給料・手取り・月収は全部違う意味?額面でみるお金の話

お給料の話題で耳にすることがある「手取り」。

実は、応募先の企業で提示されている月収と手取りはちがいます。

就職・転職活動で「給与が約束されていた額より少ない・・・」なんてことにならないように、言葉の意味を正しく理解しておきましょう。

今回は意外と知らない手取りのあれこれについてまとめました。

給与と手取りはどう違う?その言葉が指すお金の意味

似ている単語ですが、「給与」と「給料」の意味は実は違います。

  • 給料
  • 手取り
  • 年収
  • 控除

など、家族の扶養として暮らしていたときは気にならなかった言葉も、自分でお金を稼ぐようになると正しい意味を知りたくなりますよね。

細かい言葉のちがいについてご説明します。

会社から支給される総額=給与

まず私たちが一般的にいう給与からご説明します。

給与は「額面給与」や「総支給額」などさまざまなよばれる方をすることがあり、主に基本給+諸々の手当を指します。

税金などが引かれる前の会社から与えられるすべての金額です。

ややこしいのですが、「給与」と「給料」も実は言い方がちがうだけの同じ意味ではありません。

給与は先ほどご説明したとおり会社から受け取るすべてのお金を指しますが、給料は基本給のみを意味します。

つまり給料は給与の一部なのです。

基本給は、その会社に勤務することで受け取ることのできるお金です。

金額は、勤続年数や年齢で決まることもあれば、職務内容や能力によって決まることもあります。昇給や役職が上がることがない限り、一定金額のままです。

基本給はあくまで基礎となる給料と覚えて下さい。

手当には、

  • 残業手当
  • 家族手当
  • 住宅手当
  • 役職手当
  • 出張手当

など、さまざまな種類があります。

ほかにも、超過勤務手当は残業代の一部ですが、休日出勤や深夜残業によって金額が割り増しされた手当です。また、業務上必要な資格を取得していることでもらえる資格手当を支給する会社もあります。

会社によって細かく分けられた独自の手当てがふくまれることもあるので、確認してみましょう。

就職・転職活動で企業を選ぶとき、これらの充実した手当をアピールポイントにしている企業もあるので、応募先の企業にどのような手当があるのかまずはチェックしてみてください。

給与-(基本給+手当)=手取り

では「手取り」とはどういう意味なのでしょうか。

手取りは所得税・住民税などの税金や、年金・健康保険料などの社会保険料を控除という形で給与から引いたものを指します。

「可処分所得」や「差引支給額」とよばれることもあるので、覚えておきましょう。

つまり、私たちの手元に残る金額が「手取り」とよばれるものなのです。

会社にもよりますが、一般的なサラリーマンは給与として支給された金額の75~80%ほどが手取りとなります。

転職先の月給として提示された金額をそのまま受け取ることができるわけではないので、注意してください。

また、月給と月収も意味が異なります。

月給は一か月単位で決められている賃金を指します。

基本給+諸々の手当てが月給となるのですが、一か月単位で決められている手当なので、変動する通勤手当や残業手当はふくまれません。

会社から与えられた総支給額を指す給与とは少し意味がちがうので、間違えないようにしてください。

月収は年収を12分割にしたものです。その年に支払われたボーナスなども月収に入ります。

志望している企業の募集要項が月収を提示しているのか、月給を提示しているかによって、手取りも変わります。正しく理解して応募しましょう。

控除対象は大きくわけて「税金」と「社会保険」

  • 所得税
  • 住民税
  • 社会保険
  • 健康保険
  • 介護保険
  • 厚生年金
  • 雇用保険

など、給与から天引きされる税金や社会保険はたくさんあります。

会社から支給される給与をそのままもらえればいいのに・・・と思う人もいるかもしれませんが、このさまざまに控除される項目にはひとつずつ意味があるのです。

健康保険や年金、住民税は、一度金額が決まると一年間そのままの金額です。しかし所得税はその月に支給された総支給額によってかわります。

残業が多かった月は多めに引かれたり、年収が高いほど税率も高くなる累進課税方式です。

みなさんは年末調整という言葉を聞いたことがありませんか?

これは、給料支払い時に「源泉徴収」という形で引かれていた税金を、年末調整で1年分の正確な税額が算出されることを指します。

また、怪我や病気で病院へいったとき、私たちが支払う金額は実際の3割ほどですが、これは健康保険料が控除されているおかげです。

さらに、介護が必要になったとき、1~2割の負担でサービスを受けるための保険を介護保険とよびます。

厚生年金は、将来年金をもらうために払う掛け金であったり、失業したときに失業給付などを受けるための雇用保険など、会社が負担する金額や控除内容もさまざまです。

そのほかにも、会社によっては労働組合費や退職金の積み立て金、社宅の家賃なども引かれる場合があります。

同じ金額の給与でも、養っている家族の人数などによって手取りの割合はちがうので気をつけてください。

控除されているさまざまな税金や社会保険は、私たちの生活を守ることにもつながっています。

給与明細書をじっくり見てみよう

一般的な会社であれば、給与明細書を見れば会社から支払われている給与に関するさまざまなことを知ることができます。

最近は給与明細をパソコンにログインしてみることができる形式になっていることもあるので、金額を確認するだけではなく、細かい点までチェックしてみましょう。

社会人として給料をもらう立場なら、何も考えずに振り込まれるものを受け取るのではなく、なぜこの控除があるのか、なぜこの金額かなど、きちんと理解しておくことが大切です。

特に就職・転職活動をしている人は、給与や手取りについて知らずにいると、募集要項で提示されていた給与と実際に手元に残る金額がちがう!ということにもなりかねません。

また、転職活動中、応募先の企業に前職の年収を聞かれることもあるかと思います。

前職の年収は、手取りではなく、残業代やボーナスなどをふくめた一年間に支給される金額の合計である給与を答えましょう。

私たちが求人広告をみるときに記載されている給与額は、税金や社会保険料が引かれる前の金額です。

実際に手元に残るのは控除されたあとの金額なので、気をつけてください。

給与や税金など、お金に関することについて話すことをためらう人もいるかもしれませんが、給与や手当は生活していくうえでとても大切なものです。

なにか疑問があれば、まずは会社に問い合わせてみましょう。