第二新卒が転職を失敗する原因はコレだ!よくある失敗例と対策

0 コメント
twitter
はてな
facebook

新卒の応募者として無事に就職して社会に出て勤務するようになっても、何らかの理由で転職を決意するようになることは決して珍しいことではありません。

この中でも、特に3年以内に前職を離職して転職活動に取り組む応募者のことを第二新卒と呼び、通常の転職希望者とは若干区別されます。

転職活動は新卒の就職活動よりも厳しいことが多く、まして社会に出た経験がまだまだ少ない第二新卒の応募者は、成功することが極めて難しい状況にあることが多いです。

第二新卒の応募者に見られるデメリットとは

それでは、第二新卒の応募者に見られるデメリットについて確認していきましょう。多くは、第二新卒の応募者に見られる傾向が原因となっている物です。

  • すぐに辞めるかもしれないと考えられてしまう
  • 経験や能力はないので、即戦力とはならない
  • 大手に応募することは極めて厳しい

では、各ポイントについて解説していきましょう。

すぐに辞めるかもしれないと考えられてしまう

この点は、第二新卒の応募者にとって最も不利なイメージです。多くの採用担当者からは、初めからこの考え方を前提として面接を進められてしまいます。

その理由は、第二新卒の応募者は前職を極めて短期間で離職したことは厳然たる事実だからです。その期間は、数日から2年程度と幅があるため一概には言えませんが短期間で辞めた、というイメージは極めて強いからです。

企業にとっては、採用した人にはさまざまな投資をしなければなりません。給料をはじめとして、研修や社会保険関係の費用など1人の応募者を採用するためには多種多様なコストがかかるのです。

そして、これらを最終的に回収して企業に利益を生み出せる期間は、最低でも数年程はかかるのです。

つまり、採用してもこの数年を勤務して実績を上げてもらわなければ、企業は費用対効果の点で得をすることがないのです。

この点で、第二新卒の応募者は短期間で離職する可能性が他の立場の応募者に比べて極めて高いという特徴があります。そのために、採用されにくくなっているとも言えます。

経験や能力はないので、即戦力とはならない

この点は、第二新卒の経験の少なさが原因となっています。当然と言えば当然なのですが、社会に出て数年程度の応募者が、企業にとって即戦力となる能力を備えていることは通常あまりありません。

そのため、即戦力が欲しいと考えている企業からは応募しても採用の対象にならないのです。

このような企業では、通常中途採用として20代後半から30代の転職希望者を募って採用します。初めから勝負の舞台に上がることすらできないこともあります。このような点で、第二新卒の応募者は苦しい転職活動を強いられることになります。

大手に応募することは極めて厳しい

この点は、大手の企業がどのような人材を欲しがっているかという点に集約されます。第二新卒の応募者は、前職の就職に失敗したと感じていることが多いので、不安な点が少なく待遇の良い大手の企業選考を受けたがる傾向があります。

しかし多くの場合、応募しても採用される可能性は極めて少ないことが現状です。

なぜならば、大手の企業は採用するために潤沢な資金を有しており、方針も決まっていることが多いです。新人が欲しいなら新卒を、能力が欲しいなら中途採用を採用したほうが目的を達成しやすいからです。

中途半端な第二新卒の応募者は、初めから眼中にないことがほとんどです。

応募して通過することもないわけではありませんが、その際には新卒のフレッシュさと豊富な経験をカバーできるようなポテンシャルさをアピールして、その上で周りの転職希望者よりも将来性を感じさせる必要があります。

これは極めて難しいので、現実的な話ではありません。そのために、第二新卒の応募者は選択肢が狭められている、という意味でも厳しいのです。

第二新卒が転職に失敗するさまざまな理由

それでは、上記のような特徴とメリット、デメリットを併せ持つ第二新卒の応募者がどのような理由で転職活動に失敗していくのかを確認していきましょう。

大まかに分けますと自分に対する理解が足りないか、企業に対する熱意が不足しているかのどちらかの理由に集約されます。以下のような理由があります。

  • 転職をする目的意識がない
  • 辞める理由を人や企業のせいにしてしまう
  • 前の企業での仕事内容や学んだことを説明できない
  • 新卒の時と同じ方法で転職活動に取り組んでしまう
  • 転職先を決める前に退職してしまう
  • 他人と比較してしまう
  • どの企業にも同じ書類を送っている
  • アピール内容が不十分
  • 業界や業種をイメージで判断してしまう
  • 自分の力だけで転職活動に取り組んでいる

では、各ポイントについて解説していきましょう。

転職をする目的意識がない

初めに紹介する失敗するポイントは、転職をする目的意識がないという点です。つまり、何のために転職活動に取り組み、転職をするのかという点が不明瞭であるということです。

前職を辞めること決めた背景にはかならず何らかの理由があります。自分の思っていた仕事ができなかった、職場がブラックな環境だった、などの理由が代表的な理由です。

これらを把握した上で、次回の職場を探す際に自分が大切にしたいポイントを決めていない人が失敗しやすいと言えます。

例として転職をして年収アップを狙う人と、転職をしてよりよい職場環境で働きたいと考えている人とでは、転職する際の軸が違います。

そのため、この目的の部分をはっきりさせておかないと、いざ転職活動をスタートさせた時に志望動機の部分を明瞭に記載することができず、採用担当者を納得させることができません。必然的に採用を得ることができなくなってしまいます。

対策としては、自分なりの指針をきちんと何度も熟考した上で本当に妥当であるかどうかを考え抜くことです。第二新卒として応募する場合には、ただでさえ不利な立場であるのでより一層磨く必要があります。

辞める理由を人や企業のせいにしてしまう

次に紹介する失敗するポイントは、辞める理由を人や企業のせいにしてしまうと言う点です。これは、悪いことの責任を自分ではなく人に求めてしまう性格の人にありがちな理由です。

前職を離職した理由を、書類ではともかく面接では確実に問われます。この時に、原因を前職の職場環境に求める応募者や、前職で一緒に働いていた同僚に求める応募者がいます。

こうした応募者は、採用では真っ先に落とされることが多いです。

なぜなら例え採用したとしても全く不満のない職場など存在しないので、同様の理由でまた辞めていくだろうと思われてしまうためです。

採用担当者は、自分の責任の問題にもなるのである程度長く続かないだろうという兆候が見られる応募者は、まず一番最初に選考の対象から外します。それほど、神経をつかっているとも言えるのです。

対策としては、例え本当に離職した理由が職場の雰囲気や人間関係にあったとしても、それらをストレートに伝えるのではなく上手に表現することです。これは、ブラック企業で勤務していた場合も同様です。

ただし、長時間勤務と人間関係とでは離職理由の性質が大きく異なってきます。長時間勤務の場合には、ストレートに伝えてもそれほど問題はありません。上手に伝える必要があるほうは、人間関係が問題で離職した場合です。

人間関係は、職場で他の人と協力して働く以上避けられない問題なので、そのまま伝えたのでは関係構築能力に難ありと見なされて落とされてしまいます。この辺りに注意して、書類に記載したり面接で述べることが大切です。

前の企業での仕事内容や学んだことを説明できない

次に紹介する失敗するポイントは、前の企業での仕事内容や学んだことを説明できないという点です。これは、すなわち前職での経験を上手に記載したり述べることができていない、ということを表しています。

第二新卒の立場は確かに経験が重視されることは少なく、新卒の時と同様にポテンシャル採用になることが普通です。では新卒の応募者と全く採用基準が同じか、と問われればそうではありません。

第二新卒の応募者は、最低でも数日から数年間は社会に出た経験を持っています。そして、前の企業で新人扱いとはいえ何らかの仕事を担当していたことは間違いないはずです。そこで学んだ経験や実績をアピールする必要があるのです。

対策としては、上記の内容をきちんと志望動機や自己PRに含めた上で、面接でアピールすることです。通常の転職者と比べてしまえば、実務経験としては弱いですが、全く経験がない新卒の応募者に比べればいくらか有利にはなります。

この点をきちんと把握していくことが、第二新卒の応募者として転職を成功させるポイントの1つです。

新卒の時と同じ方法で転職活動に取り組んでしまう

次に紹介する失敗するポイントは、新卒の時と同じ方法で転職活動に取り組んでしまうという点です。これは、主に転職活動の取り組み方を調べないでなんとなくはじめてしまった人によくある理由です。

新卒の時とは、立場も違いますしそもそも応募できる企業の数そのものが大きく違います。新卒の時は、最低限度の条件さえ満たしていればどこにでも応募することができます。新卒と言う立場さえあれば、選考を受けることはできます。

ところが、第二新卒として転職活動に臨む場合には、まず企業がどのような人材を欲しがっているかで応募できるかどうかが決まります。年代や職種、経験した職務、年収などによって応募条件が細かく分かれています。

それらの条件に全て一致して初めて応募して採用される可能性が出てきます。もちろん、それでも条件を満たす応募者は数多くいるため、その中で争わなければならないので必然的に採用される可能性が低くなるのです。

このような理由から、多数の企業にエントリーして説明会を受けて、各種選考に臨んでいくという方法は相応しくありません。

対策としては、自分の考え方や転職の目的も踏まえながら、自分の条件にほぼ一致する企業に応募することから始めることです。

もちろん、そう簡単に自分の条件にピッタリあう企業が見つかることはありません。そのため、その意味では数をこなす必要が出てきますが、新卒の場合の数のこなし方とは全く違うので、その点を履き違えないようにすることが大切です。

転職先を決める前に退職してしまう

次に紹介する失敗するポイントは、転職先を決める前に退職してしまう、という点です。これは、特に今現在の職場の環境や労働条件が耐えがたく、今すぐにでも辞めたいと考えている人がよくやるパターンです。

長時間勤務で体を壊し始めているような場合は、今すぐに辞めることが推奨されます。本格的に壊してからでは、復帰するために時間がかかるからです。

しかし人間関係や何となく自分の思っている仕事ができないために、すぐに辞めるという選択はよくありません。

なぜなら、生活が困窮してしまいそれが転職活動に影響を与えるからです。

嫌な仕事を続けることは精神的に苦痛であることは確かなのですが、生活がかかっていることも忘れてはなりません。退職してすぐに次の仕事が決まるかどうかは、誰にもわからないためです。

転職活動は思った以上に長引くことが多くなります。第二新卒の場合は、なおさら長くなりがちです。ただでさえ不利な条件を背負って転職活動に取り組まなければならないためです。

また、転職活動自体にもお金がかかり生活を維持していくためにもお金がかかります。そして、無収入の状況が長引けば長引くほど精神的にも辛くなっていきます。そしてこの際稼げるところならどこでもよい、という考え方になりがちです。

当然このような考え方でやってきた応募者を採用する企業はほぼありません。結果的に、落ち続けてさらに転職活動期間が長引いてしまう、という負のスパイラルに陥ってしまいます。

対策としては、よほどの事情がない限りは前職を続けながら転職活動に取り組む事です。続けることによって収入以外にも、社会との接点や人と話す時の感覚を失わずに済む事ができます。

特に人と話す時の感覚を失ってしまうと、面接に臨んだ時に苦労します。日常の何気ないポイントですが、面接ではそういった点も鋭く見られることになるので、例え嫌な職場であったとしても続けることには意味があると考えましょう。

他人と比較してしまう

次に紹介する失敗するポイントは、他人と比較してしまうという点です。これは、第二新卒に限らず、どの年代の転職希望者にでも発生しやすいポイントでもあります。

また、究極的には転職を希望する理由の大元はこれが原因であることも多々あります。

企業内で勤務している時には、同僚も同じ企業の人であるために給与面でそれほど大きい差がついていることは余りありません。そのために、自覚をし難い部分があります。

最も顕著な例としては、同窓会などに出席した時に同期の給料を知って大きな差があることを知り、転職を決意するというパターンです。

同期は通常同年代の同年齢です。大学などでは若干差がありますが、多くは同程度です。つまり、自分の同期がどの程度稼いでいるのかを酒の席などで聞くことによって、自分がどの程度の立ち位置にいるのかを確認することがあります。

この時に、特に年収の面で著しい差を感じる時があります。この時に、無計画に転職して年収を上げることにこだわってしまい、最終的に転職活動に取り組んだがうまくいかなかった、という悲惨な例も見受けられます。

対策としては、転職を志す時にメインの理由を他人との比較にしないことです。

もちろん、年収アップをはじめとする待遇改善を主目的にして転職活動に取り組む事自体は悪いことでもなんでもありません。むしろ、多くの人はこれを目的に取り組んでいます。

しかし、メインの理由が他人との比較にしてしまうと志望理由や自己PRを精度の高いものに仕上げることが極めて困難になります。

他人がうらやましい気持ちは理解できますが、大抵の場合は転職して数年程度勤務して初めて前職の年収を超えることができれば良いほうです。一般的に、転職直後は前職の年収を1割から2割ほど下回ることが多いです。

転職活動は、あくまで自分がどうなりたいかを決めるために活動するものです。他人との比較したい気持ちは理解できますが、それを主軸として活動すると後々に思うような結果を出しにくいことを理解しましょう。

どの企業にも同じ書類を送っている

次に紹介する失敗するポイントは、どの企業にも同じ書類を送っているという点です。これは、1つ1つの企業に手間をかけることを嫌う応募者がよくやりがちな点です。

厳密に言えば採用担当者が、この違いに気付くことはありません。ですが、企業ごとにアレンジしない応募書類を送っているような応募者は、高い確率で採用されません。

なぜなら、自己PRはともかく志望動機まで全く同じの内容などあり得ないからです。

企業の1つ1つに応募する動機があることが通常です。新卒の応募ですら、全ての企業に同じ理由で応募することは推奨されません。どの企業にも使える志望動機は、中身を薄くしてありきたりな内容にしないと使いまわしができないからです。

つまり、中身が薄い状態で書類選考を通過することは不可能なのです。転職の際の書類選考の通過率は、1割から2割程度です。そのため完璧な書類だけを通過させて面接で人柄と実際の能力を確認し、最終的に1人か2人採用するという程度です。

対策としては、手を抜かずに企業ごとに異なる志望動機を作成することです。また、自己PRもできるだけ応募する企業に合わせたものを作成する必要があります。

企業が応募者に対して求めている能力はそれぞれ違います。そのために、その企業ごとに合わせた内容を記載して、面接でアピールする必要があります。

アピール内容が不十分

次に紹介する失敗するポイントは、アピール内容が不十分であるという点です。これは、第二新卒の応募者を含む多くの転職者に当てはまることがあります。

アピールする際に自分の能力や実績を記載したり、面接で主張することは間違いではありません。ただし、この点で一番注意すべきことがあります。

それは、企業側の視点を含めたアピールになっているかどうか、という点です。

企業側の視点とは、この応募者を採用したら企業にどのような利益をもたらすか、どのような影響を与えるだろうか、という視点のことです。

対策としては、このような採用担当者側の視点を盛り込んだアピールを展開することです。

自分がどのような実績を前職で残し培った能力を主張するだけでなく、それが今応募している企業にどのような利益をもたらし、よい影響を与えるかをアピールすることが採用を得るためのポイントです。

多くの応募者は、自分の能力や実績だけを主張して終わってしまいます。この点を踏まえて、企業側からの視点を含めたアピールをすることができる人材は採用担当者からも高く評価されます。

業界や業種をイメージで判断してしまう

次に紹介する失敗するポイントは、業界や業種をイメージで判断してしまうという点です。これは、インターネットが発達して調べられるようになった現代ならではの問題点とも言えます。

業界や業種によって、独特の慣行があったり長時間勤務が常態化しているという特徴がある場合もあります。典型的な例としては、飲食店は長時間勤務であることが極めて多いことで有名です。

そのため、転職エージェントからお勧めの業界や業種を紹介されてもこうしたイメージのみで判断してしまい、結果的に受ける企業数が激減してしまうということがよくあります。

このため希望職種の範囲が非常に狭くなってしまうことも問題です。受験する企業の数が少なければ、その分多くの人が殺到することになります。極めて優秀でなければ、選考のフローに乗ることができず厳しい転職活動になってしまいます。

対策としては、イメージはありつつも企業を受ける段階では、そうしたところにも積極的にチャレンジすることです。

最終的に採用の連絡があっても、勤務するかどうかを決めることはできます。もしその間に何かよくない兆候を発見し危険であると判断したら、その採用を断ることができます。

巷で囁かれている噂と実態は、往々にして違うことが多いものです。少なくとも、挑戦しなければ何もわからないので、その点は把握しておくようにしましょう。

自分の力だけで転職活動に取り組んでいる

次に紹介する失敗するポイントは、自分の力だけで転職活動に取り組んでいるという点です。

新卒の場合もそうですが、自分だけで取り組んでいると独りよがりな考え方やアピールポイントになってしまい、思うように選考のフローを進む事ができません。

まして転職の場合には、少ない募集人数に多くの人が殺到することになります。自分だけの努力には限界が多くあることも確かです。

対策としては、転職エージェントを利用することです。

転職エージェントは、新卒で言えば学生課や就職指導課で行うサービスを提供しているところです。自分の転職活動に関して、応募先から志望動機、自己PRの添削まで幅広い支援を行っていることが特徴です。

彼らは、現代の転職活動を知り尽くしているプロでもあります。近年は、第二新卒の応募者向けに、第二新卒の募集をしているところに的を絞ってより専門的な対策をしてくれる転職エージェントも存在します。

転職については、皆素人からのスタートになるのでいかに早くこのようなところから情報を得て、有利に立ち回っていけるかが大きな差を生みだします。

対策をしても転職活動は困難です

第二新卒の応募者が良くやってしまう失敗例と対策について、主にまとめましたがこれらの失敗に対してきちんと対策をしても、転職活動は極めて困難な場合が実情です。

そもそも、第二新卒の需要自体が全体からみるとそれほど多くないことが原因です。これは、先にも述べた通り中途半端な立場であることが大きく関係しています。

その中でも採用を獲得するためには、上記の失敗例を克服した上でさらに自分の備える能力をアピールしていかなければなりません。

転職活動には運も絡みます。自分がどれだけ対策をして準備をしても、自分より条件がわずかに優秀な人が来るだけで、あっという間に落とされてしまいます。募集人数が極めて少ないために、全体の中で1番でなければ採用されにくいのです。

その点を踏まえた上で、第二新卒の立場を活用しつつ転職活動に取り組む必要があります。どのような目的で取り組むにせよ、悔いのないように全力で取り組む事が大切です。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
10月18日 07:14 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop