40代が登録すべき転職エージェント。不利な年代だからこその活用術

0 コメント
twitter
はてな
facebook

40代という年齢はいろんな意味で岐路に立たされる時になってきます。転職をしたいと思うことはあっても、35歳を過ぎると大きくその環境は劇的に変化します。

年齢という壁が大きく立ちはだかります。いくら応募をしたとしても、書類すら見てもらうこともなく、年齢だけではじかれてしまいます。「35歳以上はいらない」これが転職市場の現実です。

しかし、40代でも転職している人はいます。それは、その企業がその40代の方を必要と判断したからです。

なぜ、40代でも転職できたのか?理由はいろいろあると考えられます。

ただ、そのほとんどは転職エージェントを利用しているということです。もしくは、40歳以上でも応募可能な企業だったのどちらかに限られてしまうのではないでしょうか。

ここでは、40代の方と転職エージェントとの関係性などに触れながら、最後の転職にすべく「失敗しないのは最低限」で「後悔のない転職」ができるようにするためにいろいろ考えていきましょう。

企業側は40代の求職者をどう見ているか?

企業側は、40代の求職者をどのように見ているかというのは、企業によってもさまざまです。それは、40代という年代を必要としているのかどうかでスタンスは大きく異なります。

40代は、社会経験も豊富で、仕事も出来るでしょうし、機転がきいたりといいことが多いのですが、企業にとってある意味でメリットになりかねないことがあります。

それは、給料が高いということです。20代の社会人経験が数年の人比べれば当然高い給料をもらっているはずですから、企業からすれば40代でも新入社員なのに高給を払わなければいけないのはリスクです。

まだ未知数の人に高給を払うにはためらいもあるのも当然です。それは企業としては当たり前ですし、どうすることもできません。同じリスクをとるなら若い人の方が給料は安く済むということなのです。

だから、40代の転職案件はあまり多くないということになるのです。きれいごとばかりではなく、企業も生き残らなければいけませんから、無駄なお金を払うわけにはいかないのです。

もっと複雑な理由は企業によってはあるかもしれませんが、実際に簡単にいってしまえば、お金のところできるだけ安い人件費で雇いたいというのが最大の原因であると考えるのが一番しっくりくるということです。

ですから、40代の求職者を基本的には企業としては求めていないというのが考えの根本にあると思っておくのが無難かもしれません。それぐらいの気持ちでいた方が楽かもしれません。

実際に、労働基準法では、年齢など差別を持ってはいけないといっていても、現実は、残念ながら、実際採用するには企業の判断であって、最終的にはそっち側が優先されているんです。

悲しいですが、ハローワークに行ってでも、年齢不問と書かれていながら、電話をすれば年齢で断られるということもざらです。ハローワークもそのことを半ば容認しています。

今はこんな感じです。それでも転職活動を頑張るぞと思っても、なかなか簡単には物事は進んでいきませんので、正直やってられないと思ってしまうこともあるでしょう。

しかし、それでも、転職したい、転職しなければいけないということであれば、そんなことがあっても負けてられるかの気持ちで頑張るしかありません。

ただ、40代でも転職している人は現実には数多くいます。とてもいい転職だったと喜んでいる40代は実はたくさんいらっしゃるのです。では、この矛盾は一体何でしょうか?

それは、40代の人材が必要という企業を見つけているかどうかです。別に矛盾というわけではありません。40代を求めていないというのはあくまで一般論であって、そうでないところだって当然あります。

ですから、そういった企業を狙っていけばいいのです。これは、40代を求めているというよりも、キャリアや職種で募集をかけると40代の方が結果として合致するという感じです。

そういう求人案件はなかなか普通の求人サイトでは極めて見ることができにくいかなと思います。どこにあるかと言えば、そういった案件は、転職エージェントが持っていることが多いのです。

結局、企業側としては、40代の場合でも必要としてもらえる人材は、

  • 職種のスペシャリスト
  • 企業の幹部もしくは幹部候補
  • 同業他社の経験者でかつマネジメント能力がある

これらではないでしょうか。まず、未経験という括りはほぼ通用しません。例えば、自動車メーカーの人事担当者が、小売業の人事担当になるということはあるかもしれませんが、同じ職種である必要はあります。

その職種の中では相当のスペシャリストであるのであれば、企業としては必要ということです。そこに年齢は関係ありません。年齢ではなく、その実力が欲しいのです。

企業の幹部や幹部候補の場合も同様、今の社内の陣容では幹部登用するには足らないということであれば、外部から採用するしかありません。そこにも年齢は関係ありません。

そして、経験者でかつマネジメント能力がある人というのも、それなりに経験値が欲しいということであり、新しい試みをするといった場合に、社内に経験者がいなければ、外部から採用するしかないということです。

以上のことから見ていただいても、そこに年齢は問われません。若ければ若い方がいいかもしれませんが、経験値やキャリアや安心感などが企業としては欲しいということなのです。

確実に結果や成果が出せる人材が企業は欲しいのです。ですから、求職者側はそういった求人案件を探していくと転職ができる近道を見つけられることになるのです。

そのような求人案件が転職エージェントには多くあるからこそ、40代の方は転職エージェントを使わない手はないということが言えるのです。

40代の転職エージェントを選ぶ際は30代までとは少し変化が必要

転職エージェントというのは、各社に得意分野が必ずあります。また、当然あまり表には出しませんが、苦手が分野もそこには必ずあるといっても間違いはありません。

そういったことがあるわけですから、40代の求人案件をあまり持っていない、40代の求人は得意ではないというエージェントに登録したところでいつまでたっても転職できません。

ということは、40代の求人案件をある程度は持っている、キャリア採用の案件や管理職採用が可能な案件など40代が通りやすい案件を持っているところに登録するのがベターなのは言うまでもないです。

それでは、転職エージェントを選んでいく際のポイントなどに触れていきましょう。

まず、転職エージェントを選ぶ際には、これは基本的にあまり年齢は関係ないかもしれませんが、大手のエージェントだけで動くのは危険で、準大手や中小のエージェントも登録しておくべきです。

理由は、いろいろありますが、大手だから必ず探してくれるとか見つけてくれるとは限りません。大手ではなくても、大手では考えられないような隠し球求人を持っていることもあります。

せっかく転職するのであれば、少しでもいい条件でいい会社に入社したいと思うのは人間としては普通の気持ちのはずですから、それを叶えるのは、紹介してもらえる企業を一つでも多く持っていることです。

そのためにも、どうしても大手は外すことはできません。その大手から見ていきますと、

  • リクルートエージェント
  • doda

は押さえておくべき2社です。

これらは、40代がというわけではありませんが、もともと持っている全体の求人数が圧倒的に多くあるわけですから、それなりの企業(大手企業など)にも出会える可能性はあります。

ただし、リクルートエージェントについては、今までのキャリア次第では、書類を見ただけで紹介ができないと行って断られるということも実際にあります。

理由は定かではありませんが、転職回数が多いとか、スペシャリスト的な仕事をしていないなどの場合は断られてしまうということもあるようなので、気をつけましょう。

dodaではそういったことは聞くことはありませんので、足切りをされることはないかもしれませんが、担当によっては、案件を持っていないということも考えられます。

その一方で、準大手や中小のエージェントについては、そういったことはまずありませんし、一生懸命になってくれるところは多いです。

  • Spring転職エージェント(アデコ)
  • パソナキャリア
  • typeの人材紹介

これらのエージェントは、大手ほどの全体的案件数は持ってはいないのですが、サポート体制がいいとか、良質案件が多かったりとか、40代に強い場合もあったりしたりします。

大手でない場合、求職者と企業側との対応者が同じであることが多いですので、どちらの気持ちにも寄り添えるといいますか、理解をしてもらいやすいということはあります。

そのため、良くも悪くも、板挟みになってもらえているので、いろんなことが人づてにならずにある意味ダイレクトに企業側にも求職者側にも伝わりやすいですし、伝えやすい面もあります。

これは実は、年齢が上がってくるととても大きな強みになってきます。40代の転職についてはいろんな思惑を企業側も持ちます。

先程来述べている給料の問題もそうですが、ある程度のキャリアがあって、なぜ今更 転職をしなければいけないのか、それなりに給料ももらっているはずなのに…など。

採用する側としては、何か悩ましい人は雇いたくないですよね。20代なら、早くから転職するということは、長く働けない人なのか、打たれ弱いのか何か問題を起こしているのかということを考えます。

そういうことと同じで40代の場合もいろいろと採用側は憶測かもしれませんが、考えるのは仕方ありません。

せっかく入社してもらっても、すぐ辞められたり何か会社に迷惑をかけてしまう可能性のある人かもしれないですから、人事担当者としても、場合によっては性悪説で考えるようになります。

それを打ち消すかのようにいくら一人で頑張ったとしても限界がありますが、エージェントを挟むことで見方ができることで、そういったことに対する不安を軽減させることもできるのです。

これらのことを踏まえて、結果として、40代が転職エージェントを選ぶ際に注意すべきことは、自分の味方に本当になってもらえる人であるかどうかです。

口では何とでも言えます。面談される時でも40代にもなれば、コンサルタントが自分の話に真剣に耳を傾けてくれているかや、本当に一緒にこの転職を成功させましょうねという気持ちがあるかどうかはわかるはずです。

事務的に対応する人や、気持ちのこもっていない人はきっとそれなりのことしかしてもらえません。

いくら大手でも対応がしっかりしていなければ、担当を変えさせるぐらい場合によっては言っていいと思います。

親身になってくれる人が、中小のエージェントかもしれませんが、その人の方がきっとあなたにとっていい転職にさせてくれることはまず間違いないといっても過言ではないでしょう。

あとは、親身になってくれるだけではなく、連絡もちゃんと取れる人、電話をしてもし出てもらえなくても、手が空き次第折り返しができる人であることも大切です。

こういった細かい対応の一つ一つがしっかりできる人があなたにとってベストなエージェントになるはずです。

40代がまず登録すべき転職エージェントはこれだ!

それでは、今もエージェント名を出してきましたが、まず登録しておくべきなエージェントを改めてご紹介していきましょう。

まずは、結果はどうなるかわからないけどやはり大手には登録を!

先程も触れましたが、場合によっては、案件がありませんと断られてしまう可能性は否定できませんが、まずは全体的な案件数が圧倒的に多い大手のエージェントはどうしても外せないのです。

ですから、リクルートエージェントと、dodaへの登録はしておくのがいいと考えるべきです。

まず足切りのようなことはやらない準大手や中小エージェント

大手のように正直足切りを一人ぐらいしてもエージェントにとってはそこまで大きな痛手にはならないという場合と大きく異なるのが準大手や中小のエージェントです。

こういったところは、そんなこと言ってられませんし、一人でも転職先を決めてあげて売上を取りに行くしか道はないのですから、求職者に対してむげなことはできません。

成功するかどうかは求職者側の問題もあるわけですし、企業側がどうしても採用したいと思わなければ、縁がなかったということにもなります。

ですから、必ず大手でなければ成功するというわけでももちろんありませんので、そこは間違えないようにしていただきたいです。

あくまでも大手よりはより親身になってくれることになりやすいというぐらいで考えておいてください。あまりに過度な期待や任せっきりの姿勢ではいけません。

あなた自身の転職なんですし、最後に決断しなければいけない事柄というのはあくまであなた自身であるということは十分理解しなければいけません。

その上で、先述のところとダブるところもありますが、オススメのエージェントをあげていきますと、

  • Spring転職エージェント(アデコ)
  • パソナキャリア
  • typeの人材紹介
  • JAC Recruitment
  • キャリアカーバー
  • ビズリーチ

などがオススメではないかと考えます。アデコ、パソナ、typeの3社については、通常の転職エージェントで、キャリアカーバー、ビズリーチについては、ヘッドハンティング型の転職エージェントです。

通常のエージェントは、面談して、エージェント側から求職者に対してこれならいいじゃないかという案件を紹介して選んでもらう形をとります。

一方で、ヘッドハンティング型の転職エージェントは、比較的エグゼクティブ職の転職でよく使われる形式ですが、専任コンサルタントがつくということではありません。

求職者の条件に合わせてコンサルタント(ココがヘッドハンターにあたります)から連絡が来る形式を指します。

企業側と直接やり取りをしている担当と企業が、求職者情報を見るようになるので、採用の可能性は当然上がります。

転職エージェントには、業界・業種特化型のエージェントもある

ここまでは、一般的な様々な業界などを網羅した転職エージェントを主にご紹介してきましたが、もう一つ別の観点から見た転職エージェントもあります。それが業界や業種特化型です。

業界特化型であれば、飲食業界やコンサルタント業界など、業種特化型であれば、医師や看護師などといったものです。

業界や業種独特の能力や、仕事におけるスキルなど一般的な企業の業界とは少し異なる面も持っているこれらの場合はこういった特化したエージェントがあるというのはとてもありがたいです。

業界などに特化しているので、大手の企業の案件もあれば、中小や新進気鋭の企業などの案件もあり幅はかなり広いといっていいでしょう。

しかし、案件の中には例えば飲食業界特化型で例をあげていくと、店舗スタッフから店長、料理長といったストアマネジメントに関わる求人から、エリアマネジャー、部長職などもあったりします。

そういったお宝案件もこういった特化型では眠っている場合も多数ありますので、特化型エージェントがある業界に転職希望されているのであれば、一つ以上は登録しておくべきです。

40代の方の転職こそ転職エージェントを使っていい仕事を勝ち取ろう!

40代の転職は基本的には不利なことが多いです。それでも、40代の方、特にキャリアを持っている方はチャンスはあります(キャリアがなくてもチャンスは0ではありませんよ)。

ただ、なかなか通常我々が目にする転職サイトや求人情報には、正直40代の案件というのはほとんど見ることがありません。そうであるなら、あらゆる方法を使うしかありません。

その一つが転職エージェントなのです。むしろ、40代の場合は、その一つというレベルではなく、ここが頼みの綱的な感じにも十分なり得ます。

自身の経歴、キャリアなどを如何なく発揮できる場所というのは、そう簡単には見つからないかもしれませんが、その人にとって0ということも絶対ありません。

であれば、その自分の人生における最高になるかもしれない居場所を探して見るのもいいのではないでしょうか。その場所を転職エージェントから見つけてみてほしいです。

40代においては、自分の会社における存在価値はここだということはある程度は理解と言いますか腹落ちはしていることでしょう。

求職者側はそれをいかにアピールしてエージェント側は親身になって、企業側にアピールして新天地を共に探していくことができるのかというのが大切なことになってきます。

そして、転職をしたら自分はどうなりたいという短期的でもいいからビジョンはしっかりと持っているべきです。

40代で転職を決意するというのは本当にリスキーですし、精神衛生上もあまりよくはないでしょうが、こうすると決めた以上は、やるしかありません。後悔のない転職にしなければいけません。

そのためにもエージェントをフル活用していい転職にしませんか?

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
10月21日 09:06 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop