【大卒フリーター】男女別の特徴、正社員への就活成功のポイント、おすすめの資格

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事では、奨学金や税金の負担など、大卒フリーターが辛い理由、男女別の大卒フリーターになる人の特徴、正社員への就活を成功させるためのポイント、おすすめの資格などを記載していきます。

大卒フリーターが辛い理由

奨学金や税金の負担

税金の支払いに加え、大学の奨学金まで圧し掛かる大卒という身分、フリーターの給与ではそれらが賄えないと辛い思いをする事があります。

特に1人暮らしをしている大卒フリーターの場合、家賃や光熱費、食費や携帯代なども支払わなければいけないので、負担はより大きいでしょう。

 

周りの目や世間体が気になる

大卒フリーターだと、親からは「いつになったら就職するのか」とせっつかれ、友人や元同級生からは冷たい目で見られがちです。

ニートではなくアルバイトの収入はあるものの、定職に就いていないというだけで、世間体が気になってしまうのです。

 

面接での回答に困りやすい

大卒フリーターという事は、貴重な新卒切符だけではなく、第二新卒切符まで自ら捨ててしまっているという事です。

一念発起していざ就職活動を始めたとしても、企業側としては「どうして大卒フリーターに甘んじていたのか」が気になる所でしょう。

「何故、大学在学中または既卒ですぐに就職活動をしなかったのか」と面接時に問われ、その質問にしっかり答えられないという大卒フリーターもいるのです。

[ad#a]

 

女性で大卒フリーターになる人の特徴

なりたい職業がなかった

大学もただただ「遊び気分」で何となく決めてしまった、在学中も特に就職活動をせず、卒業する頃にも「どんな職に就きたいのか」が解らなかったのでしょう。

漠然とした夢も見つからず、自分は一体どんな仕事をしたいのかが不明瞭なまま卒業してしまい、そのままずるずると大卒フリーターを続けているというパターンです。

 

何とかなると思っていた

実家暮らしをしている女性大卒フリーターで多いのが、「フリーターでも何とかなると思っていた」せいで大学を卒業しても現状維持を続けているというパターンです。

親元で暮らしている為にそこまで必死に働かなくとも食べていけますから、「就職活動をする」という現実感がない場合があります。

そんな甘い心持ちのままで大学を卒業してしまい、「何とかなるだろう」が「何とかならなかった」ので、大卒フリーターを続けてしまっています。

 

やむを得ずなってしまった

家庭の事情、また本人の能力やスキル、住んでいる地域的な問題で「やむを得ず大卒フリーターになってしまった」というパターンもあります。

本人としては就職したいという気持ちがあったものの、しかし就職先が見つからないという問題に直面し、なりたくない大卒フリーターになってしまったのでしょう。

 

男性で大卒フリーターになる人の特徴

夢を追っていた

「アーティストになりたい」、「自分のバンドで成功したい」などの夢を追い求め続ける為に、敢えて大卒フリーターの道を選ぶ人もいます。

夢追い人タイプは「いつかは必ず夢が叶う」と思って大卒フリーターになるのですが、中には夢を追う事を大義名分、言い訳にしてしまっている事もあります。

 

アルバイトやサークルで時間がなかった

大学在学中に勤めていたアルバイト先で人手が足りないせいでシフトを多く入れられ、就職活動の時間を作れなかったというパターンです。

また、大学のサークル活動に専念し過ぎてしまったあまりに、大卒フリーターになってしまったという人もいるでしょう。

目先の事しか考えられず、「大学卒業後の事」を想像できなかった結果、大卒フリーターの道を歩む事になってしまったのです。

 

妥協できなかった

「あの就職先の方がいいかも」「この就職先の方がレベルが高い」と、就職先に妥協できなかったせいで大卒フリーターになったというパターンもあります。

大抵の人は自分の理想通りの就職先がないという事に気づいて妥協しますが、「絶対自分はこんな条件の会社じゃないと就職したくない」と思ってしまうのでしょう。

時には必要な妥協ができなかった、理想と現実のバランスを取れなかった事が大卒フリーターに繋がってしまうのです。

[ad#b]

 

大卒フリーターが正社員への就活を成功させるポイント

大卒から3年以内に就職を目標とする

大卒フリーターを5年6年といつまでも続けていては、面接の際にあまり有利に働きません。大卒から最低でも3年以内に就職する事を目標として、早め早めに就職活動を行いましょう。

期限を設けず「いつかは就職できる」と呑気に構えてばかりいては、いつまで経ってもそれが叶いません。

 

ある程度の妥協は大切

自分の理想通りの就職先を探すのも結構ですが、しかし時には妥協も必要です。

あまり条件を付け過ぎると折角の好条件も逃してしまいますから、就職先へ求める条件は最低3つまでに絞りましょう。

 

面接で好印象を与える

大卒フリーターという印象を好印象にする為にも、面接ではハキハキと、しっかり相手の顔を見て受け答えしましょう。

「~だから大卒フリーターになってしまった」とネガティブに答えるのではなく、「~する為に大卒フリーターになりました」とポジティブに答えるのです。

短所を長所に転換させてこそ、大卒フリーターでも面接を突破して就職成功するでしょう。

 

大卒フリーターにおすすめの資格

日商簿記検定1、2級

会計事務の仕事で役立てる事ができる資格です、事務系の仕事に就きたいと思ったらおすすめです。

資格も2級ならば1年以内の勉強で取れるレベルなので、就職活動しながら取得しておきましょう。

 

宅地建物取引主任者

難易度の高い国家資格ですが、これは不動産業に就職する際に非常に有利となる資格です。

実は不動産取扱店では宅地建物取引主任者という資格を持っている人を5人に1人の割合で置かなければいけませんから、持っていると大変役立ちます。

 

基本情報技術者

ITエンジニア(SE)はいつの時代も人手不足です、そんなIT系の仕事に就くにはおすすめの資格でしょう。

IT系に就職していずれは一人立ちしたいと思っている貴方にも役立つかと思います。

 

フリーターから正社員を目指そう!

ビジネスマナーやスキルの面で比較されてしまい、これまで正社員だった人に対してフリーターは不利であるとされています。

基本的なビジネスマナーの対策や、スキル研修を受けることができるフリーター向けの転職サービスを利用することで、そういったハンデを軽減することができるため、是非うまく活用していくことをおすすめします。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月19日 11:57 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop