事務

仕事ができない人の特徴とは?仕事ができない人にイライラしてしまったときの対処法

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事では仕事のできない人の特徴を挙げています。仕事が出来ない人ほど辞めないため、仕事ができない人にイライラしている人も多いと思います。そういった場合の対処法についても記載していきますので、参考にしていただければと思います。

仕事ができない人の特徴

整理整頓ができない

仕事が出来ない人は整理整頓が苦手な人が多い傾向があります。まず机の上を綺麗にしないと作業効率がものすごく下がります。

物がどこにあるか把握してないことなどあり、そうなるとミスに繋がります。仕事の出来る人は一つの仕事が終わると机を片付けてから、次の仕事をし始める事が多いです。

帰るときも同じです。片付けして帰らない人は、周囲の人からだらしない人とも見られます。整理整頓は誰でも出来ることであるため、すぐに片付けて気持ちを切り替える事がおすすめです。

 

お客様や関係者に対する態度が悪いなど、チームプレイができない

お客様や上司、部下、同僚などの関係者への態度が良くない人は、最初のうちは良くても、いつか仕事で躓いてしまう傾向があります。

仕事とは個人プレーで行うのではなく、周りの人と協力しながら進めていくことが多いです。そのため、唯我独尊タイプで、突っ走り周囲の人への態度が良くない、愛想が悪い人は、次第に周りからの協力が得られなくなるため、そのうち仕事がうまくいかなくなることが多いです。

また、お客様への態度が良くない人は、場合によっては、ビジネスの継続が難しくなることもあり、会社に迷惑をかけてしまうケースもあります。

特にルート営業など、決まった顧客を抱えているビジネスモデルの場合、1件1件のお客様との契約継続が大切になってくるため、態度やマナーに気をつける必要があります。

[ad#a]

 

悩み事を誰にも打ち明けない、ホウレンソウ(報告・連絡・相談)ができない

悩みは、誰にでも付き物です。しかし悩みを抱えても、それを打ち明けることができず、周囲の人に相談してない人も多いと思われます。そういった人は、相談していれば早期に解決できていた事にも、時間をかけてしまいがちです。

溜め込んだり耐えたりするのではなく、周りの上司や部下、家族などにアドバイスをもらってみてはどうでしょうか。困っている時は相談し、失敗してしまった時には連絡、報告することにより、上司や部下との連携を強めミスをケアし合う事も可能です。

逆を言うと報告、連絡、相談の三つができていない場合、互いに足を引っ張ってしまう事になるため、報告、連絡、相談は密にし、早期に解決を目指す事が大切です。

 

時間を見ない、タイムスケジュールが頭に入っていない

会社員として働いている人で時間を見ない人は仕事ができない人が多いです。そのような人は働く時間が決まっているのにも関わらず、少し時間が過ぎても焦らず残業をしがちです。ミスが多くて残業しているようでは、時間効率が悪くデメリットしかありません。

また、時間にルーズな人は締め切りなどに対しても危機感が薄く、締め切りを守れないようならば上司からの信頼も失ってしまいます。出来る人は頭の中に基本的なタイムスケジュールが入っており、何時までに何をすべきかという事をわかり、1日の流れを考え仕事に取り組んでいます。

少し余裕を持ってタイムスケジュールを組むと、時間通りに仕事が進んだ場合、余裕を持って休憩も取れるはずです。タイムスケジュールをしっかり把握し効率的に仕事を行う事ができれば、仕事においても余裕ができると思います。

[ad#b]

 

メモを取らない、取り方が下手な人

メモを取ることは重要な事です。取らない人は何回も上司に同じことを聞いてしまい評価が下がってしまったり、上司の機嫌を損なってしまいます。

上司に何度も同じことを聞いてしまっては、上司は何度も繰り返さなくてはならなくなり、こうなってしまうと上司にとってイライラが溜まる原因になりやすいです。

またメモを取っている人でも要点を理解していない場合には、後から読み返してみると何が何だか分からないという事が多く、最終的には分からないで終わってしまう事があり、これではメモを取った意味がなくなってしまいます。

単にメモを取るだけではなく、「要点を抑えてメモを取る」ことが大切になっています。

 

視野が狭く周りを見てない人

視野が狭い事により、他の人の進捗状況が把握できない場合や、自分が仕事に没頭してしまい、自分が他の人より遅れてしまうような場合があり、それによって迷惑をかけてしまう事もあります。また、周りの場の空気を読み取れず浮いてしまったり、目先の事を優先してしまったりする傾向があります。

視野を広く持ち他の人の進捗状況が分かれば、他の人への気配りなどができるようになります。気配りができる事は仕事において同僚や上司から好かれる事が多く、自らの出世や仕事効率の上昇に繋がります。

 

仕事ができない人にイライラしてしまうときの対処法

最初はみな仕事ができないと考える

これは特に新人が入社してきた場合などですが、入社して間もない人に、過度な期待を持たないことが大切です。

最初は仕事ができなくても、経験と積むことで急成長する、「大器晩成」型の人材も多くいます。長い目で成長を期待するという気持ちを持つことで、今の姿だけではなく、未来の成長した姿をイメージできるため、少しイライラを抑えることができる可能性があります。

指導することを諦める

新人ではなく、長い間在籍しているにも関わらず、どうしようもなく仕事ができない人材というのもいるものです。

仕事ができない人ほど、長く会社に留まり、なかなか辞めない傾向にあるため、こうした人には周囲も困っていることが多いです。

こうしたタイプの人は、向上心も少ないため、今更仕事ができるようになるケースは少ないです。そうした場合、彼の能力に見切りをつけ、諦めて、周囲の人で彼の分の仕事も補っていくということも大切になってきます。

「なぜ同じ給料で私が彼の分の仕事をしなくてはいけないのか?」と不満を持つ場合もあるかもしれませんが、「社内で成果が認められて出世する」、「スキルが人一倍身に着き、待遇の良い会社に転職できる」など、こうした苦労は、後から自分のキャリアに跳ね返ってくることが多いです。

そのため、短期的な視点ではなく、長期的な自分のキャリアを見据えて、大変かもしれませんが、仕事ができない人に目をつむって、頑張っていくことが大切になります。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
7月16日 04:13 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop