転職エージェントとの面談の流れと、うまい希望の伝え方

0 コメント
twitter
はてな
facebook

転職活動を進める際に役に立つ相談場所として、転職エージェントがあります。

転職活動は誰しも初めて取り組む事が多いので、就職活動と異なり勝手がわからず苦労することがよくあります。こうした事態に役に立つのです。

しかし、当然ではありますが転職エージェントを利用することも初めてです。何も用意をしないで臨んでしまうと、思ったような結果を得られないことも多く面談をした意味が全くない場合もあります。

ここでは、転職エージェントと面談をする際にどのような点に気をつけて臨めばいいのかをまとめました。

転職エージェントの利用はもはや常識のレベル

転職エージェントとは、リクナビやマイナビなどを主体にして行われている人材紹介サービスを担当する人たちです。

新卒の就職活動時に、学生のエントリーシートや面接などの指導を担当してくれる人たちが学生課や就職指導課などであることに対して、転職希望者のそういった面の面倒をみるのがこの転職エージェントになります。

彼らは、そうした指導面だけではく面接日程の調整や採用条件、入社予定日の調整といった細かなところまで担当してくれます。エージェント(代理人)というだけあって、そうした細かい部分まで全て担当してくれるのです。

こうしたサービスを、転職希望者は登録すれば多くの場合無料で利用することができます。なぜならば、転職エージェントはこうした転職希望者を企業に紹介することによって報酬を得ているためです。

また、上記のような点以外にも多くのメリットがあります。

時には、一般向けには公開されていない非公開の採用情報が開示される場合もあります。これは、各転職エージェントが保持している募集案件の中で応募者に適合すると思われるものを紹介されるためです。

そして、今現在募集を出している企業の深い情報について転職エージェントから聞くこともできます。転職希望者が知りたい福利厚生や待遇といった、少し尋ねづらい質問についても尋ねることができます。

このようなさまざまなメリットを備えているので、積極的に活用することが大切なのです。

転職エージェントと面談する前に準備しておくべきこと

ではこうした特徴を備えている転職エージェントですが、転職活動自体は転職希望者がまず転職エージェントと面談することから始まります。

その際にどのような点を転職希望者は準備しておけばいいのかを把握することが一番最初にすべきことです。

大まかな共通する点としては、可能な限り具体的に準備をしておくことです。次のような物があります。

  • 転職をしたい理由
  • どのような業界で働きたいのか
  • 備えているスキルや自己PR

では、それぞれの点について確認していきましょう。

転職をしたい理由

初めに準備しなければならない点として、転職をしたい理由が挙げられます。この部分がはっきりしていなければ、いくら優秀な転職エージェントでも転職先を紹介することはできません。

転職を決意する理由は人によってさまざまです。年収を上げて今より責任ある仕事をしたい、という理由もあれば前の職場がブラック企業などの理由で離職をして次の職業を探している、というような場合もあります。

これらはほんの一例ですが、前者と後者では転職を希望する理由の根幹が異なるために、転職エージェントから紹介される企業の性質が異なってきます。

自分の中でどのような働き方をしたいのか、という点と密接に関わってくるのでこの点は特に転職エージェントと面談する際に、明確に決めておきたい部分であると言えます。

どのような業界で働きたいのか

次に準備しなければならない点として、どのような業界で働きたいのかという点です。こちらも、転職希望者の考え方と経験が大きく影響を与える部分でもあります。

大きく分けて、前職の同じ業界で働きたいのか異なる業界で働きたいのか、というふたつにわけることができます。

同じ業界で働きたい場合には、転職エージェントにそのように主張することによって、同じ業界の年収をはじめとする条件が比較的マッチする職種を紹介される可能性が高くなります。

逆に異なる業界で働きたい場合には、どの業界で働きたいのか、なぜその業界で働きたいと考えたのかという点を明確にしておかなければ、転職エージェントは企業を紹介することができません。

転職希望者の希望と異なる内容の求人を紹介しても、採用される可能性が低くなるのでこういった点がおろそかであると、満足に対応してもらうことが難しくなります。

備えているスキルや自己PR

次に準備しなければならない点として、備えているスキルや自己PRを明確にすることです。就職活動時で述べれば、自己PRの部分に当たります。

しかし就職活動の時と比べて大きく違う点は前職の経験があり、その経験から得られたスキルなどを考慮する必要がある点です。

またこの点は転職希望者の年齢によっても大きく変わります。第2新卒の応募者などの年齢が若い応募者の場合は、それほど厳密にスキルは求められることはありません。

しかし、一定程度年齢を重ねていればそれぞれの年代ごとに備えていて欲しいスキルを各企業は設定しているので、備えているスキルを明確化しないと転職エージェントから仕事を紹介してもらうことが難しくなります。

面談とはどのような流れで行われるのか

上記のような準備をした上で面談に臨みます。それでは、どのような流れで執り行われるのかを確認しておきましょう。

  • 挨拶や自己紹介
  • 転職活動の現状と理由のヒアリング
  • スキルや経験についてのヒアリング
  • 条件面についてのヒアリング
  • 転職エージェントからの提案
  • 今後についての相談

これらの流れを、応募者にもよりますが約60分から90分程度の時間をかけて執り行いなます。では、この流れについてそれぞれ確認していきましょう。

挨拶や自己紹介

転職エージェントが担当するブースや個室に入室することによって、面談はスタートします。企業の面接に来たと考えるぐらいの気持ちで面談に臨む事が大切です。

なぜなら、最終的に転職エージェントが転職希望者に抱いた印象でどの程度良い求人を紹介するかどうかを決定するからです。

転職エージェントも、紹介した人が短期間で紹介先の企業を辞めてしまうとエージェント側にも罰金などの不利益が発生します。

そのため、優良な場所にはリスクの低い優良な人を紹介したい心理が働くためです。

この部分も、後々受けることになる企業の面接だと思ってきちんと練習して出来るようにしておくことが大切です。

転職活動の現状と理由のヒアリング

次に行われる内容は、転職活動の現状と理由のヒアリングです。この部分で、転職エージェントは大体どのような企業を紹介するかを、内心で決定していきます。

大切なポイントはやる気がありすぐに転職をしたいと考えている意欲的な転職希望者であるかどうか、という点になります。

転職エージェントにとって、転職を成功させて紹介料を企業からもらうことが稼ぎになります。そのため、すぐに転職を成功させてくれる人であればあるほど企業を紹介したい、という心理になります。

逆に、あまりやる気が感じられない人には企業をあまり紹介しません。紹介しても活動しないだろう、と見られる人に力を注いでも転職エージェントにとって旨みがないためです。

そのため、ここで転職に至った現状を述べるとともに強いやる気や熱意を訴えることが成功への近道であると言えます。

こうした点を転職エージェントに訴えかけることができれば、その分優良な企業の案件を紹介してもらうことができるので転職エージェントにとっても、転職希望者にとっても双方にとってウィンウィンの関係になることができます。

スキルや経験についてのヒアリング

次に行われる内容は、スキルや経験についてのヒアリングです。この部分では、転職エージェントは応募者の備えているスキルと経験を把握して、紹介する企業群を決定していくことになります。

どの業界であれ年代によって大まかに備えていて欲しいというスキルや経験があります。転職エージェントは、まず最低限この点を備えているかどうかを確認しながら、ヒアリングをしていきます。

では、その年代によって備えていてほしい能力とはどのような能力でしょうか。以下に大まかに確認していきましょう。

20代の転職希望者の場合、転職エージェントに興味を持って接してもらうためには若さとポテンシャルの部分で優れている必要があります。

特に20代前半の場合には、第2新卒扱いであることも少なくありません。社会経験をある程度積んだ準新卒とでも言うべき立場の場合には、この点が特に重要視されます。

この場合はスキルや経験を備えていないことは分かっているので、その代わりとしてポテンシャルの部分が強く要求される部分であると言えます。

30代の転職希望者の場合には、一定程度のスキルと経験を備えている必要があります。共通している部分は、プレイヤーとしてのスキルと中間のマネジャーとしてのスキルを備えているかどうかです。

プレイヤーとしてのスキルは、言うまでもなく1社員として仕事がある程度できるかどうか、という点になります。現場で仕事をして成果を挙げられる能力を備えているかどうか、という意味になります。

マネジャーとしてのスキルは、現場の管理職としてきちんと自分のチームのメンバーをまとめるだけの力があるかどうか、という点になります。

メンバーの仕事をまとめ、困っている人がいれば助けてチームとして仕事の成果につながるように振る舞えるかどうか、という点がポイントになります。

これら主にふたつのポイントを備えている30代は、転職エージェントからも評価が高くなり優良募集案件を紹介してもらえる可能性が高くなります。

40代の転職希望者の場合には、かなりのスキルと経験を求められることが多いです。この年代は、部長職や上位のマネジャー職などで募集がかかっていることが多いために、それなりに求められる内容が濃くなることが多いです。

40代ともなると、現場よりは人をマネジメントしてどれだけ部署やチームとしての成果を上げることができる人材であるか、という点が評価の対象になることが多くなります。

そのため、自分1人が優秀であることよりはチームのメンバーの能力を引き出すことができる人材が好まれます。

自分1人が優秀であるだけだと仕事の成果としては限られたものになります。しかしチームに属する複数の人の成果を高めることができれば、それだけ大きな成果を生み出すことに繋がるためです。

条件面についてのヒアリング

次に行われる内容は、条件面についてのヒアリングです。転職希望者にとっては一番大切な部分であるとも言えます。

主に給料や職場環境、福利厚生などの希望面についてヒアリングを行い転職希望者の望む内容にできるだけ近いものを紹介するものです。

ここで転職希望者が配慮しなければならない点は、条件面は少し緩めに転職エージェントに伝えることです。

確かに、転職をする際の大きな目的は多くの場合年収を上げることがメインとなります。職場環境の改善を狙う場合もありますが、いずれにしても前職より好条件を狙うことになります。

そのため、希望している条件をすべて伝えることが多くあります。しかし、厳密に条件以上の案件を求めると、紹介される件数がまったくなくなってしまうことがあります。

なぜなら、そうした好条件の案件は多くの人が殺到することが転職エージェントからしてもわかっているために、転職希望者の中でもごく一部の人にしか知らせることがないためです。

そのため、転職を成功させるためには幅広い範囲から転職先を選択することが必要になってきますので、条件面に関してはあまり厳密に絞りすぎずに多少幅を持たせた内容を転職エージェントに伝えることが必要です。

転職エージェントからの提案

次に行われる内容は、転職エージェントからの提案です。今までの話の流れを総合して、転職エージェントから転職希望者の希望に、出来るだけ沿った転職案件が紹介されます。

ただし、大抵の場合はこの時点で紹介される案件は内容がそれほど良くないことが実情です。

長期間にわたって募集している案件や、何らかの面で問題がある案件であることが多くまずこの点で、転職希望者がどのような反応をみせるのかを転職エージェントは探っています。

そのため、実際によさそうな案件を紹介されてもこの時点ではすぐに賛成しないほうが無難です。しかし、あまりに期間が空いてしまうと転職の意思があまりないものとして扱われてしまう危険性もあります。

そのため、バランスを考えながら紹介を受けて内容を吟味することが大切です。

今後についての相談

次に行われる内容は、今後についての相談です。これは、今後の流れ以外にもエントリーシートの添削や面接の練習といった、テクニック面を磨く意味合いもあります。

1回で全てが決まることはあまり多く無いため、この今後についての相談がメインの面談内容になることも珍しくありません。

転職エージェントとしては、1人でも多くの人を転職させることによって報酬を得ているという面があります。そのため、転職希望者が要求している部分についてはできるだけ対応してくれることが多いです。

転職の場合には、相談する機関が転職エージェントしかないことも多いので、エントリーシートや実際の面接の受け方、入社日の調整といったさまざまな内容に柔軟に対応してくれることが最大のポイントでもあります。

転職エージェントにはどこまで本音を話してしまっていいのか

転職理由などは本音で話してしまって問題ありません。むしろ、本音で話さなかった場合は今後の転職活動で転職エージェントと転職希望者間の齟齬が発生してしまいます。

「人間関係で悩んでいたから次は自分にあった環境で働きたい」、「給料が少なくて不満だったから給料の良い場所で働きたい」など、本当に本音を話しても「ではこういう転職活動の進め方がおすすめです」といった具合にアドバイスくださいます。是非本音でお話してみてください。

逆に、これから転職エージェントを利用して転職活動を続けていく場合ですが、面接の日程調節に関してや、辞退理由に関しては本音で話すのはNGです。

転職エージェントによるのですが、例えば日程の場合、「他社面接と被ってるので違う日程に」と話してしまうと、そのまま企業にその理由が伝わってしまうことがあります。これでは面接前なのに印象が悪くなってしまいますよね。

企業に説明する必要がある質問に関しては、本音は抑えた方が良いでしょう。

自分の希望を伝えて転職を成功させましょう

転職エージェントと面談するにあたっては、さまざまな点に配慮する必要があります。

しかしどの年代でもやる気と熱意があることが、転職活動を成功させるための一番のポイントになります。

転職エージェントの立場から見ても、そうした転職希望者のほうが転職を成功させやすいので積極的にサポートをしてくれるので、お互いに良い関係を築き上げることができるのです。

転職エージェントの中にも、得意分野と不得意分野があります。持っている募集案件にも、偏りがあることが多いので面談する前に、どのような転職エージェントなのかを可能であれば調べておくと、さらに有意義な面談にすることができます。

転職希望者の年代別に必要なスキルをきちんと備えておくことが、転職を成功させるためには不可欠です。ある程度のスキルや経験面の条件を満たしておかないと、転職エージェントとしても紹介する案件がなく、困ってしまうためです。

転職活動を成功させて自分の目標を達成させるためにも、転職エージェントと上手に付き合って面談して、情報を収集しながら活動していきましょう。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
7月21日 11:09 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop