ベンチャーへの転職で失敗しないための4つのポイント

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事では、転職するのはリスクがあると言われているベンチャー企業への転職で失敗しないためのポイントを記載していきたいと思います。 

ベンチャー企業への転職を考えている人は、是非参考にしていただければと思います。

 

ベンチャー企業への転職失敗を避けるためのポイント

成功

その会社の将来性をきちんと見極める

歴史のある企業と違い、ベンチャー企業は海のものとも山のものともつかない企業が多いです。

なので、ベンチャー企業の中には、起業はしたものの将来性のないハリボテ企業がたくさんあります。そういうところに入ってしまうと、数年後会社が業績不振になったり倒産したりするかもしれませんし、また転職先を探すはめになるかもしれません。

それを避けるため、入社する前にきっちりその会社の将来性を見極めておきましょう。

特に、どうやって収益を確保するのかという点と、その収益を継続して確保し続けられるのかという点は重要です。ネット系のベンチャー企業の場合、この辺のことがおざなりになっていることが多いので、

(そしてそういう企業は淘汰されやすいので)その辺のことをどう考えているのか、入社時の面接で、きっちり確認しておくとよいでしょう。

[ad#a]

 

社長の人格を見極める

当然ですが、ベンチャー企業は会社としての歴史が浅い、出来たての会社です。ということは、社長もまだひよっこであるということです。

これが歴史ある企業なら、後継者を育成するということをしているので、まったくのド素人や適性のない人物が社長になることはまれですが、

ベンチャー企業の場合、こういうことがよくあります。それでも、経験を積んで立派な社長になる人もいますが、部下に対して思いやりがなかったり、人のアドバイスを聞かなかったりと、人格的欠点があるせいで大成しない社長も大勢います。

こういう会社が発展することはまれなので、ベンチャー企業に入りたいなら、きっちりと社長の人格を見極めてから入りましょう。

面接は、会社が転職者の資質を見極める場であると同時に、転職者が会社の資質を見極める場でもあります。

面接時、その会社の社長が部下に対してどういう態度をとっているか、部下は社長にどういう態度をとっているか、そういうところをチェックし、怪しそうな企業には入らない方がいいでしょう。

 

きちんと休みを取れる職場であるか確認する

ベンチャー企業は、まだ出来たての会社なので、社員の福利厚生や休みと言うことをあまり重視していない会社が多いです。

なので、会社によっては週休2日どころが、まともに休める日が月2日というようなところもあります。

前の会社では毎年100日以上休みをとっていた人が、いきなりそういう職場に移ったら、ついていくことは困難でしょう。そんな状況で無理をすると、体や心を壊してしまって当分働けなくなるかもしれません。

そうならないように、この会社では月何日ほど休みを取れるのか、休日出勤はどれくらいあるのかということを、きっちり聞いてから入社するとよいでしょう。

そういうことは面接で聞きにくいからと、いっさい聞かずにベンチャー企業に入った結果、体力的に耐えられずに数か月で辞めていく人が世の中にはたくさんいますが、それは会社にとっても、そして転職者にとっても不幸なことです。

ですので、休みや休日出勤のことに関しては、どれだけ聞きにくくても、きっちりと聞いておきましょう。

[ad#b]

 

会社の社風をしっかりと確認しておく

歴史のある大企業の場合、すでに社風というものが確立していますし、その社風がどういうものなのか、ネットなどである程度確認することが出来ます。

しかし、歴史の浅いベンチャー企業の場合、その会社がどういう社風で、どういうふうに人を扱うのか、調べてもよくわからないことが多いです。

ですので、こういうことは面接の段階でどんどん聞いておきましょう。

この辺のステップを「まあ入社出来ればその辺はどうでもいいか」と考えて飛ばすと、後で痛い目を見るかもしれません。

そうならないように、この会社はどういう人材を高く評価するのか、どのように社員に育ってほしいのか、会社にとって譲れない一線は何か、ということをきっちりと聞いておきましょう。

そうすることで、転職者にとって、その会社と相性があうのか、それともあわないのかをチェックすることができます。

例えば、その会社の社風が利益第一主義なら、顧客第一主義で物を考えるタイプは評価されないでしょうし、同様に、報告連絡相談を重んじるような社風なら、時にスタンドプレーをやるような社員は評価されないでしょう。

このように、人と会社には相性と言うものがありますので、それを確認してから入社することが(特に歴史が浅くて事前に社風を調べにくいベンチャー企業の場合)非常に大切なのです。

参考記事:入社前に、企業の社風をちゃっかり知っておく2つ方法

 

ベンチャー企業への転職を希望する人へ

ベンチャー企業の情報は、ネットなどに出回っていないことも多く、なかなか入社前に知ることが難しいのが現状です。

転職エージェントを利用することで、個人では知り得ない情報を入社前に聞くことができるため、入社後にミスマッチで後悔するリスクを軽減することができます。

是非うまく活用していくことをおすすめします。

こちらの記事も参考にどうぞ

ベンチャー転職におすすめの転職サイト7選

実際に勤務してみて分かった、ベンチャー企業で働くメリット、デメリット

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月19日 12:05 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop