リクルートエージェントの評判。利用すべきという口コミの理由とは

0 コメント
twitter
はてな
facebook

リクルートエージェントといえば、転職活動を行いたいと考え、転職エージェントを利用しようと考えたときに第一想起される転職エージェントの1つです。

リクルートエージェントは非常に評判が高く、利用して良かった、いい転職が実現できたという方も多くいらっしゃいます。しかし、その一方、リクルートエージェントを利用しても全然転職が成功できなかったなど厳しい声も数多くあります。

では、どんな方が利用したらいいのでしょうか。本編ではリクルートエージェントを利用した方のクチコミをもとに、リクルートエージェントの評判や活用方法に至るまでご紹介していきたいと思います。

転職エージェントのパイオニア!リクルートエージェントの基本知識

リクルートエージェント新LP

まずはリクルートエージェントの基本的な情報についてお伝えします。実は日本における転職エージェントの歴史は浅く、日本に転職エージェントが正式に認められたのは1999年の職業安定法改正が始まってからです。

それまでは公的な機関であるハローワーク、いわゆるヘッドハンティングと呼ばれるやり方、もしくは求人広告でしか職業紹介を行うことができませんでした。

しかし、この職業安定法の法改正により、生まれた転職エージェントの1つが今のリクルートエージェントです。

そして、リクルートはもともと転職情報誌を発行しており、各企業にも認知されていたからこそ、転職エージェント事業を始めた後も、あらゆる業界のあらゆる企業が転職支援をまず最初に依頼される存在となっています。

色々回りくどくなってしまいましたが、ここで一番伝えたいこととしては、求職者の方々が転職をお考えの際はまずリクルートエージェントに登録すると思います。

しかし、それ以上に企業の採用担当者は自社の採用を依頼する際にはリクルートエージェントに依頼をしているということで、求職者の方以上に企業が第一想起する転職エージェントなのです。

では、リクルートエージェントがどのように転職支援をしているのかというと、量を担保するというやり方をとっています。

具体的にいえば求人の量、求職者の量、そして紹介する求人量が他のエージェントと違い桁違いなものを担保しているのです。

では、どう担保するのかというと、リクルートエージェントは、自動的に求人を紹介をできるシステムがあり、面談実施後に担当のキャリアアドバイザーが自社システムに入力を行っています。

そして、システムに入力した内容を元に、自動的に求職者に求人が送付される仕組みとなっています。

そして、上述でもお伝えしたように、リクルートエージェントは各企業から選ばれる存在で求人は余るほど抱えています。そのため、自動設定で各求職者に凄まじい量の求人が紹介されます。

そして、同様に各企業にも凄まじい数の求職者を紹介します。そして、よく言えば量は質を凌駕する、悪く言えば下手な鉄砲数打ちあたるような感覚で数量が求職者、企業双方の転職・採用を実現させています。

このスタイルについて採用人事は良く思っていない方も非常に多くいらっしゃいますが、実際に採用を成功させるためにリクルートエージェントを利用せざるを得ないのです。

良いも悪いも日本の転職の世界はリクルート中心で回っているということなのです。

リクルートエージェントにはどんなメリットがある?クチコミからみるよい評判

色々お話をさせて頂きましたが、リクルートエージェントに対して実際のユーザーである求職者の方々はどのように思っているのでしょうか。

本章は、利用してよかったと考えている方の代表的なクチコミからリクルートエージェントを利用するメリットについてご紹介したいと思います。

リクルートエージェントを利用して良かったと言う代表的なクチコミは以下3点です。

  • 求人の質・量が他のエージェントを圧倒していて、 あらゆる求職者に対応している
  • 大手の転職、求人に信頼感がある
  • 大企業から地方の求人までラインナップが豊富

では、それぞれ説明をさせて頂きます。

求人の質・量が他のエージェントを圧倒していて、 あらゆる求職者に対応している

上述でもお伝えしたように、リクルートエージェントはあらゆる企業から第一想起される転職エージェントです。そのため、求人数は他のエージェントと比較して群を抜いています。

そのために、一人当たりに紹介できる求人数は非常に多いです。特に業界・職種の未経験者は何も業界経験がないため、こういった求職者は採用企業にポテンシャルを買ってもらうしかありません。

しかし、ポテンシャルというのは非常に評価しづらいもので、採用される理由も、採用を見送られる理由も非常にあいまいなケースも少なくはありません。

そのため、こういった転職をする方においては一定の求人数が確保されている必要があります。

そういった観点で見ると、リクルートエージェントは業界・職種の未経験者にとっては特にメリットの大きい転職エージェントであるといえます。

実際未経験業界・職種から転職を成功させることができたという声が多くのクチコミで寄せられています。

大手の転職、求人に信頼感がある

リクルートエージェントの経営母体は、皆さんもご存知のとおりリクルートホールディングス傘下のリクルートキャリアです。転職エージェントは星の数ほど存在しているといっても過言ではないくらい現状の中その信頼感は圧倒的です。

ネット上で悪徳エージェントと呼ばれている企業もある中、安心して転職支援を受けられることのできる転職エージェントであると間違いなく言える存在です

実際の求職者の声においても安心感があったからリクルートエージェントを利用したという声が多く聞かれました。

大企業から地方の求人までラインナップが豊富

リクルートエージェントは大企業においても必ずといっていいほど利用されます。大企業の求人は東京・大阪はもちろんのこと各地方都市の採用も行います。

加えて、リクルートエージェントの拠点は全国に18拠点存在しています。そのため、各地方の地場企業の採用に関しても支援しています。

そのため、大企業、地方都市の求人ラインナップも豊富にそろっています。以上の点から東京、大阪の主要都市から福岡、広島、仙台、札幌といった地方都市においても転職支援を実現することができます。

大企業・地方都市でも転職を成功させることができて良かったというクチコミも非常に多く寄せられていました。

リクルートエージェントはどんな点が利用しづらい?クチコミなら見るデメリット

上記ではリクルートエージェントの良い声をご紹介させて頂きましたが、良い声ばかりでもありません。中にはリクルートエージェントについて厳しい評価をする求職者の方も数多く寄せられています。

では、どのような点でリクルートエージェントを利用するデメリットがあるのでしょうか。こちらも実際のクチコミから3点代表的なものをご紹介させていただきます。

  • 担当者の良し悪しが大きい
  • 紹介される求人が多すぎて管理ができない
  • 対応が全体的に遅い

では、詳細について説明したいと思います。

担当者の良し悪しが大きい

リクルートエージェントには数多くのキャリアアドバイザーが在籍しています。しかじ、キャリアが豊富なキャリアアドバイザーからキャリアの浅いキャリアアドバイザーまで幅広く在籍しています。

そのため、経験豊かなキャリアアドバイザーもいえば、あなたの意向に沿うことのできないローキャリアのアドバイザーも存在していることになります。

実際のクチコミにおいて、キャリアアドバイザーが良かったと言う評価もあれば、キャリアアドバイザーに対する苦言を発する求職者のクチコミが数多く存在していることからもこのことが証明されています。

紹介される求人が多すぎて管理ができない

求人数が多いことはメリットとなりますが、時にデメリットにもなります。リクルートエージェントが求人を紹介する際は、初回面談を除けば全て自社システムから紹介することになります。

しかし、その紹介方法はシステムのスキルマッチのみだけですので求人の細かな機微は考慮されないまま紹介されています。

結果自身に合っているのか、合っていないのか良く分からない求人が大量に紹介されているというのが現状です。

本当に自身に合っている求人だけ紹介して欲しいと考える求職者、特に業界経験者においては厳しい評価をクチコミに反映させているケースも少なくありません。

厳選された求人のみ紹介して欲しい方には適さないサービスであるといえます。

対応が全体的に遅い

再三お伝えしているとおりリクルートエージェントは非常に多くの企業と取引し、求人も豊富にあります。しかし、それゆえに一人当たりのキャリアアドバイザーや法人担当者が担当する企業も多くその対応に追われます。

そのため、対応が全体的に遅くなってしまいます。加えて、情報量も一人では処理できない量になっているため、問い合わせ対応の処理も遅くなる傾向にあります。

実際、対応の遅さについて厳しい評価を下していたクチコミも数多く存在しています。

このように企業・求職者から高い評価を受けているリクルートエージェントにおいてもデメリットは存在しているのです。上記のメリットデメリットをしっかり理解をしておきましょう。

リクルートエージェントの効果的な活用方法

では、リクルートエージェントをどう利用していくのかという点についてご紹介します。結論から言えば初回面談である程度求人を絞り込んでいくということが大事です。

リクルートエージェントはお伝えしているとおり、求人数が非常に多い、もっといえば多すぎるのがメリットでもありデメリットでもあります。まともに幅広く紹介してもらっていては、あなたの処理範囲を超えることになります。

そして、さらに言えば紹介された求人の分だけ面接を受けることは不可能ですし、良い求人を選ぼうという観点で紹介してもらったとしても、会社規模や年収に引っ張られ、本当に目指したい転職が実現できるとも限りません。

それよりも何が自身の転職する理由になったのか、何を変えたいのか、何をしたいのか、何をしたくないかということのほうが大事です。

面談を受ける前に、自身のことを可能な限り分析した上で面談に臨み、求人の紹介範囲をある程度絞り込んでおきましょう。

有効な求人を紹介してもらうために敢えて絞り込みながら一定数の求人を紹介してもらうというスタンスでリクルートエージェントから求人を紹介してもらいましょう。

初回面談こそがリクルートエージェント利用のカギ!

情報は多すぎても飲まれてしまいますし、少なすぎても自身の転職に良い方向に導きません。

そのため、大事なのは大量の情報を自身の意思で絞り込み、自らの意思で選んでいくことです。リクルートエージェントのサービスは漠然と利用していても良い結果となりません。

しかし、どうやって自身の意向を絞り込んでいけばいいのか分からないという方は、できる限りのことをやって、あとは転職エージェントに相談して一定の解を得るというのが大事です。

とはいえ、ローキャリアのキャリアアドバイザーや納得感の得られない提案しかできないキャリアアドバイザーに当たってしまったら納得感の良い求人を紹介してくれるエージェントをスカウトから見つけ出し、相談するというのも良いでしょう。

定量的な求人と定性的な提案、この双方を獲得しながら転職活動に臨まれることを意識して転職活動を行って頂けたらと思います。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
8月18日 02:23 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop