面接結果の来るタイミングと通知が遅れる理由【当日・3日後・一週間後】

今回の記事では、面接結果の来ることが多いタイミング(当日、2~3日後、一週間後)と結果が遅れる理由について記載しています。また、電話がかかってくる時間帯などについても触れていますので、是非参考にしていただければと思います。

面接結果が来るタイミング

早ければ当日、翌日に来る

当日か翌日というのは、かなり早いパターンであり、そのようなときは、合格している可能性が高いです。なぜなら、採用したい人物であれば、早く確保しておかないと、他の会社に先を越されてしまうという考えがあるからです。

合否については、当日でだいたい決まっていることが多いので、このような早い通知が可能となります。結果を早い段階で大まかに決めておくのは、時間が経てば経つほど、受験者の印象が薄れてしまうためです。

「鉄は熱いうちに打て」という言葉通り、鮮明に記憶が残っているうちに判断するわけです。そのため、面接終了後にすぐ会議を開くという企業も多いです。ただし、即日の連絡というのは少ない例なので、あまり期待しすぎず、3日はかかると考えておきましょう。

 

2~3日後

2~3日というのは、面接結果の連絡では最も多いパターンとなります。面接時に告げられる期間は一週間の方が一般的ですが、実際には2~3日になることも多いです。これは、当日から翌日の場合と同様、なるべく早く人員を確保しておきたいという意図があるためです。

また、当日にほぼ結果が出ている場合でも、あえて2~3日経ってから連絡するということもあります。なぜなら、不採用通知だった場合、受験者に不快感を与えてしまう恐れがあるからです。

たとえ不採用だったとしても、今後は顧客となる可能性もあるため、企業は丁寧な対応をしています。その結果が、2~3日という時間なのです。

 

一週間後

面接結果が一週間後という場合は、不採用の確率が高いという話がありますが、実際にはそんなことはありません。単に企業のルールとして一週間となっているだけで、合否に関係なく、受験者全員が一週間かかっていることも多いです。受験者が多い面接だった場合は、本当にそれだけの時間がかかることもあります。

したがって、「一週間後にお知らせします」と言われても、落ち込むことはありません。そのような場合、あえて余裕をもたせているだけで、3日ぐらいで通知が来ることもあります。

もちろん、不合格で連絡が遅い場合もありますが、確率が高いとまでは言えません。あまり悲観的にならず、前向きに考えましょう。

[ad#a]

 

 

面接結果の電話がかかってくる時間帯

面接結果を知らせる電話は、主に午前中にかかってきます。企業によっても違いがありますが、留守だった場合などを考えて、午前中になることが多いようです。留守の場合は、日中に一度連絡を入れてから、改めて夜にかけるという流れが一般的です。

何度か連絡がある場合もあるので、ときどきチェックしておきましょう。また、受験者が少なかった場合は、早朝にかかってくることもあります。いずれにしても、電話は早い時間にくると思っていた方がよいでしょう。

一方、夜にかかってくるときは、合格者に当日に連絡をとる場合が多いようです。他の企業に採用されてしまわないように、面接後にすぐ会議をして、その夜には素早く連絡するというパターンです。

しかし、当日以外で夜だった場合は、合格者の方から先に連絡していたために遅くなっていることもあります。

[ad#b]

 

面接結果の連絡が遅くなる理由

連絡するタイミングを見計らっている

面接結果の連絡が遅いときは、不採用を知らせるタイミングを探っている場合もあります。先述したように、不採用だったとしても、すぐに連絡したのでは、相手にショックを与えてしまうかもしれません。

そのため、あえて時間をあけることで、そのダメージを減らそうとしているのです。なかなか連絡がないときは、どうしても不採用のことを考えてしまうので、ある程度の心の準備をする時間ができます。

また、内定を出した人が辞退するかもしれないことを考え、不採用の連絡をあえてしないでキープしておくという場合もあるようです。この場合、候補者の返事を待たなければならないので、連絡が遅くなります。

採用担当者が迷っている

面接というのは、受験者ばかりが大変なわけではありません。採用担当者も苦労しています。多くの受験者の話を聞き、さまざまな情報を総合してベストな人材を選び出すという作業は、ときに大変な困難を伴うものです。

そのため、面接結果の連絡が来ないときは、採用担当者が迷っているということも考えられます。優秀な人が複数いて決めかねている場合もあれば、逆に、理想的な人材がいないことで悩む場合もあります。

よい人材がいない場合は、他に応募者が出てこないか待っていて遅くなることもあるようです。また、受験者の人数が多い場合にも、選考には時間がかかります。

書類を読むだけでもかなり時間がかかるので、採用担当者が少人数だったりすると、余計に連絡が遅くなってしまうのです。

 

土日などの休みを挟んでいる

土日など休みに合否連絡をしてくる企業少ないため、例えば週終わりに面接を受けた場合の結果が、翌日に来るということは少ないようです。

ゴールデンウィークなどの大型連休を挟んでいる場合は、さらに時間がかかることが多いと言えます。