすい?第二新卒採用におけるおすすめ業界

では、次にどのような業界で第二新卒の採用が活発的に行われているのかご紹介いたします。

IT・web系

まずすべての業界でもっとも求人数が多いのがIT・web業界です。

リクルートエージェントをはじめ、マイナビエージェント、@type、ワークポートなどあらゆる転職エージェントにおいて業界別採用決定数のトップ業界はIT・web業界です。

なぜ、IT・web業界でこのように求人数が多いのかと言うと、今全てと言っていいほどIT・web系が機転となっています。

例えば、働き方改革における副業解禁において、真っ先に挙げられたサービスが、クラウドソーシングを手掛けるクラウドワークスでした。

また、メルカリやブランディアのような中古売買のアプリが人気となり、古本屋中古ゲームソフトの販売を手掛ける大手中古ショップのブックオフの売り上げが大幅に下がったのは記憶に新しいところです。

このように日々IT・web系の新しいサービスが産まれ、そのサービスを広める営業職の採用は、今活発化しており、第二新卒層も重要な採用ターゲットとなっています。

また、IT・web業界において、エンジニアの確保は喫近の問題で、中にはエンジニア未経験の第二新卒や既卒の方のためのエンジニア教育を無料で請け負い、各IT企業に紹介しているエージェントもあります。

このように、IT・web業界はサービスの拡大とそれに伴う人材ニーズの高さから第二新卒層の方にとって必ず押さえて頂きたい業界であると言えます。

人材業界

人材不足の企業が多い中、その企業の採用活動をお手伝いする人材業界全般においても第二新卒の採用は活況となっています。特に転職サイト関連の営業職においては、新規開拓営業を積極的に行うことにできる若い人材の採用をしたいと考えています。

大変な業界ではありますが、その分やりがいも非常にあります。人材業界についてもやりがいを求めている第二新卒の方にとっては考えていただきたい業界であるといえます。

メーカー・商社系

また、第二新卒を比較的採用しないと言われているメーカー・商社系においても実は第二新卒を採用している企業が増えています。特に中堅クラスの企業であれば若手人材の採用を確保したいという現状から第二新卒の採用を行っている会社も増えてきています。

また、大手においても第二新卒の採用を積極的に行っている会社もあります。

具体名を出すことはできませんが、とある食品メーカーでは、転職エージェントと提携して、履歴書・職務経歴書を一切見ないで面接会を実施し、第二新卒を複数名採用した例もあります。

まだまだメーカー系は現場が強く人事が弱い会社も多いので採用に関して保守的な会社も多いですが、確実にメーカー系でも第二新卒の採用は増えてきているのです。

この他にも、オリンピックを控えていることから建設業、不動産業などにおいても第二新卒の採用は盛んになっており、第二新卒の方にとっては非常に転職しやすい環境となっています。早めのキャリアチェンジを考えたい方にとってはこの上もない状況なのです。

安易な転職は禁物!第二新卒の転職はあなたの経歴を傷つける可能性がある

ここまで、第二新卒の方にとっては非常に転職しやすい状況が整っており、第二新卒の方にとってはこの上もない環境だとお話ししました。しかし、日本はまだまだ転職に対し厳しい見方をされます。

実際、中途採用の現場において、転職回数の多い人材というのは往々にして採用企業側が採用に対し二の足を踏みます。これだけ転職が盛んな現状においても日本企業は技術伝承を大事にするため長期就労をする人材から採用します。

また、この考え方は日本人に非常に定着しています。そのため、外資系の日本法人、特に大手企業においては本来転職に寛容な外資系企業であっても転職回数を嫌うのです。

第二新卒で転職をするということは、あなたのキャリアにおいて早期の段階で傷をつけてしまうのです。そのため、安易に転職を行うのは将来を棒に振る可能性を秘めています。

では、どのように転職をすればよいのかというと、あなたが仕事においてやりがいに感じていることと、変えたいことを明確にし、何を変えればよいのかを明確に認識してください。

とはいえ、あなたの希望をすべて叶える完ぺきな会社はありません。変える代わりに犠牲にしていいことも同時に認識しましょう。考えてもわからない場合は転職エージェントに相談しましょう。

プロの意見を聞き、最終的に判断するということも重要です。中には第二新卒や既卒の方専門の転職エージェントもありますのでそういった会社や、保有求人数の多い大手転職エージェントに相談するというのが最善と言えます。

第二新卒転職は可能!でも慎重に行うのが常道です

このように第二新卒の方でも転職は可能ですし、もっと言えば今は第二新卒の方が簡単に転職を決められるような売り手市場であるともいえます。

そして、それは入社1年未満の方においても例外ではありません。早い段階でキャリアチェンジを行うのは今しかないといっても過言ではありません。

しかし、だからと言って安易な転職は危険です。安易な転職を行うことにより、今は良いかもしれませんが最終的にあなたのキャリアをボロボロにしてしまう可能性もはらんでいます。

本当に自分は何をやりたいのか、何をやりたくないかを明確にし、自身のキャリアをどう作るかという方針を明確に立てて転職活動を行う必要があります。

昔、お笑いコンビの爆笑問題が出ていた転職サイトのCMに転職は慎重にという言葉がありました。転職を考えている人すべてに認識していただきたい言葉です。

これから転職活動をされる第二新卒の方には、転職は慎重にという言葉を胸にしながら転職活動を行うことをお勧めします。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
8月21日 11:28 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop