writer-ho」タグアーカイブ

第二新卒だからこそ!採用されるための具体的な行動と心得

就職活動を経験し無事に就職した後にも、時には転職を決意する場合もあります。通常は3年以上新卒の時に入った企業で経験を積み、その経験を活用する形で転職します。

しかし、昨今はブラック企業などが多くなったことで新卒として入社した企業に3年務めることは難しいパターンもあります。

こうした事情があり、3年以内に現職を辞めて転職活動に取り組んでいる応募者は一般的に第2新卒と呼ばれます。

新卒とも違いますが、転職者とも違う微妙な立場にあることが大きな特徴です。今回は、こうした第2新卒の応募者に必要な次の点についてまとめました。

続きを読む

面接中に採用側が見せる、手応えアリ!のサイン8つ

就職活動や転職活動において、内定や採用を得るためには面接で手応えを感じていることが必要不可欠です。

全体の7割から8割程度が、面接における評価で決まるという側面もあるためにここで評価を得ることが、内定や採用に大きく近づきます。

今回は、面接全般にわたっての内容と手応えに関する以下の内容についてまとました。
続きを読む

第二新卒の就活ガイド。第二新卒だからこそのポイントを網羅しよう

新卒としての就職活動に失敗して、大学の卒業式を迎える前までに就職先が決まらなかったということは近年よくある現象です。

近年は内定を多数獲得してどの企業に就職するのか悩む内定ブルーの学生と、内定が1つも獲得できないままいわゆる「無い内定」の状態で卒業式を迎えてしまう学生の極端な2極化現象がよく発生しています。

この場合選択肢として卒業する前であれば、わざと単位を落とすことによって留年をして新卒のカードをキープする手法と、卒業して第二新卒としてもう一年就職活動に取り組む手法があります。

今回はこのうち、卒業した後に第二新卒として就職活動をする際の有利な点と不利な点、そしてこれらの点を踏まえて活動する際の流れと注意点についてまとめました。
続きを読む

書類選考に通らない人の共通の特徴。ダメな原因を知り対策すべし

新卒として就職する場合でも、転職をしてより良い待遇を探す場合でも必ず避けて通れない選考過程が、書類選考です。

書類選考とは、主にエントリーシートをはじめとする履歴書の類と、筆記試験などのペーパーテストのことを主に表します。

インターネットが発達したことによって、各企業の採用担当者のもとには膨大な数の応募書類が届くようになりました。このため、書類選考を通過して面接にたどり着くことが一段と難しくなっています。

今回は、そのような書類選考で落とされてしまう人たちの問題点と改善点をまとめて、少しでも面接にたどり付けるように工夫すべき点についてまとめました。
続きを読む

面接に必要なコミュニケーション能力。採用側が見ているポイントとは

新卒の学生が取り組む就職活動においても、転職者が取り組む転職の活動においても面接が成功するかによって、内定を獲得できるかどうかが決まります。

さまざまなことを準備しておく必要があります。志望動機や自己PRなど定番中の定番の質問には、一度自分が作成した回答に3回程度は突っ込みを入れてより精度の高いものに仕上げておく必要があります。

しかし、よく必要だと言われる能力としてコミュニケーション能力があげられます。面接を突破するためには、最後にはこのコミュニケーション能力が必要だと言われます。

このコミュニケーション能力とはいったい何なのか、具体的に把握する必要があります。そこで、今回は次のようなことをまとめて、面接で高い評価を得るために必要なことをまとめました。

  • コミュニケーション能力とは何なのか
  • コミュニケーション能力を高めるためには
  • コミュニケーション能力を実際の面接で示すためには

では、それぞれ確認していきましょう。
続きを読む

一次面接完全ガイド。よく質問される順に例文とベストな回答を解説

新卒の学生が取り組む就職活動と社会人経験を経て取り組む転職活動において、共に避けて通れない選考が面接です。面接は、通常書類選考を通過した応募者に対して行われ、その人の性格や能力を確認するために実施されます

多くの応募者が受けなければならない就職活動と転職活動のメインの試験として行われ、通常7割から8割は各種面接での結果によって、採用されるかどうかが決まります。

通常選考のステップは、書類審査、一次面接、2次面接、最終面接と進みます。今回は、一番最初に行われる一次面接に焦点を当てて、採用担当者から尋ねられる質問の内容とその回答のポイントを知りましょう。
続きを読む

第二新卒の面接での質問例。新卒とは違うアピールポイントが鍵

現代では新卒やそれに類する第2新卒の応募者は、売り手市場であり数多くの募集があります。そのため、就職氷河期に比べると就職しやすい環境ではあります。

その一方で、応募者が企業の既定のレベルに達していなければ採用しない厳選採用の傾向も増えてきています。かつては、応募者の数が多く選ぶ余裕がある大企業によく見られる傾向でしたが、現在は中小企業もこの傾向が強まってきています。

このため、応募者が備えている能力やポテンシャルを上手にアピールするためにも基本的な面接のマナーとテクニック、そして準備をきちんとした上で臨む必要があります。

面接で一番準備が必要な部分は、面接で問われる質問とその回答を考えることです。その場で答えを求められる部分もありますが、多くはきちんと準備をすることによって乗り切ることができます。

そのためにも、面接の形式と具体的な質問内容を把握しておき他の応募者よりも一歩優れた高い評価を得るように心がけましょう。
続きを読む

転職活動の期間は3ヶ月~半年を目安に!スケジュールと準備するもの

現代では新卒時に入社した企業に一生勤める終身雇用制度が崩壊したこともあり、昔に比べてより多くの人が転職に挑戦しています。

しかし、新卒の学生が行う就職活動に比べてるとまだ一般的に馴染みが薄いものになるために、いざ転職活動に取り組む際にどのように行動すればよいかが分からない場合も多くありません。

ここでは、そんな方々のために、転職活動の期間を把握して転職を成功させるためにはどのようなポイントが必要なのかをまとめました。
続きを読む

【パターン別】面接で採用側が見ている、聞いているポイントはここ!

新卒の学生が行う就職活動と社会人が行う転職活動のほとんどの評価は、面接で決まります。書類審査や筆記試験も選考の対象として入りますが、これらはあくまで足切りであり本格的な評価をするためのものではありません。

大手企業の場合には、このような足切りで数多くの応募者が落とされることもありますが、中小企業の場合にはそれほど厳しくないことも多いです。

採用されるかどうかの評価の全体の割合としては、8割以上が面接で決まります。つまり、言い換えれば面接での評価が低いと採用に繋がらないのです。

では、どのように取り組めば面接で高い評価を得られるのでしょうか。どのようなポイントを押さえれば、内定を勝ち取ることができるのでしょうか。

ここでは、各面接で問われている主要なポイントを押さえて少しでも内定に繋げるためにはどうすればよいかをまとめました。
続きを読む

【例文あり】志望動機が思いつかない時の4つのポイント

就職活動と転職活動において、書類審査や面接をはじめとする各種選考において最もベースとなる内容が志望動機です。

なぜ他の企業ではなく、特定の企業に入りたいと考えるようになったのかが問われているのです。業界内の会社ならばどこでもいい、というわけではないからです。

とはいっても、面接の場所で必ずといっていいほど問われる「第1志望ですか?」という質問では、たとえ嘘であっても回答は「第1志望です」という回答しかないように、ある程度、志望理由は装飾する必要があります。

ここでは志望動機が思いつかなくて悩んでいる方々のために、志望動機を書くときに気をつけるポイント、志望動機から採用担当者は何を見抜こうとしているのか、そして最終的にどのように作成すればよいのかをご紹介します。
続きを読む