30代での転職を成功させるポイント5選

0 コメント
twitter
はてな
facebook

30代での転職で大切な事は新卒若手社員との違いをどこまで出せるかです。若さや賃金の安さといった点では、新卒の方が有利なのは明白ですので、すでに社会経験を十分に積んだ30代としての強みを活かすことが非常に重要になります。

 今回の記事では、そんな30代での転職を成功させるために、必要である5つのポイントを紹介していきたいと思います。

30代の転職を成功させるためのポイント

ビジネスマナーが完全に身についている

即戦力として早い段階で活躍を期待される30代での転職では社会人としての経験がすでにあるので、名刺の渡し方、電話対応、挨拶、言葉遣いから、飲み会や食事の時まで含めた基本のビジネスマナーを完全に理解している事が必須です。

仕事の具体的な内容において、能力があることも非常に重要ですが、それ以前の問題としてビジネスマナーが大切です。

それは面接時にも様々な部分で確認される事になり、いくら能力が高くてもビジネスマナーのない30代は信用度が低くなると思います。

ビジネスマナーは、社会人経験のある人なら、20代であっても、必須と言えるため、30代で身についていないというのは、致命的になります。

 

マネジメント経験がある

30代といえば中間管理職であり、若手社員や契約社員等のマネジメント経験についても、求められます。

複数の人を管理するという事は自分の仕事ができる以上に難しい能力であり、リーダーシップを発揮した経験があるというのは若手にはない重要な能力となります。

また、人だけではなく在庫やデータといった物理的な物の管理も重要な仕事となり、人と物を含めた管理能力が大きな武器になる事を考えなくてはなりません。

30代での転職は自分の仕事ができるだけでは足りない事をよく把握する必要があり、その中でも多くの人を動かせる力は魅力的な能力であり、将来的に大きな仕事を任されたり、課長や部長といった幹部クラスとして期待をかけてもらえるかは、管理能力の有無に左右される事が多いと思います。

そのため少しでも部下を使い管理した経験があれば、転職時にもその事をアピールできるよう工夫する事が重要であると考えます。

[ad#a]

 

特定分野における専門スキルが身についている

スキル

これは業種にもよりますが、最低限のPC知識としてワードやエクセルでの資料作りやプレゼン能力、メール対応といったビジネス上のスキルは当然として、業界、業種ならではの専門的なスキルを身につけておく必要があります。

例を挙げると、営業の能力、デザインや商品名、キャッチフレーズを考えるなど、クリエイティブな能力、または、資格を獲得していたり、実務経験によって得られたノウハウなどになります。

自分の希望する職種やポジション、年収などの待遇を得るためには、この専門スキルというのがある意味では1番重要な事になるかもしれません。

多くの人ができる仕事だけでは、“自分でないといけない”という価値を出すことができず、思い通りの転職は不可能になります。

採用側の観点から考えても、普通の人にはない特殊なスキルを持っている人は需要が高く、またその会社に不足している部分を補う事ができる能力を探しています。

 

人脈がある

どんな仕事をする上でもうまく使いたいのが人脈です。取引先や仕入先といった直接的な人脈も大切ですが、特殊な能力をもったスペシャリストや困った時に相談できたり、協力してくれる人をどれだけ多く持っているかが重要です。

自分だけですべての項目において高い能力をもてれば1番良いですが、そんなスーパーマンはなかなかいません。経理や営業、生産や管理といった多種多様な仕事がある社会において、各項目で大きな力をもつ人材と多くのパイプを築く事が、社会人としての自分の力の1つであると考えます。

これも社会にでたばかりの若手にはなかなか作れないものであり、また30代40代であっても普段から人脈作りをする意識をもたなくては深い関係になる事は簡単ではありません。

困ってからでは遅いので普段から人脈作りを重視した仕事をするべきであり、また優秀な人達から必要とされる人材に自分がなる事も大切になってきます。

[ad#b]

 

30代の転職に強い、転職エージェントを利用する

転職先を探す方法はいくつかありますが、私は転職エージェントを利用する事が成功の近道だと思います。自分のこれまでの経験や持っている力が大きかったとしてもそれを希望する企業側に伝わらなければ意味がありません。

また、自分の能力を必要としてくれる企業を探してもらい、お互いに求めている部分が一致しているかを見極めてもらう事で時間的なメリットもたくさんあると思います。

ただし転職エージェントにも会社や担当者によって能力も違いますし、把握している企業も当然違います。そのため、20代の若手の転職ではなく、30代の転職に強い、エージェントを利用することが大切になります。

 

まとめ

30代の転職は、20代の転職と比べて、求められるレベルがぐっと高くなります。

普段の仕事から、専門性、マネジメント能力を身に着けることを心掛けることはもちろん、30代に強い転職エージェントをうまく活用して、転職成功に繋げてください。

 

こちらの記事も参考にどうぞ

35歳の転職を成功させるポイント【パターン別に解説】

30代で仕事ができない人の特徴と、できる人になるための対応策

30代無職が就職するためのポイントとおすすめの資格

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
12月19日 22:58 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop