転職エージェントを徹底比較!個性が光る各社の強みを利用しよう

転職エージェントというのは、大小含めるとかなりの数が存在しています。しかし、そんなにあっても転職希望者からしてみれば、どこにすればいいのか決してわかりやすくはありません。

むしろ、どこも同じことをしているのであれば、おそらくどこかの段階で淘汰されていてもおかしくないはずです。それでもこれだけ存在しているということは、何かしらの理由があるはずですよね。

ここでは、そういった理由も考えながら、転職エージェントを比較して、どこがいいか悪いかというよりも、それぞれの特色を見つけ出しながら、ご自身の転職活動に役立てていただきたいと考えています。 続きを読む

転職エージェントの裏事情と本音。色々と暗躍している人材業界の話

皆さんも一度は転職エージェントを利用したことがあるのではないでしょうか。皆さんの中で転職エージェントというのは、求人を紹介し、選考が進んだら面接の日程調整をするだけの存在だと思っていないでしょうか。

しかし、転職の出来、不出来はあなたが利用する転職エージェントが担っていることもあり、転職エージェントは転職を成功させたい方にとって、想像以上に重要な存在なのです。 続きを読む

信用金庫の志望動機の作り方&例文。信金愛と地域愛でアピールしよう

志望動機を作成する時は、信用金庫の特徴を十分に把握したうえで動機を明確に伝える必要があります。

信用金庫について「銀行よりアットホームなのかな」「地元に密着していそう」など漠然とした印象を持ったままではありませんか。それでは具体的な志望動機が書けません。 続きを読む

営業事務の志望動機。履歴書&面接対策になる作成のポイントと例文

営業事務は「企業の命」「花形」といわれる営業部門で活躍します。事務職の中でもニーズが高く、事務に興味のある人にはおすすめしたい職種です。

憧れの企業で営業事務として働くためにも、履歴書や面接では「志望動機」「自己PR」で自分の強みや熱意はしっかりアピールし、採用担当者の心をつかみましょう。 続きを読む

公務員試験の正しい服装とNGな服装。試験の内容によって選ぶべし

憧れの公務員になるためには、高い採用倍率で待ちかまえている一次試験、二次試験を突破していかなければなりません。

ここで気になるのが、試験当日に着て行く服装の問題です。応募要項で指定されている場合、または指定がない場合、公務員試験の会場へはどのような服を着て行けばよいのでしょうか。 続きを読む

スポーツ選手の年収ランキング。世界&日本人選手、スポーツ別

子どもの頃、スポーツ選手になりたいという夢を抱いていた方も多いのではないでしょうか。では、なぜ多くの人がスポーツ選手に憧れるのか。

もちろんテレビや球場でスポーツ選手を見てかっこいいと感じたからだと思います。モテますしね。

しかし、大人になってからの憧れの理由として、年収ウン億円、など日常の生活では想像できないお金を稼いでいることについて、つまり「お金」がプラスで挙げられるのではないでしょうか。 続きを読む

転職エージェントを複数利用すべき3つの理由と、組み合わせの考え方

転職活動を行うにおいて、転職サイト、転職エージェント、また最近はSNSなどを活用した新しい転職支援サービスやリファーラル採用と呼ばれる知人紹介など、新しい転職手段が増えてきました。

しかし、未だ企業の採用の主流となっているのは転職エージェントです。

そこで本編では転職エージェントというこれまである手法の有効性と、効率的に利用するための上手な転職エージェントの複数利用の方法についてご紹介したいと思います。
続きを読む

転職の時期と住民税の支払い。給与から天引きされない時の手続きとは

日頃の給与から天引きされている、各種の税金。働いている間はあまり気にすることのないこれらの税金について、どうしても考えざるを得なくなるのが、転職をした場合です。

雇用保険や社会保険に関しては、会社から書類を記入して提出するように言われるために、気がつくと手続きが終わっていたというケースも少なくありません。しかし、問題なのが住民税です。 続きを読む

転職で有利になる資格とは。つぶしがきくおすすめの資格5選

転職をするにあたって、これまでの自分のスキルや経験を見つめ直した時、資格をとっておいた方がいいのではないかと悩むこともありますよね。

しかし、実のところ「とにかくなんでもいいから資格を!」と思って資格を取ってしまうと、実際にはあまり役に立たないこともあります。
続きを読む

面接の電話のかけ方・受け方。準備しておくもの&ケースごとの例文

アルバイトや就職活動の際、一番緊張するのは面接や、企業との電話でのやりとりですよね。メールや履歴書ならばじっくり考えて書くことができますが、直接のやりとりとなるとそうはいきません。

「どう答えればいいのだろう」「敬語を間違ったらどうしよう」と、途端に頭が真っ白になってしまうという人も多いことでしょう。 続きを読む