ストレス

ゆとり社員の特徴とあるあるな行動とは?

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事では、ゆとり社員の特徴と、飲み会に来ないなどの、あるあるな行動について記載してきたいと思います。ゆとり社員に悩んでいる人は、是非参考にしていただければと思います。

ゆとり社員の特徴 

好き嫌いをハッキリ出す

ゆとり社員は、子供の頃から、それぞれの個性を出すことが大事だと育てられているため、好き嫌いで物事を判断します。

そのせいで、時にはサバサバした性格にも見えますし、時にはワガママな感じにも見えます。

ゆとり社員のプライベートというと、付き合いたくない人とは付き合わず、自分の好きな人達とだけ付き合いを続ける、または、自分一人で楽しい時間を過ごすといった形を取ることが多いです。

ゆとり世代でない人からすると、例えプライベートといえども、そんなにハッキリと好き嫌いを出してしまって良いのかと心配になるものですが、相手もゆとり世代なのであれば、「そういうものだろう。」と考えるだけであり、全く気にもしません。

ただし、この感覚を仕事に持ち込まれるとなかなか厄介です。

やりたくない仕事をやらなかったり、大事な仕事がある日にプライベートを優先したりと、ゆとり社員に指示を出す方はなかなか苦労をします。

 

自分から行動を起こすのが苦手

先程、ゆとり社員は、子供の頃から個性を尊重するような育てられ方をしていると書きましたが、何故かその一方で、人はみな平等だという考えの下、ガチガチのマニュアルに従い、その範囲からはみ出すことなく行動するような教育を受けています。

そのため、ゆとり社員は、物事の本質を自分で推測したり、自分から行動を起こすことが非常に苦手です。

これは決して、自分一人で何か革新的なことに取り組み、道を切り拓くのが苦手といったような大層な話ではなく、指示を受けた以外のことに対し、これまでの経験を活かしたり、応用を利かせて取り組むのが苦手だということです。

ただし、言われたことだけは、その通りキッチリやってくれるので、指示の出し方次第ではかなりの力を発揮してくれます。

ゆとり社員に力を存分に発揮してもらうためには、徹底したマニュアルの準備が必要となります。

[ad#a]

 

叱られることに馴れていない

ゆとり社員は、良くも悪くものんびりと甘やかされて育っているため、叱られた経験が少ないという人は非常に多いです。

また、先程も少し触れた通り、好き嫌いをハッキリ出してくるため、叱られるような状況になると、自然とそれを避けようとします。

この2つが合わさってくると、指示を出す側は本当に苦労することになります。

例えば、ゆとり社員が何らかの失敗をし、過去に一度、物凄く叱ったことがあったとします。

そうなると、ゆとり社員は、次から失敗をした際に、報告して叱られることを恐れ、それを自分一人で解決しようとしたり、解決することを諦めて放置してしまったりします。

これが後々になって発覚し、職場がてんやわんやになったという人も少なくないと思います。

そうならないために、ゆとり社員を叱る際は、感情に任せて怒鳴りつけるのではなく、何故叱っているかについて相手に分かってもらえるよう考え、困ったことがあったらすぐに報告が出来るような関係性を築くことが大切です。

 

ゆとり社員にあるあるな行動

飲み会に来ない

これは、ゆとり社員の話題になると必ず挙げられるあるあるではありますが、先程も書いた通り、ゆとり社員は自分の好き嫌いをハッキリと出すため、会社の飲み会には参加しないという人が多いです。

若手のゆとり社員が入社したことで、これからは上司にお酌をして回る必要が無くなったと思った中堅社員が飲み会に行ってみると、若手のゆとり社員は全員欠席で、結局一番後輩に当たる自分が、上司にお酌をして回ったなんていう話もよく聞きます。

この話題になると、ゆとり社員の行動が責められがちですが、本当に楽しい飲み会ならば、ゆとり社員も参加してくれるはずなので、ゆとり社員を責めている人は、その辺について一度考えてみた方が良いかもしれません。

[ad#b]

 

本当に「言われたことだけ」をやる 

例えば、「メールで連絡をしておいて」と指示を受け、メールを送ったにも関わらず、しばらく反応が無いと、別の方法で連絡を取ろうとしたり、指示を出した人に、今後の対応について尋ねる人が多いと思いますが、ゆとり社員の場合、メールで連絡をするという指示しか受けていないため、メールを送ったらそれで終了してしまい、それ以降のことについてはノータッチなんていうことは少なくありません。

確かに間違ってはいないのですが、指示をする方からすると、ここで大事なのは、「メールを送る」ことではなく、「相手にしっかり伝える」ことであるため、ゆとり社員のその対応に物凄くイライラさせられます。

 

相談する相手が偏っている

先程も少し触れた通り、ゆとり社員は叱られることが本当に苦手です。また、ゆとり社員は好き嫌いがハッキリしています。

そのため、ゆとり社員が困った場合に、毎回その解決方法について相談を受けるという人と、ほぼ相談を受けたことが無い人にわかれがちです。

つまり、毎回相談を受けている人は、ゆとり社員にとって、分かりやすい解決方法を提示してくたり、優しく丁寧に教えてくれたりする、相談しやすい相手であり、ほぼ相談を受けたことが無い人は、ゆとり社員にとって、分かりやすい解決方法を提示してくれなかったり、ちょっとしたことで怒ったりする、相談しづらい相手なのです。

ゆとり社員から相談を受けたことがほとんど無いという人は、ゆとり社員以外からも疎まれている可能性があるので、一度自分のことを見つめ直してみると良いかもしれません。

 

参考記事:ゆとり世代とはいつまで?何歳?仕事における特徴、次の世代との違いは?

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
9月19日 23:27 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop