車

【中古車業界】現状・課題・今後・年収(給料)・売上シェア・就職(転職)するときの注意点

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事では、中古車業界の現状や課題、今後の動向や年収、給料などについて記載していきます。

また、各中古車業界の売上シェア、就職・転職するときの注意点やポイント、志望動機も紹介していきますので、是非参考にしていただければと思います。

中古車業界の現状、課題、ニュース

車離れが進むが、中古車需要は多い

消費税や自動車税など税金負担も高くなり、年々家計の負担に占める車の維持費が高くなり、車を持たないと言う選択をするユーザーも増えてきました。

しかし、車が生活をしていく上で必要な地域がある事も事実です。

近年、中古車の質も高くなり新車を購入せず中古車を選択し、少しでも家計の負担を減らすため中古車の需要は多くなっています。

 

中古車輸出市場が伸びている

日本車は海外でも頑丈で質が良いという印象があり、自動車だけでなく様々な日本製品が海外で需要があるのも事実です。

中古車業者でもそれら海外需要の高さから中古車輸出市場へ参入する業者も増えています。

中古車は動く車だけでなく、国内の廃車に近い状態の車から海外で使用している車の修理部品を海外輸出用に買取り同様に現地へ輸出するなど国内だけのビジネス展開だけでなく広い視野が求められています。     

 

 

中古車業界の今後の動向

消費税増税とカーシェアリングの脅威

消費税増税は、新車・中古車問わず自動車の販売の影響と非常に深い関係にあります。

車自体の販売価格は平均でも200万円~300万円前後にあるため、増税されればその分負担は高くなります。そうなれば新車・中古車市場の減少は避けて通れないでしょう。

また、車を持たない選択を助長するレンタカーやカーシェアリングなどの利便性の良さや家計負担の少なさも魅力であり、これらの動向によっても今後の中古車業界の今後にも大きく影響してくるでしょう。

 

業者を介さない取引が広がる可能性がある

近年、インターネットやスマートフォンなどの普及により、オークションなどを代表に中古車の個人売買が盛んになってきました。

業者を介さない為、売る側は高く、買う側は安くと双方にメリットがあり急成長しています。

ただし、個人売買はトラブルもあるので、今後それらをスムーズに取引できるサービスやサポートが根付けばさらに個人売買の需要は高まり、中古車業界にも少なからず影響を及ぼすでしょう。

[ad#a]

 

中古車産業の国内市場規模

中古車産業の市場規模はおよそ1兆2300億円と言われています。

 

中古車業界の年収、給料ランキング

1位:ユー・エス・エス

東証1部・名証1部に上場している企業であり、中古車オークションを代表事業とし同事業においては32%のシェアを持つ業界トップの企業です。

子会社には中古車販売大手のラビットやバイクオークションを運営する(株)ジャパンバイクオークションなどがあります。

平均年収は620万円前後と言われています。

【本社】愛知県東海市新宝町507-20

 

2位:ビッグモーター

ビッグモーターは中古車の売買をメインにしている会社です。

中古車販売のビッグモーターの特徴は中古車の売買だけでなく、車検・整備・買取・損害保険など自動車に関する幅広い分野を自社で対応するのが特徴です。

関西を中心に中古車店を展開していたハナテンを傘下に収め、過去ハナテンで営業してい直営店の店名を現在はビッグモーターとして営業しています。

現在は直営・FC含め全国に約240店舗展開しています。

年収はおよそ580万円前後と言われています。

【本社】東京都港区六本木6-10-1

 

3位:ケーユーホールディングス

外国車の正規ディーラーが代表的な事業をしている会社です。

BMWやメルセデスベンツの正規販売店の他、子会社のケーユーでは中古車の販売や買取などを行なっています。

年収は520万円前後と言われています。

【本社】東京都町田市鶴間8-17-1

[ad#b]

 

中古車業界の売上高・シェアランキング

1位:ガリバーインターナショナル(現IDOM)

東証1部に上場している自動車買取や販売をしている企業です。

国内中古車販売でも有名なガリバーを運営している会社であり、国内だけで無く海外にも店舗があるのも特徴です。

売上高はおよそ2500億円(連結)となっています。

【本社】東京都千代田区丸の内2-7-3

 

2位:ケーユーホールディングス

外国車の正規ディーラーが代表的な事業をしている会社です。

BMWやメルセデスベンツの正規販売店の他、子会社のケーユーでは中古車の販売や買取などを行なっています。

売上高はおよそ790億円です。

【本社】東京都町田市鶴間8-17-1

 

3位:ユー・エス・エス

中古車オークションを代表事業とし同事業においては32%のシェアを持つ業界トップの企業です。

子会社には中古車販売大手のラビットやバイクオークションを運営する(株)ジャパンバイクオークションなどがあります。

売上高はおよそ700億円となっています。

【本社】愛知県東海市新宝町507-20

 

中古車業界に転職、就職するときの注意点

ノルマがある可能性がある

中古車店には買取や販売と継続して車を仕入れ販売しなくてはなりません。その為、従業員にはノルマが課せられる場合もあります。

 

転勤などがある可能性がある

中古車業界は基本的に店舗運営をしているところが多いため、オフィスワークと異なり転勤(配属先変更)が多いでしょう。

家庭を持てばある程度の要望は通る可能性はありますが、一箇所に落ち着いて仕事ができる可能性は他の会社員と比べると少ないでしょう。

 

収入は不安定になる可能性がある

中古車業界は現在ではまだ安定した需要がありますが、今後車離れや需要が落ち込んだ場合、収入がより下がるかインセンティブ体系が顕著になる可能性があります。

 

中古車業界の志望動機のポイント

グローバルな視野を持つ

中古車市場は国内だけがマーケットではありません。

特に日本では車離れが進んでいる中、今後は今以上に海外マーケットなど広い視野を持っていた方が中古車業界の志望動機のポイントとなるでしょう。

 

車の整備や販売を通して顧客との関係を構築する

車は販売して終了ではなく、その後の整備や状況確認など顧客との関係作りを大切にしなくてはなりません。

現実の販売ノルマなどによって過去の顧客との接点が少なくなりがちですが、車を通してどのように顧客にメリットを提供出来るかまとめておきましょう。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月19日 13:55 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop