労働組合に加入するメリット、加入しないデメリットとは?

労働組合がある会社(企業)に入社し、加入するメリットと、労働組合がない会社(企業)に入社する、もしくは加入しないデメリットについて記載していきます。

労働組合に加入するか迷っている人は、是非参考にしていだければと思います。

労働組合がある会社(企業)に入社し、加入するメリット

会社に団体交渉することで意見が通りやすい

労働組合において団体交渉とは、労働組合と会社間で、労働協約の終結などの事項に関して交渉をするということです。

日本国憲法の第28条及び労働組合法に従った手続きで、労働組合側は会社に改善してほしいことなど意見を伝えます。会社側がこの交渉を正当な理由もなく拒否する場合、不当労働行為により会社側が不利になるのです。

また、団体交渉は労使の対立を前提にしている制度ですから、交渉が決裂したときは、労働組合側はストライキなどを行うことがあります。こうしたことから、労働組合に入ることで労働者側の意見が通りやすくなるのです。

 

会社側の一方的な要求を押し付けられない

会社側が身勝手な経営により残業代を支払わなかったり、パワハラやセクハラなどで社員を追いつめていると、労働組合側はその要求から逃れようと動きます。

団体交渉に拒否すれば法律違反になることからも、会社側が労働者に対して一方的になりにくいのです。つまり労働組合のある会社は、労働者が働きやすい環境であるというメリットも存在します。

 

リストラなど不当解雇への抗議がしやすい

会社側がリストラなどの不当解雇を起こした場合、勿論労働組合は黙っていません。組合員での抗議行動により、会社側に損なことになるのです。

1人きりでは会社へ訴えることができなくても、労働組合という盾があれば団体交渉まで持ち込むことは可能でしょう。それにより不当解雇を防ぐこともできるのです。

 

労働環境の改善に役立てることができる

残業が多い、ボーナスや給与が少ない、そういった労働環境の改善も、団体交渉で会社側へと訴えることができます。とくにボーナスに関しては、一時金闘争などにより、会社側へボーナスアップや家賃補助金などの要求を行うのです。

残業が多すぎるならそれを減らす交渉から、ボーナスや給与、福利厚生の改善まで、個人では難しい交渉が労働組合ならば出来るようになります。

 

仲間ができるので心強い

会社によっては勤めている社員は皆、労働組合に加入しなければならないというユニオンショップ協定により、嫌でも労働組合に入ることがあります。

一見面倒そうなユニオンショップ協定ですが、労働組合に加入しているということは何か起きたときに自分以外に頼れる仲間がいるとも考えられるのです。とても1人では交渉に持ち込めなくても、労働組合からの団体交渉なら会社も要求を飲むしかありません。

[ad#a]

 

労働組合がない会社(企業)に入社する、もしくは加入しないデメリット

給与やボーナスが下がっても文句を言えない

労働組合がない会社(企業)に入社する、もしくは加入しないことを選んだ場合、給与やボーナスの支給額が会社都合で下げられたとしても、何も文句を言えなくなってしまいます。

会社側に訴えたところで、役職のない一般社員の言葉がトップまで届くことは滅多にないのです。会社の都合に振り回される、という事態もあり得ます。

 

残業や休日出勤などの改善が難しい

残業時間が年間200時間以上であろうと、休日出勤によりまともに休みが取れていなくても、そういった労働環境の改善が難しい、というデメリットが出てきます。

給与やボーナスと同じく、会社や上司の都合で疲労させられやすいことから、労働組合がない会社(企業)に入社する、もしくは加入しないでいると、いつまでも劣悪な環境にいることになるという心配もあるのです。

 

不当解雇されても訴えが通りにくい

例えリストラされたとしても、個人で会社側に訴えるということはかなり難しいでしょう。弁護士を雇うにもそれなりの費用がかかりますし、1人だけの訴えでは会社側に簡単にもみ消され、泣き寝入りするという結果も考えられます。

リストラは突然やってきます。労働組合に加入することでリストラなどの事前情報を手に入れることもできますが、労働組合に加入していない人はそういった情報さえ手に入れるチャンスがないのです。

[ad#b]

 

パワハラなどの問題が軽視されやすい

労働組合は労働環境を改善するために活動しています。そんな労働組合がない会社に勤めている、もしくは労働組合があったとしても加入しない場合、パワハラなどの問題が起きやすくなってしまうのです。

より良い環境で問題なく働きたいと思っていても、自分の意見が通りにくいことで要らない心労を抱えることになるでしょう。労働組合がない会社(企業)に入社する、もしくは加入しないということは、結構なデメリットも存在します。

 

仲間がおらず孤独を感じやすい

労働組合に加入することで、社内の今まで関わりがなかった部署の人とも知り合うことができます。同じグループに所属する、仲間ができる、いざという時に頼りになる仲間がいるということは、かなり心強いことなのです。

しかし労働組合がない会社(企業)に入社する、もしくは加入しないという選択により、何か起きても1人で戦わないといけない、または労働組合に入っている人と入っていない人の間で交流が途絶えてしまうというデメリットもあります。