面接の質問&受け答えのコツ」カテゴリーアーカイブ

面接で将来の夢を聞かれた時の回答例。プライベートな回答はNG!

企業の求人に応募する際、避けては通れないのが面接です。緊張して喋れなくなってしまっては困りますから、しっかりと事前に回答を準備しておきたいですよね。

そんな面接において、特によく聞かれる質問のひとつが「将来の夢は?」というもの。 続きを読む

面接での長所の答え方と例文。良いところの伝え方が一番難しい理由

企業に就職や転職する時には、単発のバイトでない限りはだいたい面接がありますよね。

面接が苦手と思う人も中にはいるでしょう。でも、面接は自分を知ってもらうチャンスです。質問された時にどう答えるのかは、自分のことを知り、整理し、まとめておくととても参考になります。
続きを読む

グループディスカッションのコツ。絶対に意識すべき2つのポイント

グループディスカッション、面接採用試験で取り入れられる方法です。グループでの会議が必要な部署やプレゼンテーションが盛んに行われる場で、どのような結論にするかコミュニケーション力が問われます。

それによって、理論や結論をどのように出していくかの答えではなく、状況判断が必要になってきます。面接の質問とは違うスタイルなので、慣れていないと戸惑う人も多いでしょう。

続きを読む

圧迫面接の質問や態度の例。企業側の意図と、応募者がすべき対策とは

「圧迫面接」聞いただけでちょっと緊張しますよね。

圧迫ということばはなんとなく良くない意味でつかわれることが多い印象がありますね。良い意味でつかわれた例があるんでしょうか?「素晴らしい圧迫」なんていうことばは聞いたことがありません。

面接は当然就職や転職の際に避けて通れない重要な試験です。あなたの希望就職先の面接試験がもし、圧迫面接でも、事前にその様子をイメージしておけば幾分気持ちが楽になるでしょう。

圧迫面接を実施する企業の目的や、実際の圧迫面接の例などを解説していきます。
続きを読む

面接で前職についてどう話す?いかに活躍したかをアピールする方法

面接で前職のことについて何を言えばいいの?と思う方!面接で必ず聞かれることは前職での経験です。

どのような仕事内容で、どのように活躍してきたか、仕事に対する姿勢を知る一つの指標になります。

また、退職した理由を聞かれるのも必須事項です。何年勤務したかにもよりますが、すぐ退職してしまわないかという判断基準にもなります。

一番大事なのは、前職についてどのように活躍したのかを伝えることです。

そして、その活躍ぶりはどのように企業に貢献できるのかということをしっかりアピールできると企業にも熱意が伝わります。

今回は、面接での前職について聞かれること、伝えるべきことを説明していきます。
続きを読む

面接で志望動機をまっすぐに伝えるコツ。3つのポイントで好印象に

面接で必ず聞かれるのが志望動機です。

企業によっては聞く内容は様々ですが、企業の採用担当者がこの志望動機を通して知りたいことがあります。

どれだけ自社に貢献できるかということやどれだけ自社に対して熱意を持っているかを見ています。

また、自己PRを織り交ぜながら話すと採用担当者に好印象を受けます。

「自分は〇〇が得意だから、御社のこういった職種に貢献できると思い志望しました」など、自分だけの言葉を作りましょう。

誰でも言えそうなネットから拾ってきたような言葉は、企業は望んでいません。

個性の光る、熱意のこもった志望動機を伝えられるようにすることが面接の重要ポイントです。
続きを読む

面接の短所の答え方。企業に寄せた言い回しで好印象のアピール材料に

転職活動における頻出の質問事項として、「長所・短所」はかならずと言っていいでしょう。内定までの道のりの中で、誰もが一度は聞かれることになると思います。

長所については書きやすい、伝えやすいものの、短所についてはどのように書けばよいか悩む人は多くいます。

短所を書く際には押さえるべきポイントがあるのです。

続きを読む

面接時に答える退職理由。採用側にビビッとささる法則とは

転職活動における面接の際、必ず面接官から「前職の退職理由」を聞かれます。

もちろん会社を辞めたいと思う理由は様々ありますが、素直にそのまま答えていいのか迷いますよね。

では、退職理由はどんな内容を答えたらいいのでしょうか。
続きを読む

一次面接完全ガイド。よく質問される順に例文とベストな回答を解説

新卒の学生が取り組む就職活動と社会人経験を経て取り組む転職活動において、共に避けて通れない選考が面接です。面接は、通常書類選考を通過した応募者に対して行われ、その人の性格や能力を確認するために実施されます

多くの応募者が受けなければならない就職活動と転職活動のメインの試験として行われ、通常7割から8割は各種面接での結果によって、採用されるかどうかが決まります。

通常選考のステップは、書類審査、一次面接、2次面接、最終面接と進みます。今回は、一番最初に行われる一次面接に焦点を当てて、採用担当者から尋ねられる質問の内容とその回答のポイントを知りましょう。
続きを読む

第二新卒の面接での質問例。新卒とは違うアピールポイントが鍵

現代では新卒やそれに類する第2新卒の応募者は、売り手市場であり数多くの募集があります。そのため、就職氷河期に比べると就職しやすい環境ではあります。

その一方で、応募者が企業の既定のレベルに達していなければ採用しない厳選採用の傾向も増えてきています。かつては、応募者の数が多く選ぶ余裕がある大企業によく見られる傾向でしたが、現在は中小企業もこの傾向が強まってきています。

このため、応募者が備えている能力やポテンシャルを上手にアピールするためにも基本的な面接のマナーとテクニック、そして準備をきちんとした上で臨む必要があります。

面接で一番準備が必要な部分は、面接で問われる質問とその回答を考えることです。その場で答えを求められる部分もありますが、多くはきちんと準備をすることによって乗り切ることができます。

そのためにも、面接の形式と具体的な質問内容を把握しておき他の応募者よりも一歩優れた高い評価を得るように心がけましょう。
続きを読む