第二新卒が転職を成功させるポイント。経験者が推奨する13の行動

0 コメント
twitter
はてな
facebook

現代では、新卒時の就職活動において入社した会社に生涯勤めることは珍しくなってきています。転職をして徐々に良い待遇のところにステップアップしていくという生き方が、徐々に増え始めています。

一般的には3年以上の勤務を経験してから転職活動に取り組む事が望ましいとされていますが、それができない場合もあります。何らかの理由で、3年未満で離職し新しい仕事を探している応募者を第二新卒と表します。

今回は、第二新卒の立場の応募者が転職に成功するために必要な点についてまとめました。

第二新卒とはどのような立場にあるのか

初めに把握しておく必要があるポイントとして、第二新卒の立場を理解する必要があります。

なぜなら、通常の転職希望者と比べてさまざまな点で異なるからです。有利な点と不利な点の両面がありますが、多くの場合不利な点が影響を与えることが多いのでどのような点が特に不利になるのかを把握しておく必要があります。

まず第二新卒の応募者にとって有利な点は以下のような点があります。

  • ポテンシャル重視の採用になりやすい
  • 異業種への応募もできる
  • 年収アップも見込みやすい
  • 第二新卒向けの求人に応募できる

主に第二新卒の立場上の有利な点となります。これらは、一般の転職希望者にはないポイントなので、これらを有効に活用することが大切です。

特に、ポテンシャル重視の採用になりやすい点は大きなメリットです。実績が全く求められないという訳ではありませんが、新卒の就職活動と同様にポテンシャルや熱意の部分が評価対象に加わる点は、極めて有利になります。

一方で、不利な点は以下のような点があります。

  • 勤続年数が少なく経験を備えていない
  • すぐに離職すると思われてしまう可能性がある

経験が少ないという点は第二新卒という立場上、仕方のない面もありますが転職活動はさまざまな立場の人との競争になります。経験が少ないことは、フレッシュさという意味で有利になる半面、専門技能を求められる分野には不利になります。

そして、次のすぐに離職すると思われてしまう可能性がある点は第二新卒の応募者にとって一番厳しい条件です。では、なぜ多くの採用担当者からすぐ辞めるかもしれないとみなされるのでしょうか。

それは、前職を短期間で辞めたという事実があるからです。忍耐面や継続する力が足りない可能性が高いので、採用したくないという思惑もあるのです。

このため、第二新卒の応募者はこの点を如何に払拭できるかで採用が決まるといってもいいでしょう。

採用担当者はどのようなところをみているか

では次に、このような特徴を持っている第二新卒の応募者に対して採用担当者はどのような評価項目を設けているのでしょうか。

第二新卒の応募者が転職を成功させるためには、採用担当者の評価ポイントを知ってそれに沿う形で、書類を作成し面接でアピールすることが必要です。

以下の項目は、書類と面接どちらにも求められる要素ではありますが、主に面接向けの内容となっています。

  • ビジネスマナーを持っているか
  • 腰を据えて働こうとしているか
  • 実績があるか
  • ポテンシャルを備えているか
  • 将来の姿が描けているか
  • 柔軟性があるか

転職活動においても、評価の大半を決めるのは面接です。よって、これらのポイントを把握することが採用に繋がります。それでは、1つ1つ詳しく確認していきましょう。

ビジネスマナーを持っているか

初めに紹介する評価ポイントは、ビジネスマナーを持っているかというポイントです。第二新卒の応募者にとって、評価される最も基本的なポイントでも有ります。

この点が評価される応募者は、新卒か第二新卒だけです。それ以上の立場の人たちは、当たり前に備えているものと見なされ、特段の評価対象にはならないからです。

しかし第二新卒の応募者は、社会に出た経験が少ないことからそのような少ない経験できちんとしたビジネスマナーを身につけていれば、大きく評価されます。

どのような職業であれ、人と一緒に仕事をして取引先の要望に応じていくことが主な仕事になります。その過程で、きちんとしたビジネスマナーに乗っ取った対応をすることによって、お互いに信頼関係を構築することができます。

腰を据えて働こうとしているか

次に紹介する評価ポイントは、腰を据えて働こうとしているかというポイントです。これは、採用された後にじっくりとある程度の期間にわたって勤務を続けていけるだけの精神を備えているかどうかを確認されるのです。

第二新卒の応募者は、前職を短期間で離職したという事実があります。このため、多くの採用担当者はこの点を特に重点的に確認する傾向にあります。

そのため、応募者側の立場としてはこの質問に対して、的確に回答することができれば採用に大きく近づくことになります。

回答する際には、前職での失敗経験から学んだことを述べてこれを踏まえて働いていきます、という方針でアピールをするとよいです。

年齢が若いので失敗した経験そのものを問題にされることはありません。大切なことはその失敗からどのようなことを学び何を経験したか、ということです。これは、転職に限らず仕事を遂行していく上で必要不可欠な能力でもあります。

これらを客観的に述べることによって、採用担当者からの評価と印象を大きく上げることができるので、十分に対策をした上で臨む事が必要です。

実績があるか

次に紹介する評価ポイントは、実績があるかどうかというポイントです。ただし、第二新卒の応募者に対してはそこまで大きな実績が求められることは通常ありません。

実績が求められるかどうかは職種によるところが大きいです。例として、そうした判断が難しい事務職などは実績のアピールを求められることは少ない傾向にあります。

しかし一方で、営業職など個人の行動が成績や結果に反映されやすい職種の場合には、むしろ積極的に問われる傾向にあります。

このポイントをアピールする際には、具体的な数字を交えて主張することが説得力を生み出します。自分の行動によって売り上げが○%上がった、などの主張がわかりやすい例になります。

ポテンシャルを備えているか

次に紹介する評価ポイントは、ポテンシャルを備えているかというポイントです。これもまた、第二新卒の応募者だけに評価される可能性があるポイントでもあります。

通常の転職者は、自分が今まで関わってきた仕事に対する実績や経験からどのようなことができるかをアピールしていきます。この内容が企業にとって、欲しい能力や経験で会った場合に限って採用されるのです。

この点で見れば第二新卒の応募者は極めて不利です。なぜなら、そのような実績や経験は備えてない場合がほとんどだからです。

採用担当者もその点は十分に理解しています。その代わりに、第二新卒の応募者には新卒の応募者と同様に、ポテンシャルを備えているかどうかが評価の対象に加わるのです。

この点を利用しない手はありません。ポテンシャルをアピールするためには自分を磨き続けてきたことをアピールする方法が有効です。

自分で継続して取り組んできた内容をアピールしても良いですし、前職での経験から来るアピール内容でも構いません。ポテンシャルを採用担当者に感じさせる内容であればよいので、可能な限りこの点はアピールすることが採用に繋がります。

将来の姿が描けているか

次に紹介する評価ポイントは、将来の姿が描けているかというポイントです。

これは、若い第二新卒の応募者だからこそ評価されるポイントでもあります。自分の将来についてどのように考えているかを評価することによって、その応募者のやる気や考え方を知ろうとしているのです。

自分のキャリアプランを聞かれているとも言えます。どのようなキャリアを積んで将来的にどんな仕事に取り組みたいか、ということが論理的に説明できれば高い評価をもらうことができます。

柔軟性があるか

次に紹介する評価ポイントは、柔軟性があるかというポイントです。これもまた、第二新卒特有の評価ポイントです。

前職での勤務経験が少ないために、前の企業の考え方や理念にそこまで染まっていないと思われるために、柔軟性を持っていることが第二新卒の応募者には求められます。

もともと採用担当者側も第二新卒を採用する理由は、最低限のビジネスマナーを備えており、フレッシュで企業のカラーに染めやすいという理由が主な内容です。

このために、柔軟性を持たない応募者は選考から落とされてしまうので注意が必要です。

志望動機や自己PRなどで、色々な経験を積んできたがまだまだ不足していると感じているので新しい環境に入って勉強したい、という方向性の内容で主張すると柔軟性をアピールすることができます。

第二新卒の転職を成功させるためには

それでは、実際に第二新卒として転職を成功させるためには、どのような点が必要になるのでしょうか。

成功している人の多くは、すべてではありませんが以下のようなところに配慮しながら、転職活動を行っています。

これらを少しでもマネするようにして、転職を成功させるように取り組んでいくことが大切です。次のような点があります。

  • 将来のビジョンを明確にする
  • スケジュールを作成する
  • マイルールを定める
  • ポジティブな表現を用いる
  • 転職活動が長引くリスクに備える
  • 自己分析を徹底的に行う
  • 社風を確認しておく
  • 転職エージェントを使う
  • 選択肢を狭めない
  • リスクがあることを把握する
  • 行動をすること
  • アピールするポイントが明確にある
  • 企業研究にきちんと取り組む

それでは、1つ1つ詳しく確認していきましょう。

将来のビジョンを明確にする

初めに紹介する成功するためのポイントは、将来のビジョンを明確にすることです。成功する人は、具体的な目標を持っていることが多くこれに向かって矛盾なく前進して行く傾向にあるために、成功しやすいと言えます。

面接において将来的にどのように働いていきたいか、あるいはどんな仕事をしたいかと問われた時に答えに窮するようでは話になりません。今できることは把握しつつも、自分が将来どのような仕事に携わりたいかを答える必要があります。

もちろん将来のことですので、そこまで具体的に数字や内容を含めて述べることは難しいため必要とはされません。ただし、大筋としてどのようなキャリアを積んでいきたいか、という点については明確に語る必要があります。

スケジュールを作成する

次に紹介する成功するためのポイントは、スケジュールを作成することです。これは、自分の行動計画についてきちんと管理ができるかどうか、という点も併せて見られていると考えましょう。

転職活動に費やす期間は、およそ3カ月から半年程度です。その間に自己分析や企業研究といった自分自身が行う準備と、書類選考や面接といった実際の選考に臨む事になります。

スケジューリングの能力を身につけることによって、自分が今何をすべきなのか、どのような転職の流れになっているかを視覚化することができ、次の行動を考えやすくなっていきます。

また、実際の面接に臨む場合も仕事に対するスケジューリングや進捗管理といったことを求められる傾向にあるので、この能力は自分自身が管理するためだけではなく仕事においても活用することができるのです。

マイルールを定める

次に紹介する成功するためのポイントは、マイルールを定めることです。言い換えれば、転職活動を進めていく中で、自分が何を一番大切にしているのかをきちんと頭の中で把握しておくことです。

転職活動を通じて何を成し遂げたいのか、という点を反映したルールを作成すると自分自身が動きやすくなります。いわば転職活動の軸を決めておくという意味でもあります。

年収アップを狙う場合と職場環境の改善を狙う場合とでは、転職活動中に受験する企業を選ぶ際にも違う基準を用いることになります。目的が違うので、当然手段も異なってくるということになります。

この点をきちんと定めておかないと、自分自身が納得いかない結果しか生み出せないばかりか、面接に臨む際にきちんと採用担当者に転職する理由を説明できない、ということになります。

そのような状態で面接を受けても、合格する確率はかなり低くなってしまいます。このためにも、きちんと自分自身でルールを明確に決めておくことが求められます。

ポジティブな表現を用いる

次に紹介する成功するためのポイントは、ポジティブな表現を用いることです。これは、書類選考でも面接でも、両方で求められる能力であると言えます。

第二新卒の応募者の場合、説明が難しい項目は前職を離職した理由です。実際の理由は何であれ、それらを上手に脚色してポジティブな内容に変換して記載したり述べたりする必要があります。

ブラック企業に就職してしまい仕事がキツかったから、あるいは何となく前職は自分に会っていないと感じた、というような書き方では到底採用されることはありません。

例としてブラック企業の場合では、労働環境の実態などをそのまま伝えるのではなく、その場所で自分が成長した内容や、学習した経験などを述べるようにすることが良い回答です。

本音で回答したい気持ちはあるとは思いますが、企業の採用担当者は上記のような言い換えや建前をきちんと作成できるか、という点も評価の対象にしています。そのために、それに沿った回答内容を作成してアピールするようにしましょう。

転職活動が長引くリスクに備える

次に紹介する成功するためのポイントは、転職活動が長引いてしまうリスクにきちんと備えておくということです。

一般的には転職活動は3カ月から6カ月程度の期間を費やして行います。しかし、実際にはより時間がかかってしまうケースも少なくありません。

転職活動自体にもお金がかかります。スーツのクリーニングや面接を受けに行く費用に加えて、日々の生活の費用がかかります。長引けば長引くほど、十分な資金がなければ困窮してしまうことになります。

こうした点に焦りを感じてしまい、本来自分が取り組みたかった転職活動の方針から外れて、採用してくれるならどこでもよいという感覚で取り組んでしまう応募者が一定数見受けられます。

しかし、このような転職活動は往々にして自分の納得のいくものではないために後悔することも多く、もっと悲惨な例では前職よりも年収が下がってしまうこともあります。

このようなことを防ぐためにも、転職先が確定するまでは今現在働いている職場を退職しないことが理想的です。

お金の面だけではなく、社会との接点や人とのコミュニケーション力を維持するという意味でも勤務を続けることは有意義なことです。退職してしまうと、これらの環境が一度に全て失われてしまうからです。

自己分析を徹底的に行う

次に紹介する成功するためのポイントは、自己分析を徹底的に行うことです。第二新卒以外の転職希望者にも当てはまることではありますが、立場の弱い第二新卒の応募者はなおさら徹底して取り組む必要があります。

自己分析を行う過程で、転職活動の軸から自分が取り組みたい仕事まで全てについて自分で考え決定することになります。当然採用担当者からもこれらの事項は面接でほぼ確認されることになります。

自己分析を行うことによって、自分の意思を明確に再確認することによって転職活動の軸をゆるぎないものにすることができます。こうすることによって、自分の転職活動が一貫性のあるものとなり、それは各種行動に表れてきます。

その内容が最終的に採用担当者から評価されて採用をもらうことになります。自己分析ができていない応募者は、どこかでズレが生じてくるので矛盾が生じやすくなってしまいます。この点を採用担当者は見逃さすことはまずありません。

自分が納得する転職活動にするためにも、さまざまなポイントから隙のない自己分析を行い、ブレのない軸を形成することを心がけましょう。

社風を確認しておく

次に紹介する成功するためのポイントは、社風を確認しておくということです。これは、転職活動においてのみ行うことができるポイントでもあります。

新卒の応募者の場合には、応募した企業が飲食店を運営しているなどの実態を確認しやすい場合は、それらのお店の雰囲気から社風をはじめとする雰囲気を確認することができますが、それ以外の場合は基本的に入社してみるまではわかりません。

ですが転職の場合には、これらの雰囲気を面接での質問などから推し量ることができます。社風以外にも人間関係の雰囲気や、自由に意見を言うことができるか、といった内容も工夫をすれば質問をすることができます。

新卒の応募者の場合でこうした質問をしてしまうと、採用担当者からやる気を疑われたり生意気だと思われてしまいます。社会人としての経験がある第二新卒をはじめとする転職希望だからこそ、こうした質問をすることができるとも言えます。

転職エージェントを使う

次に紹介する成功するためのポイントは、転職エージェントを使うことです。

転職エージェントとは転職を希望する応募者に対して応募先の企業を斡旋したり、応募者の志望動機や自己PRをはじめとする応募書類の添削を担当し、より良いものに仕上げていく役割を果たす人たちのことです。

新卒の段階では、この役割を担当する期間は学校の学生課や就職指導課です。転職希望者には、リクルートなどをはじめとする転職エージェントがこうした役割を担います。

彼らは、現代の転職活動を知りつくしたプロでもあります。最近では、第二新卒の応募者を専門に扱う転職エージェントも誕生してきています。つまり、それだけ高い需要があると言うこともできるのです。

こうした転職エージェントからのアドバイスにどの程度耳を傾け、軌道を修正していけるかによって転職活動が成功するかどうかが決まります。自分の希望は伝えつつも、アドバイスを活用しながら転職活動に取り組むようにしましょう。

選択肢を狭めない

次に紹介する精臆するためのポイントは、選択肢を狭めないということです。これはどのような意味でしょうか。

転職する時には実際に企業に応募する前に、自分のやりたい仕事や転職の目的などを基準にして企業を選ぶ軸を決定します。この時に、あまりに条件を絞りすぎてしまうと転職活動がうまくいかなくなってしまうのです。

年収○○万円以上というような条件の絞り方が最も典型的な例です。ですが、多くの場合最初から希望する年収で仕事を探してしまうと、ごくわずかしか見つからないことが普通です。

年収アップを見込んで転職する場合には、多くの場合転職直後は年収が1割から2割ほどは下がることを覚悟した上で臨まなくてはなりません。最終的に、転職先の企業で数年程度勤務して、初めて前職よりも年収が上がる可能性があるからです。

それ以外にも、職種の幅を大幅に狭めることも同様の結果を生み出してしまいます。営業といった数多くある職種であれば可能性は広がりますが、○○の営業と条件をつけるだけで求人数は大きく減ることになります。

これらはほんの一例ですので、転職活動を開始する前に上記のように条件を絞りすぎずに、妥協できるところは妥協してバランス感覚を保つことが大切です。

リスクがあることを把握する

次に紹介する成功するためのポイントは、リスクがあることを把握することです。

これは転職活動に取り組む事自体にもリスクがあることを承知して、取り組んでいるかどうかということです。第二新卒の応募者は、何らかの理由で既に前職を離職している場合も少なくありませんが、基本的にはリスクがあるのです。

現在の職業で働きながら転職活動に取り組む、ということもこのリスクの考え方があるためです。転職するために挑戦したが、結局良いところから採用を得ることができなかった、という状況の時に現職で働いていれば収入は保たれます。

しかし、一度離職してしまうと退路がなくなってしまうために後がないことになります。失敗したときにその後どうすればよいのか、という問題に直面することになります。リスクマネジメントができているかどうかが大切になります。

いわばうまくいかない可能性もあるという覚悟を持って取り組んでいるかどうかの話になります。成功する人は、往々にして今より絶対良い職場に転職する、という覚悟を持って取り組んでいる人が多いのです。

行動をすること

次に紹介する成功するためのポイントは、行動をすることです。とにかくやってみることも、成功するために必要なポイントです。

もちろん、始める前には転職活動を通じて自分はどうしたいのかを決めておかなければなりませんが、完璧に決められることはほとんどありません。大筋の方向性を決めて取り組んでいく中で、徐々に方向性が定まっていくことも多いです。

一番よくないことは、計画の段階で二の足を踏んでしまい行動に移さないことです。まず、行動しなければ結果も何も発生しないためです。

行動することによって得られる経験から、よりよい転職活動についても知ることができるようになります。最終的に採用を得ることが目的であることは確かなので、その過程を多く経験することが結果的に採用を得るための近道になります。

アピールするポイントが明確にある

次に紹介する成功するためのポイントは、アピールするポイントが明確にあることです。これは、転職活動だからこそ求められるポイントでもあります。

第二新卒の応募者は、この点で苦労することが多いです。なぜなら、アピールするポイントがほとんどない場合が多いからです。

しかし、第二新卒の応募者でもポテンシャルやビジネスマナーなどの面では前職での経験という形でアピールすることができます。通常の転職者ではアピールポイントにはなりませんが、ここでは第二新卒という立場を活用することができます。

新卒の応募者と比べて社会経験があり、前職で学んだ経験を活用して頑張ります、という方向性でアピールする応募者は採用担当者からの印象も良く、結果的に転職に成功しやすいと言えます。

企業研究にきちんと取り組む

次に紹介する成功するためのポイントは、企業研究にきちんと取り組むということです。これは、新卒の応募者でも同様ですが第二新卒の応募者の場合には、より一層細かい企業研究が求められます。

この段階で得られたことを志望動機や自己PRにどれだけ反映できるかによって、最初の書類選考を通過できるかどうかが決まります。書類選考の通過率は1割から2割程度しかないために、しっかりした企業研究に取り組む事が求められます。

また面接の場においても、応募先の企業がどのような企業であるかをさまざまな面から確認されるので、なぜ応募先の企業が自分の備えている能力や経験とマッチしているのかを論理的に説明できるようにしておく必要があります。

そのために企業研究に取り組むと考えても間違いありませんので、採用を得て勤務する上でも企業のことについてはできる限り詳しく調べておくようにしましょう。

成功のためには妥協できるところの見極めも大事

第二新卒の応募者が成功するために必要な点についてまとめましたが、第二新卒の立場は非常に厳しいことが現状です。

そのために、全ての項目を踏まえる必要はありませんが転職活動に成功している人たちがどのようなことに取り組んでいるかを知ることが、まず初めに取り組むべき内容です。

そこから、自分がマネできるであろうことを行っていき転職エージェントのアドバイスを受けながら、精度の高い志望動機や自己PRを作成していく必要があります。

募集する企業数も数多くあるとはいえ、転職市場全体から見れば少数しかないので完全に自分の希望と一致する企業を見つけ出すことは極めて難しいです。このために、妥協できるところと妥協できないところを明確化しておくことも必要です。

転職活動を成功させるためには、自分を置かれている現実を把握しつつもキャリアとしての将来を語る余裕が必要です。相反することでもあるので、バランス感覚が求められているとも言えます。

転職活動を成功させて意義ある人生を送るためにも、できることには全力で取り組み自分にとって納得のいく結果を残せるように取り組む事を心がけましょう。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
9月20日 13:25 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop