20代の転職エージェント活用術。第二新卒、社会人経験を生かすには

0 コメント
twitter
はてな
facebook

20代というのは、社会に飛び込んでまだ数年未熟ですと思う人もいれば、それなりに経験してきたと考える人と大きく分かれる時です。そこに至るまでのキャリアがどうだったのかにもよることでしょう。

しかし、さらなる高みを目指したという気持ちを持っているとか、今の会社に不満があるなどさまざまなことが見え始めるのも実は20代の後半ごろかもしれません。まして、隣の芝はより青く見えてしまうものです。

また、第二新卒と言われる方の就職先がなかなか決まらないということもあります。

こういった方々を助けるのが、転職エージェントの存在です。今では、エージェントの数が増えてきてどういったところを利用すべきかというのがわかりにくいといわれています。

ここでは、20代の方の転職エージェントの位置付けや利用をオススメできる転職エージェントをご紹介していきましょう。

採用側から見た20代求職者の立ち位置を確認しましょう

それでは、まず採用する側が20代の方を採用する際にどのような考えをもって採用における活動などをしているのかという点について説明していきます。

企業側は20代の方の採用に関しては、だいたい以下の3点を見て採用するかどうかなどを見ていっています。

  • 未経験者
  • ワーカーもしくはプレイヤーとしての即戦力
  • マネージャーもしくはマネージャー候補として

それでは、個別に見ていきましょう。

未経験者

20代の場合、転職後定年まで30年以上は勤務ができるということですから、30代や40代のように時間は十分にあると考えられます。その分未経験者であっても教えこめば、十分戦力にできるということです。

そのため、20代なら、新たな業界や業種に飛び込みたいという気持ちがあったとしても、まだ飛び込みやすいというのは十分あり得ます。

ですから、ご自身でこれだというものがあるのであって、そこを目指す志望理由などが明確であれば、狙わない手はありませんし、むしろどんどん狙って行きましょう。

30代でも未経験者歓迎といわれるところもありますが、できるものなら、もうこれを最後にしなければという強い気持ちを持って取り組みましょう。

ワーカーもしくはプレイヤーとしての即戦力

20代は、徹底的に現場の仕事を覚えさせられます。実行部隊の最前線に身をおかれることも多くなります。そこで揉まれて成長もして行きます。責任も持てるようになります。

そういった仕事をして行く中での意識が学生時代の子供的な甘えた考えから、自立した責任感のある大人に成長して行くのです。

それはさておき、会社での業務や作業というのは慣れも出てきて、ある程度もう任せられるようにもなってくる頃です。

こういった方が、同業他社に転職するということになれば、教えることはかなり少なく済みますので企業側としても歓迎できます。

一番わかりやすいのが飲食業界です。ホールで接客をしてきた人が、別の会社に転職したとしても、接客のイロハを一から事細かく教える必要はありません。

自社の特色などを伝えればそれである程度は済ませることが可能なのは、非常に迎え入れる側の企業としては助かります。これが経験者の強みです。

マネージャーもしくはマネージャー候補として

今や、いろんなショップや飲食店などに行ってみると、昔は30〜40代の人が「私が店長です」と言わんばかりの雰囲気を醸し出していましたが、今では20代の店長など普通になってきました。

そのため、20代でもマネージャーやマネージャー候補という募集に対して応募するというのは全くあり得ることです。むしろこれをきっかけにステップアップできるかもしれません。

ただし、このマネージャーという役職はいろんな意味を持っていることがありますので、求人情報をよく読んだ上で応募が必要ですので、注意をしなければいけません。

店長的な役割のマネージャーなのか、統括する上でのマネージャーなのかでは大きくその役割は異なってきます。

転職エージェントでも特色が全然違う!?20代が見るべきはどこか

転職エージェント自体にはそれぞれ特徴があります。強みや若干弱いところもあったりします。そういったところは理解しておかないと無駄なことになってしまうかもしれません。

20代の方の場合であれば、そんなに厳しいとかいうことはありませんが、管理職を扱うところに行っても求人はありませんので、全く調べないで行くというのは問題があります。

20代の方の場合は、とにかく何がしたいと明確になっているなっていないにかかわらず、3〜5社のエージェントにまずは登録することです。

リクルートエージェント、doda、マイナビエージェントは最低でも登録をして、その他に20代に強いといわれるところである

  • パソナキャリア
  • ワークポート

というような、そこまで大手ではないところでも対応が丁寧であったりとか、実績はしっかり出してもらえるところにも手を伸ばしておく必要はあります。

なぜそのようなことになるのかというと、20代の転職においては選択肢が多い分、良質案件ばかりではないという一面もあるため、慎重さが求められるからです。

確かに若い人には門戸は広いですので、いろんな職種や業界が選びたい放題であるとは思われます。しかし、その内容については、しっかりと確認しておかないと、そんなはずではなかったとなってしまいます。

また、大学を卒業して3〜5年経った25歳から28歳くらいの人というのはエージェントにもよるかもしれませんが、大手のところであれば、引く手数多と言わんばかりに求人はあふれています。

しかし、数が多いと選択肢は多くはなるものの、内容の詳細なところまでしっかり見ることができなかったりすることも多くなりやすいので、慎重さを失いやすくなるということもあるのです。

一つ間違えると大変ですが、エージェント側としても、ある程度確実に転職できそうな人には数多く案件を紹介して、その豊富さから自社でなんとか選ばせようと考えます。

また、業界未経験者というのは採用において立ちはだかる壁が多いため、多くの求人があるほうが採用されやすいというのもあります。言葉は悪いですが、下手な鉄砲数打ちゃ当たるというやつです。

一方、パソナキャリアやワークポートのような最大手と言われているところではない場合は、求職者一人当たりに対しての求人数もある程度は限られてしまうのは仕方ありません。

そうなると、数ではなかなか勝てないので、求人内容や採用条件などのところと、エージェント側の担当者の応対品質の高さをあげて質の高さをアピールして行くしかありません。

しかし、それが結果として求職者側としては功を奏す場合もあるので、大手とそうではないところもうまくバランスよく利用していかないと、いい転職はできません。

利用できるものはフルで使わなければもったいないです。こういった活動を進めて行くことで、本当に自分がしたかったことというのはなんだったのかということも見えてくることになります。

そういったことを探すことができるだけでもこの時間は有意義なものになるんだと思います。この先の人生にとても役に立つときになるのかもしれません。

転職エージェントは一括りにされがちですが、決してそういうわけではありません。転職までの行動の仕方や考え方などにもエージェントによって異なることもありますし、求職者ターゲットというのは明確に違うというところもあります。

こういったことを知っておくだけでも、失敗しない転職へ大きく近づくということは理解しておくべきです。

20代の転職は大手とそれ以外のところのエージェントをバランスよく使うべし

それでは、実際に、どのような転職エージェントに転職の支援をしてもらうといいのかなどについて触れていきましょう。

未経験業界・職種への転職

先ほどあげさせていただいたような大手転職エージェントを利用しましょう。具体的な転職エージェント名は、以下の通りです。

  • リクルートエージェント
  • doda
  • マイナビエージェント

未経験の世界に飛び込むわけですから、基本的にはあまりその中のことをわかっていないということもあります。

そういった業界や業種をしっかりと説明してフォローアップしてもらえるところをメインで利用していくエージェントとして決めると良いでしょう。

正直、全てを平等にするのはなかなか不可能です。まずは、ご自身がその担当者とフィーリングが合うのかということも大切です。

また、当然のことながら、対応が事務的なのか親身になってもらえるところなのかと言ったら親身になってもらえる方がいろんなことに対して相談もできますし、いいはずです。

そういったところを軸にして、あとは求人情報を集めていくようにしていくという方があちこちに気を回さなくていいので気持ち的にも楽です。

そして、あなたの興味ややりたいことに合致する、関心のあることなどを踏まえた上でエントリーをしていくかどうかを決めていきましょう。

20代の未経験案件は、数は非常に多いですが、内容もよく確認しなければいけません。ハードルがそこまで高くない分、給与が低かったり、待遇面で今までのがよかったなんてことも良くある話です。

数攻めることも大切ですが、内容もしっかりある程度は吟味した上でエントリーをしていくようにしていくことが大切です。

即戦力やマネージャー候補等への転職

いわゆる経験者である即戦力になりうる方や、マネージャーや幹部候補生のような括りでの場合は、大手でもいいのですが、大手ではないところや、その業界に特化したエージェントを使うのもいいでしょう。

  • ワークポート
  • Spring転職エージェント(アデコ)
  • type転職エージェント
  • パソナキャリア

経験者として転職をするという場合はそのほとんどは同業他社ということになりますので、そこまで数の求人を見なくても、ある程度経験値の中でどういうところがいいのかというのは理解しているはずです。

ですから、ある程度は即座にある程度の数には絞り込みができると思われます。なぜなら、その業界のことはある程度あなたなりに理解しているでしょうし、どの会社がいいとかなどは自ずと聞こえてくることです。

ですから、情報はある程度もらった上で、吟味していくことでいい会社は見つけられると考えます。ですから、そこまで時間もかからずできるでしょう。

あとは、その会社がどんな人を求めているのかをしっかりと見極めてさえいればいいことと言えます。自分の経歴に転職することで当てはまるのか、背伸びしすぎていないかなどはこの段階で理解しなければいけません。

マネジメント業務やったこともないのに、店長などの職務に応募してもできるわけがないのですから、転職先に迷惑をかけてしまいます。

今までの経験を生かして1日でも早く店長になれるようになりたいですという気持ちはもちろん持っているべきですし、そこはアピールしなければいけません。

ですから、そのアピールの仕方を間違えないようにしましょうということです。

また、大手とまでは言えないエージェントでもないその業界に特化したエージェントを利用するのも経験者にとっては思いもよらないポジションを得ることができる時があります。

また、給料などもそういうところの方が設定が良かったり、転職先の企業自体もそこまで大きくはないところだったりするので、本当の即戦力をお金を惜しまずに雇おうとしますので、意外な大穴案件に当たることもあります。

こういったことが業界特化エージェントの場合は持っていることが多いので、確実に狙っていく必要があると考えます。特に若い方にはいい案件に当たり可能性は高くなるでしょう。

やはり転職に失敗しないためにはいろんなところに登録をしておいて、いい案件を少しでも見つけられるようにしていきましょう。

実は意外と使える!第二新卒の方のための転職エージェント

第二新卒の方には社会経験がないもしくは非常に少ない中で、今転職活動をしなければいけませんので、非常に苦しいといいますか、アドバンテージはあるのでしょうが、正社員になるチャンスはもちろんあります。

そのために今転職エージェントを利用する第二新卒も増えてきていますし、第二新卒向けのエージェントが出てきているくらいです。主なものは以下の通りです。

  • ハタラクティブ
  • JAIC
  • 就職Shop
  • 第2新卒ナビ

しかし、仕事内容や取り扱っている職種は、ある程度限定はされてしまうのでしょうが、それでもまずは正社員になるんだという意気込みを持っていることは大切なわけです。

そのため、いまのレベルにあった仕事をまずは見つけていくというのもいいかもしれません。

また、過去や現在にアルバイトでやっている会社や業界に正社員として入社したいという場合はある程度の経験者とは見てもらえますので、有利になることも多くあります。

20代の転職には、失敗をしないための転職エージェント選びが大切!

20代も転職は社会経験がまだまだ少ないので、単独で動くとあまりいい印象を持たれません。エージェントを使ってもそういった傾向は否定できない場合もあるくらいですから単独ならなおさらです。

ですから、どうしても転職エージェントを利用した方が失敗はしにくいと考えるのがベターでしょう。

上記でもご紹介してきましたとおり、一つや二つのエージェントでは勝負はできませんから、最低でも大手で3つほど、それ以外や業界特化型で3つほどの登録は必須と考えるべきです。

そこから、メインで関わっていくところと、とりあえずいい情報がもらえるかを見極めるところと分けていくことをして出来るだけいい情報をもらえるように常に意識しておきましょう。

また、まだ20代では、転職前の仕事が本当にしたかったことかどうかはわからなかったかもしれませんが、何年か働いてみてそういったことも見えてきたかもしれません。

そこで今後自分はこれがやりたいんだということが見えているのであれば、そこから探して見るのもいいでしょうし、エージェントと話をしていく中で全く別のことに魅力を感じるかもしれません。

そういったことも考えながらいい仕事を見つけていけるといいなと思いますので、出来るだけ若い分、案件は必然的に多くなります。

そこで慎重さを忘れないようにしていきいい転職ができるようにしていきましょう。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月18日 19:29 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop