第二新卒の転職理由の書き方とコツ。嘘を書いても面接官はお見通し?

0 コメント
twitter
はてな
facebook

新卒入社後、若いうちに入社した会社を辞めて別の会社に転職することを特に「第二新卒」と呼びますね。一般に、「新卒入社後3年未満の転職」を第二新卒と呼ぶことが多いです。

今はもう転職をネガティブにとらえる時代ではありません。転職する側も転職者を採用する会社側も、ポジティブ志向で入社し、採用します。しかし第二新卒はそうとも限りません。

入社間もなく退職したわけですから、企業側としては第二新卒の転職理由を知る必要があります。

第二新卒者が転職理由をどう会社に伝え、どのように理解を求めるべきか

新卒者にしても転職者にしても、やはりポジティブな、前向きな発想が高い評価を得るために必要なスタンスです。第二新卒者でもそれは同じ・・・といいたいところですが、簡単ではありませんね。

会社は自分の人生をコントロールする大きな割合を占めます。その会社を入社間もなく去るということは、ずいぶん人生を軽んじているな・・・という第三者の(多少無責任な)感想にもつながります。

「そうではない!」ということがわかるような転職理由が必要になりますね。

第二新卒者が転職を希望する会社に表明すべき転職理由とは?

居心地の良い会社であれば、多少不満があったとしても、3年も経過せずに退職するようなことはほぼないといえるでしょう。もちろん不満とは無関係な、非常に前向きな考え方で第二転職の道を選択する人もいるとは思います。

しかし実際、数的にはかなりの少数派であるはず。上司や同僚との人間関係がうまくいかない、残業が多い、残業代が出ない・・・どうしてもこの会社にはこれ以上いたくなかったというそれなりの理由はあるはずです。

しかしこれを転職理由として履歴書や面接でぶちまけてしまうのはNGです。たとえ本音であっても、です。もしその本音を表明したならば、その瞬間「ウチでなくてもどこでもいいよね?」と、会社は考えます。

仮にそういうネガティブな理由が転職理由だったとしても、そこは自ら表明すべきではありません。そうかといって、ウソをつけといっているわけではありません。どんな場であってもウソはいけませんね。

そこで、ウソをつかずに言い方を変える、つまり表現に工夫を凝らす方法を考えてみましょう。ネガティブな本音ではあるけれど、ポジティブに表現するのです。

たとえば、前職場での人間関係や残業が多いことが転職理由だった場合、こんなふうに表現してみてはいかがでしょうか?

転職理由をポジティブに表現する方法1~人間関係編

  • 本音・・・職場での人間関係がイヤ
  • 履歴書や面接では・・・もっとお客様に向き合う時間がほしいと感じた

転職理由をポジティブに表現する方法2~残業が多い編

  • 本音・・・残業が多くてイヤ
  • 履歴書や面接では・・・仕事のオン・オフをもっとはっきりさせることができれば自分の能力を最大限発揮できる

上はあくまでも例文、サンプルの範囲を逸脱しません。「人間関係がイヤ」がどうして「もっとお客様と・・・」になっちゃうの?とも思うでしょう。工夫もヘッタクレもないくらい「別モノ」と感じられるでしょう。

確かに発想の転換というにはやや無理があるかもしれませんが、何しろ履歴書や面接では「ネガティブな本音→ポジティブな表現」という天地がひっくり返るような大転換が求められるわけです。

ただしちゃぶ台をひっくり返すような強引な思考ではウソになるため、面接でつまずいてしまう危険もあります。少しずつネガティブ→ポジティブに変換していくのです。

  1. 「人間関係がイヤ」というネガティブな本音
  2. 職場にいたくない、いる時間を短くしたい
  3. 外回りに行きたい、行ったほうがまだマシ
  4. お客さんと顔を合わせていたい、いたほうがまだマシ
  5. 「もっとお客様に向き合う時間がほしい」というポジティブな表現

という具合に、ちょこちょこ形を変えて、最終的にはまったくの「別モノ」へと転換していきます。残業が多いのがイヤという本音の転職理由でも同じ転換が可能になんですよ。

  1. 「残業がイヤ」というネガティブな本音
  2. 残業を少なくしたい
  3. 自分の時間ができる
  4. 仕事とプライベートのオン・オフがはっきりする
  5. 「自分の能力を最大限発揮できる」というポジティブな表現

という転換ですね。この「ポジティブな表現」の部分だけを転職理由に盛り込むのです。これによって、第二新卒者を受け入れる会社側の不安は多少でも軽減されるはずです。

でも、なんとなく・・・なんとなく後ろめたさを感じることも事実ですよね?なんとなくウソをついているような。しかしイメージはあまり良くない第二新卒の転職を勝ち取るためであることは間違いありません。

そこで、転職理由を聞き出そうと耳に全神経を注ぐ面接官が果たしてどう感じているのか、これについて考えてみます。そうすることで、後ろめたさを小さくできるかもしれませんので。

面接官側の心理を逆読み!第二新卒の転職理由を面接官はどうとらえるか

面接といえば、面接官の側が応募者の側の心理を探ると相場は決まっていますね。これは新卒者でも転職者でも同じです。もちろん第二新卒の転職希望者でも同じです。

特に、ずいぶん早いタイミングで転職の道を選択した第二新卒による転職者については、転職理由を知る必要があります。興味本位ではなく、転職理由が評価に反映されます。

しかしそれでは第二新卒の応募者はプレッシャーになってしまいますね。たまには応募者の側が面接官の心理を読んでみるのも悪くないでしょう。転職理由を正当化するというのも妙ですが、そういう効果もありそうです。

第二新卒者の転職理由を、面接官はどう解釈するのか・・・ここからはそういう「逆読み」をテーマとしてお話します。結論からいうと、転職理由をどう告げようと、面接官は第二新卒に対して良い感情は抱きません。

はぁ?と思うかもしれませんが、これが事実です。面接官は、「どうせ人間関係がイヤだとか残業が多いとか給料が安いとか、まあそんなとこだろう・・・」と思っています。すべてお見通しなんですね。

転職理由を聞くまでもなく、第二新卒の応募者の場合、基本はマイナスのイメージを持たれてしまいます。さあどうしましょうか?はじめから目をつけられているわけですからやっぱり「望み薄」でしょうか?

いいえ、違います。第二新卒に対して面接官はマイナスのイメージを持つ・・・これに対し、第二新卒の応募者はどういうスタンスで面接に臨むべきか・・・正解は、「だから、何?」です。

マイナスであろうと何だろうと、第二新卒を採用したい、そのために面接をしたいって考えているのはアナタたちでしょ?と考えてもまったく問題はありません。だって、実際そうですよね?

第二新卒だから転職理由の部分でどの会社にも低評価をつけられてどこにも転職できません!どうか、御社で面接のチャンスを私に与えて・・・という流れではないのです。ふつうは。

だったら、面接官がどんなイメージを持っていようとも、そんなことは無視してかまいません。そして面接を実施する意味。それは何か・・・そう、応募者のことを深く知りたいからこそ面接を実施するのです。

わざわざ時間を割いてまで。なぜ?そうです。会社は採用するために面接をするのです。というか、少しでも優秀な人材であれば、第二新卒だろうとなんだろうと会社は採用したいのです。だから面接を行います。

面接官はマイナスのイメージを持っていますが、ベースは「優秀なヤツを引っ張る!」という気持ちでマンマンなのです。だから第二新卒だろうと何だろうと、自信を持って転職面接に臨んでください。

ただし、面接をしたいのは会社のほうですが、面接を受けたい、つまり会社に入りたいと望むのは応募者のほうです。面接ではそのことを忘れてはいけませんね。

常識を踏まえた振る舞いで面接を行い、頭を下げてお願いすべきところはちゃんとすべきであることだけは付け加えておきます。転職理由を工夫するのも「この会社に入りたい!」という気持ちがそうさせている・・・

そんなふうに考えると、多少後ろめたさも軽くなるでしょうか?そうならいいな、と思います。では、最後に「転職理由としてNG」となってしまう表現・内容を確認しましょう。

ソレを言っちゃぁおしまいよ!第二新卒の転職理由NGの表現は避けて!

第二新卒による転職希望者に、あるいはすべての転職希望者にとって非常に重要な部分は、転職理由としてネガティブな内容を挙げないことです。できるだけポジティブである必要があります。

このことは再三お話してきました。では、どういった内容がネガティブな転職理由であると解釈されてしまうのか、の部分が非常に重要になってきますよね。実は、もうすでにその結論をお話しています。

どんな転職理由であっても、面接官は第二新卒の転職希望者に対してマイナスのイメージを持つとお話しました。どうせ人間関係や残業や給料が不満で辞めたんだろう・・・と。

要は、誰がどう考えても転職理由の本音だろうなと思われるような内容はもれなくNGになります。第二新卒の転職希望者が発するNG転職理由には、次のような例が挙げられます。

第二新卒の転職希望者が言ってはいけない転職理由

  • 待遇面の不満・・・給与や福利厚生についての不満
  • 人間関係の不満・・・上司や同僚、部下との関係への不満

結局のところ、業界だとか会社の雰囲気だとか資格を生かせるか否かとかそういったこととは無関係に、「ウチでなくてもいいよね?」と思われるような転職理由はすべてNGなのです。

そもそも、待遇面を優遇してほしいならウチ以外にもいっぱいいい会社があるでしょ?とか、人間関係に問題ない会社はウチだけではないですよ・・・と返されたら困ってしまいますよね?

そのあともっともらしい転職理由をあわてて付け加えたとしても、それはそれで「だったらどうしてはじめにそれを言わないの?」という新たな疑問(というか「猜疑」)が浮上しますね。

そういうことにならないよう、はじめから「御社に入りたい!」という意思表明が転職理由に盛り込まれることが望ましいのです。要は、「ポジティブな転職理由」という言い方に集約されるんです。

ここまで再三「第二新卒者の転職理由はポジティブに!」とお話してきましたが、その理由をよく理解していただけたかと思います。

第二新卒者の転職理由はとにかくポジティブであること、これに尽きる!

今回は「第二新卒者にあるべき理想の転職理由」についてお話しました。転職理由なんて理想も何もないでしょ?とはじめは思われたでしょう。でも、転職理由は重要だったですよね?

第二新卒者のみならず、そして転職理由のみならず、履歴書の内容や面接での応答に対しては、できるだけポジティブである必要があることをこの機会に確認していただければと思います。

腹が減っては戦ができぬ、ではないですが、何事もポジティブでなければ前にはなかなか進んでいきません。スポーツに限らず、「ステイ・ポジティブ」の志向は重要なんですね。

第二新卒者の転職理由にも、ぜひそのことを応用していただきたいと思います。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月19日 12:37 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop