仕事

「善処」の意味、類語、使われ方、パターン別の例文

今回は「善処」の読み方や意味、類語である「対処」との使われ方の違い、「善処致します」、「善処していただき」、「善処致します」などのパターン別の例文や使われ方などを紹介していきたいと思います。

善処の読み方と意味

善処は「ぜんしょ」と読み広辞苑の意味としては「適切に処置すること」「物事を上手く対処しカタをつける」という意味があります。日常では「善処する」や「善処してください」などといった表現で善処という言葉は用いられることがあります。

また「善処」という単語にはいくつかの類語もあり、それぞれ意味が異なる上、善処を用いた熟語は社会の場においては様々な意味が存在します。

善処の類語、「対処」との使い方の違いとは?

、「善処」の類義語として挙げられるのは「適切」、「対処」という単語です。適切の広辞苑での意味は「その場によく当てはまっていてふさわしいこと」という記述があります。

一見すると善処と同じ意味ですが、社会などで使われる場合には「善処」の方がより畏まった意味合いとして受け取られることになります。

「対処」は出来事、変化などに応じてふさわしい処理をすること、という意味が挙げられますが、善処には、問題が生じた時に間違いを正して処理を行うという意味があり、仕事でミスがあった時に「善処します」とは使いますが、「対処します」と使わないのはこの意味の違いによるものです。

善処の類義語には意味が同じものや違いが分からないものが多く存在します。類語でも社会の場で誤った意味で用いると、だらしないイメージや恥をかく場合もあるので、類語の意味や違いを捉えておくとこうした事態を未然に防ぐことが可能です。

[ad#a]

 

「善処致します」の使われ方、例文

「善処」は上にも書いた通り一般的には単体では無く熟語として用いられることが普通です。その1つに「善処致します」という表現があります。「善処致します」の意味としては、「結果が少しでも良くなるように対応する旨の表明」というのが挙げられます。

政治家などがマスコミに追求された時に「善処致します」と答えているのが、まさにこの言葉の意味です。しかし、「善処致します」の意味は保留とは異なり、あくまで未来を見据えた処置や対処を行うといった意味になります。

このため難しい要件に対して安易に「善処致します」といった言葉を使うと、取引や相談相手にとっては賛成や承諾等の意味で取られることもあります。

要件が難しい場合は「善処致します」では無く「一旦保留させて下さい」と使うことによって、相手の誤認を避けることが出来ます。また「善処致します」と実際に使った場合には、物事の結果だけでは無く状況の進行の詳細なども相手に伝える義務があります。

例文「この度の政策に関してのご意見については善処致しますので、お時間を頂けると幸いです」善処致しますという言葉を使うことによって、丁寧・敬意などの意味を言葉に含めることが出来ます。

「善処してください」の使われ方、例文

例文「今回のプロジェクトで問題が起きた場合は、各自善処して下さい」

「善処して下さい」は我々が日常で使う「何とかして下さい」を強めた表現になります。ただし「善処して下さい」は一般的に目上の人間から、目下の人間に対して使う言葉であり、問題が起きた際に「何とかしろ!」といった意味を丸くしたものになります。

注意をするべき点はあくまで「善処して下さい」はあくまで命令形の意味が強い言葉になっているので、上司など目上の人間に使うことは基本的にはNGです。下さいがあることで丁寧な言い回しと間違えないように注意が必要です。

[ad#b]

「善処していただき」の使われ方、例文

「善処していただき」は上にも挙げた「何とかして下さい」の目下から目上に使う言葉になります。例えば上司に対して、何とかして下さいとお願いする時には「善処いただきたくお願いします」というのが丁寧な表現になります。

このように「善処していただき」という言葉には、相手に丁寧な表現で依頼やお願いを希望するといった形になります。また「今回の仕事についてご善処頂きたいです」というように「ご善処」とすることで、善処よりも更に丁寧な意味を強めることが出来ます。

例文「この度の私の失敗についてご善処していただきたく存じます」社長などにお願いする際には、善処よりもご善処を使うことで、畏まった言い回しになるので、使う相手によって適切な言葉を選択することが必要です。

まとめ

今回は「善処」という言葉についての意味や類語、善処を使った熟語の例文などを紹介しました。善処という言葉は状況や立場に応じて使い方が変わるので、社会の場では多用される機会も多いですが注意が必要になります。意味を正しく理解して、状況に応じた正しい言葉を使うようにすることが重要です。