第二新卒の就活ガイド。第二新卒だからこそのポイントを網羅しよう

0 コメント
twitter
はてな
facebook

新卒としての就職活動に失敗して、大学の卒業式を迎える前までに就職先が決まらなかったということは近年よくある現象です。

近年は内定を多数獲得してどの企業に就職するのか悩む内定ブルーの学生と、内定が1つも獲得できないままいわゆる「無い内定」の状態で卒業式を迎えてしまう学生の極端な2極化現象がよく発生しています。

この場合選択肢として卒業する前であれば、わざと単位を落とすことによって留年をして新卒のカードをキープする手法と、卒業して第二新卒としてもう一年就職活動に取り組む手法があります。

今回はこのうち、卒業した後に第二新卒として就職活動をする際の有利な点と不利な点、そしてこれらの点を踏まえて活動する際の流れと注意点についてまとめました。

第二新卒とはそもそも何か

まず初めに第二新卒という意味について再確認しておきましょう。第二新卒とはおおまかに、大学生が卒業して3年以内の求職者のことを表します。

ただ、この定義もはっきりしたものではないので大まかな意味であると捉えておけばよいです。

しかし、明確な点は新卒ではないという点です。この点は、有利になる点と不利になる点があるために、内定を得るためにはこの点を把握する必要があります。

第二新卒の有利な点とは

ではまず有利な点について把握しましょう。以下のような点があります。

  • ポテンシャル採用になる
  • 最低限のビジネスマナーを備えている

このような点があります。では、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

ポテンシャル採用になる

第二新卒の有利な点として一番最初に挙げられる点は、採用の基準そのもがポテンシャル採用になりやすいという点です。つまり、新卒とほぼ同じ基準で採用の土台に上がることができるという点です。

なぜなら、社会に出てからの経験が極めて浅くまだ最初に入社した企業のカラーに染まっていないために、採用担当者としてはこうした応募者を採用してからも十分に取り返しがつくからです。

最低限のビジネスマナーを備えている

第二新卒の有利な点として次に挙げられる点は、最低限のビジネスマナーを身につけている点です。

新卒として企業に入社した経験があるので、その過程で何らかの研修を受けていることが予想されます。そのため、採用担当者からすると、こうした研修を受けさせるために必要なコストを削減することができるというメリットがあります。

第二新卒の不利な点とは

次に不利になる点について確認しましょう。全てのポイントが適用されるわけではありませんが、一般的に厳しい内容が多くなります。

  • 経験を備えていない
  • またすぐ辞めるかもしれないとみなされる
  • 辞めた理由を問われる
  • キャリア形成に疑問を抱かれる
  • 第二新卒そのものが中途半端

では、それぞれのポイントについて確認と対策について考えていきましょう。

経験を備えていない

最初のポイントは、経験を備えていないと見なされることです。第二新卒はその立場上、新卒で入社した企業を3年以内に辞めて新しい企業に転職しようとしている求職者と見なされます。

一般的に転職を希望し、内定を得るためには入社してすぐに活用できるレベルの即戦力となる能力と経験が必要です。この点を第二新卒は持っていると見なされないために、選考においては極めて不利な扱いを受ける可能性が高くなるのです。

しかし、逆に経験を持っていないということは、前の勤務先の企業のカラーにも染まっていないということも意味します。余計な先入観を持っていないために、新しい考え方や会社の方針にも染めやすいという面もあります。

そのために、志望動機や自己PRにおいて主張する内容は、経験の少なさを認めつつも1度は社会に出たことがあるという点を主軸に述べることです。

経験の少なさを、熱意や入社意欲といったポテンシャルに分類される部分でカバーすることができるので、この方面で強いアピールを展開すると良い印象を与えることができます。

またすぐ辞めるかもしれないと見なされる

次に不利なポイントは、応募先の採用担当者から第2新卒の応募者は合格させても、またすぐに辞めるかもしれないと見なされてしまうことです。

これは、数ある不利な理由の中でも最も厳しいものです。なぜでしょうか。

採用担当者は一定の数の応募者を企業に入社させて、企業に利益を生み出すための人材管理を担当しています。そのために、入社させた人物のパフォーマンスについて一定の責任を持っています。

仕事ができるかできないかは、実際には使ってみないとわからないことは確かです。ですが、最も採用担当者にとって嫌なことが入社させた応募者が短期間で辞められてしまうことです。

なぜなら、辞めるような応募者を見抜けなかった採用担当者は何をしていたんだ、という評価が社内で下されてしまうためです。

企業は求人の募集を出して選考し、採用するという一連の流れで多大なコストを払っています。採用した後も、最低限の知識を習得させるための教育や研修などでもさらにコストがかかります。

企業がそのようなコストを1人の採用者に支払う理由は、そのコストを払ってでも採用者に仕事ができるようになってもらえれば、そのコストは仕事の成果で回収できると踏まえているからです。

しかし、辞められてしまえばこれらの企業から見れば「投資」が全て無駄になってしまいます。

第二新卒の応募者は程度の差こそされ、前の会社を辞めて応募してきています。つまり、他の新卒の学生に比べて採用後に辞める可能性が高いと見なされてしまうのです。

このために、採用担当者は辞めるかもしれない第二新卒の応募者は極力採用することを嫌がる傾向にあります。

では、こうした厳しい状況にどのように対応したらよいのでしょうか。

それは、前職を辞めた理由を可能な限り深掘りして自分の中で把握しておくことです。

第二新卒の応募者は、社会人経験がある以上必ず前職の経験を問われます。どのような仕事をして、どれくらいの期間勤務していたかを確認されます。

そして、前の職業を離職した理由を必ず問われます。

この際に、淀みなく答えられるようにすることが第二新卒として内定を得るための大きなポイントです。逆にこの点で詰まる応募者は容赦なく落とされてしまいます。

昔に比べて、近年はブラック企業が台頭してきたこともあって辞職した理由が、ブラック企業のために勤務に耐えられなかった、というような場合もあります。このような場合は、勤務期間にもよりますが、概ね悪印象を与えることは少ないです。

なぜなら、そのような理不尽な環境に数年程度耐えてきたということは、ほぼどのような労働環境でも耐えられるという証明になるからです。

逆に理由が数日や数カ月で理由もなく辞めた、というような場合では極めて厳しいです。採用担当者もリスクを冒してまで、このような応募者を採用する必要はないためです。

離職した理由をきちんと述べられるようにすることが、第二新卒として成功するために最も必要な要素なので、理由を深掘りして答えられるようにしておくことが大切です。

キャリア形成に疑問を抱かれる

次に不利なポイントは、キャリアの形成に疑問を抱かれるという点です。

これは第二新卒の応募者が前職に比べて同業種に応募したのか、異業種に応募したのかによって対応が分かれてきます。

まず同業者に応募した場合にはなぜ同業種の自分の企業に応募したのか、ということを採用担当者から問われます。

同業種であれば、業界の雰囲気や特殊なルールなど、その業界のことを例え短期間であっても実際に働いて体験しているので、そういったことを少しは知っていると見なされます。

それにもかかわらずどうして応募したのか、ということを問われると考えましょう。

辞めたからには、この業界が嫌だったのかと推測されることは一般的です。実際に、業界が原因なのか特定の企業が原因なのかは応募者によって判断が分かれますが、採用担当者はそのことを知らないので丁寧に説明する必要があります。

次に異業種の場合です。異業種の場合は、根本的になぜこの業界に来たのかを問われると考えましょう。

志望動機にこうした面を含めて記載する必要がありますが、多くの場合、特定の企業に対する志望動機を記載することになります。そのため面接まで無事に進んだ場合に備えて、特定の業界を選んだことに対する回答を考えておく必要があります。

単純にお金が稼げるから、休日が多いから、といった「本音」の理由だけではすぐに落とされてしまいます。他に条件が良い企業があったらそちらに転職するのだろう、と採用担当者に思われてしまうためです。

こうした部分でいわゆる「建前」の理由を作成することは大変ではありますが、この点をクリアしなければ採用されることは厳しいと覚悟しておく必要があるのです。

第二新卒そのものが中途半端

次に不利になるポイントは、第二新卒という立場そのものが中途半端であるという点です。これは、全ての応募者に適用される見方なのである意味対策がありません。では、なぜ中途半端だと見なされるでしょうか。

それには、日本の就職慣習が関係しています。日本の場合、大きなくくりで分けると新卒として就職活動を通じて就職するか、一定程度の企業勤務、及び社会人としての経験を備えた上で転職することになります。

新卒の学生に求められる部分は、まだ社会人経験をしたことがないというフレッシュさや企業のカラーに染めやすいという部分です。

転職者に求められる部分は、勤務経験と社会人経験によって培った能力を持って即戦力として、企業の利益に貢献できるという部分です。

第二新卒という立場は、このどちらにも属さないために不利になってしまうのです。

フレッシュさという意味では明らかに新卒には敵いませんし、逆に経験では転職希望者には敵わないことが多いです。

これらをまとめると、第二新卒の立場は「勤務や社会人経験が少ない応募者」という定義に落ち着いてしまいます。

そのために、不利になってしまうという点です。

ただし、見方を変えてみると新卒のフレッシュさと転職者の経験の部分を半分ずつ持っている立場とも言えるので、新卒と転職者の中間に位置すると見ることもできます。

そのため、熱意ややる気といった新卒の応募者に求められる部分を主張しながらも、最低限のビジネスマナーを備えているといった経験面を同時にアピールすることが、基本的な方針になります。

第二新卒の応募者はいつ、どのような活動をすればよいのか

では、こうしたさまざまな特徴を持つ第二新卒の応募者が内定を獲得するためにいつ、どのような活動をして内定獲得まで進んでいけばいいのでしょうか。

先にも述べましたが、第二新卒の立場は「勤務や社会人経験が少ない転職者」です。つまり、転職者の立場と基本的には同じになります。

しかし、一方で新卒の応募者としての面も持っているので一概に時期を特定することは難しい一面もあります。そのため、状況に応じた判断が必要になります。

第二新卒と一言で言っても、2年ほど働いたことがある応募者と数カ月で辞めてしまった応募者と比較すると、取るべき活動の内容には差があります。

一般的に、前職で勤務した経験が長ければ長いほどその分経験を有することになるので、活動の仕方は転職者に近くなり、短ければ短いほど新卒の応募者と変わらなくなるので、新卒の応募者に近くなります。

では、転職する場合の流れと新卒の場合の流れを見ていきましょう。

転職の場合にはどのような流れになるのか

初めに転職の流れについて確認しておきましょう。一般的な転職の流れは以下のようになります。

  1. 転職準備を行う
  2. 必要書類を準備する
  3. 転職サイトに登録し求人に応募する
  4. 筆記試験や面接試験を受験する
  5. 内定をもらい、現在在職している企業を退職する。

これらの活動をおよそ半年間で行うことになります。人にもよりますが現職で勤務を続けながら転職活動を行うことになるので、時間を取ることは難しくなります。そのために、各種準備を、短期間でぬかりなく取り組む必要があるのです。

第二新卒の場合には、求職活動をしようと決めた時期によっても異なりますが転職者向けの募集案件が概ね9月から10月に集中しているので、この時期を含めて効率的に取り組む事が内定を獲得するためには欠かせないポイントになります。

新卒の場合にはどのような流れになるのか

一方で、新卒の応募者が取り組む就職活動の流れは以下のようになります。

  1. 全体を把握する(大学3年生6月頃)
  2. インターンシップに参加する(大学3年生夏季休暇中)
  3. 採用が早い企業の面接(大学3年生9月頃から11月頃)
  4. 自己分析や自己PRを見直す(大学3年生12月から3月頃)
  5. 大手の採用が始まる(大学4年の4月頃)
  6. 内定が出る(大学4年5月頃から8月程度)

この流れは、純粋な新卒の学生が取り組む就職活動の流れになるので、そのまま第二新卒の応募者に当てはめることはできません。

しかし、新卒の学生がこのような流れで行動しているので、自分が求職活動を始める時期に今学生が何を取り組んでいるかを把握することに役立ちます。

転職の流れと、新卒の学生の両方の流れを押さえることによって今、第二新卒の応募者が時期的にどの段階にいるのか、そして今取り組んでいる内容は何なのかを理解し、自分が新卒だった頃の経験と合わせて取り組む事が大切です。

きちんと準備をして取り組めば内定をもらうことができます

第二新卒の応募者には、メリットもありますが一般的にはデメリットが圧倒的多数です。年単位で前の企業で勤務していれば、転職者として活動することも可能ではありますが、この場合でも経験年数の少なさは選考に不利に働いてしまいます。

そして、数日や数カ月で辞めてしまい第二新卒として活動を始める場合には、初めから極めて厳しい条件で就職活動をしなければならないということを覚悟しなければなりません。

採用担当者から見ると、別に採用する学生は第二新卒の学生でなければならないという訳ではありません。むしろ、中途半端な立ち位置にいるということで初めから選考対象にすら入っていない場合も多々あります。

このため、内定を得るためには新卒の学生以上に準備をして、短期間でも社会人経験をしたという経験をアピールした上で、さらに前職を辞めた理由をきちんと説明できて初めて採用される可能性が出てくると考えるべきです。

生半可な準備では書類選考及び筆記試験ですら通ることもできません。新卒の学生に求められる熱意ややる気と同時に、自分が能力的にも優秀な人物であることをアピールする必要があります。

苦しい道のりにはなりますが、モチベーションを保ち内定を勝ち取るように頑張りましょう。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
7月17日 06:58 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop