税金

【手取り40万】年収・生活費・生活レベル(独身、子供2人の場合)・仕事

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事は手取り40万円の月給、年収、生活費とその内訳、独身や子供2人の場合の生活レベル、1人暮らしをする場合の家賃の目安、貯金額、住宅ローンなどについて記載していきます。

また、手取り40万円を稼ぐことのできる仕事もご紹介していますので、是非参考にしていただければと思います

手取り40万の月給、年収とは?

ボーナス(賞与)ありの場合

手取り40万円の場合、額面でおよそ48万円になります。

年収で言えば単純に570万円前後となりますが、ボーナスが年に2回と想定した場合年収は670万円となります。

このボーナスありの場合年収432万円の場合であれば、税金類では所得税は462,500円/年間(472,200円/復興特別税含む)となり住民税はおよそ452,500円/年額となります。

健康保険であれば標準報酬から計算するとおよそ45,500円。40歳以上で介護保険が控除される場合はおよそ4,100円となります。また雇用保険はおよそ1,800円となります。

 

ボーナス(賞与)なしの場合

ボーナスが無い場合手取り40万円の場合、年収は570万円(額面48万円)となります。

年収570万円の場合であれば、税金類では所得税は300,500円/年間(306,800円/復興特別税含む)となり住民税はおよそ371,500円/年額となります。

なお、健康保険や介護保険、雇用保険などはボーナスありの価格と同様になります。

※この他に各種保険控除・配偶者・扶養などの控除があれば手取りは大きくなります。

 

手取り40万の生活費とその内訳

手取り40万円の場合、生活費は節約できればできるだけ良いですが、理想は手取りの半分から少し出る位が貯金もできて理想的です。

その場合、一人暮らしの想定での計算となりますが。

住居費:120,000円

水道光熱費:13,000円

食費(30日):69,000円

通信費:11,500円(携帯・インターネット)

生活日用品:5,000円

交際費:40,000円

民間保険料:15,000円

合計273,500円となります。

残りは126,500円となるので、貯蓄に回すと良いでしょう。

ただし、配偶者の有無や子どもの有無によっては、上記の交際費や住居費の見直し。

生活日用品や水道光熱費、食費の負担増などがあるので賢く計算していきましょう。

[ad#a]

 

手取り40万の生活レベル

独身の場合

独身の場合、手取り40万円(年収600万円前後)の生活レベルは十分余裕のあるものとなります。

一人暮らしでも3食のうち1食はリーズナブルな店舗であれば外食でも問題ありません。

趣味に関しては海外旅行やエステなど贅沢な趣味でも楽しむことが可能となります。

都市部生活でも自動車の所有もできるでしょう。

 

結婚していて子供2人がいる場合

配偶者と子供2人いる場合は住居費用がポイントとなってきます。

住居費用を抑えれば専業主婦と子供2人の教育費確保は十分可能です。

都市部生活などで住居費が掛かる場合、手取り40万円でも妻がパートにでること。

また子供の進学はすべて公立校などと制約が出てくるでしょう。

 

手取り40万の貯金額の目安

手取り40万円(年収600万円前後)の貯金額は単身者か既婚者(子どもの有無など)によっても違いがあります。

総務省家計調査を参照し、一般的な生活費を除いた場合、仮に単身者であり実家暮らしの場合であれば年間で360万円前後は貯金ができるでしょう。

次に、賃貸での一人暮らしの場合は年間でおよそ120万円前後。

子どもや専業主婦がいる場合の貯金額は50万円前後となります。

 

手取り40万で一人暮らしをする場合の家賃の目安

通常収入(年収)の25%以上になると家計負担が大きくなると言われています。

手取り40万円(年収600万円前後)の場合、月額120,000円までが適性家賃となります

都市部であれば築年数も新しく一等地に近いエリアの1R~1DKが借りられます。

都市部から50km圏内であれば、1LDK~2LDKの物件で条件が良ければ駐車場付きなどもあるでしょう。

地方部であれば2LDK~3LDKのマンションも借りることが可能です。

[ad#b]

 

手取り40万の場合の住宅ローン

手取り40万円で住宅ローンを適正な住宅ローンを計算する場合、

返済負担率(20~35%)以内の月々の返済額でローンを考えてみましょう。

手取り40万円(年収600万円前後)の場合適性家賃はおよそ12万円です。

負担軽減率の(12万円×12か月)÷600万円×100=24%

なので、12万円の返済は妥当となります。

これに35年ローン(収入減少分も含め)で計算すると3100~3500万円が適正でしょう。

ただし、自己資金を増やしたりして少しでも返済期間や返済額を減らすとより安心です。

より、安全な住宅ローンを考えるのであれば返済負担率最低の20%となる毎月10万円あたりが理想的でもあります。

 

手取り40万以上稼げる仕事、職種

警察官

30代後半から40代前半の警察官(巡査部長クラス)であれば手取り40万円以上を稼ぐことができるでしょう。

警察には各種手当てもあるので、配属先によってはさらに稼ぐことも可能です。

 

鉄道運転士

鉄道の運転士の手取りも平均で40万円前後となっています。

ただし、勤続年数に応じて変動するので30代後半で到達する可能性があります。

しかし、鉄道でもJRや私鉄。第3セクターと幅広い種類があるので、全国的に見れば40万円も貰えない運転士も多いでしょう。

 

上場企業の会社員

上場企業の会社員であれば30代後半以降であれば手取り40万円に到達するでしょう。

特に賞与の多い会社であれば手取りが40万円未満でも実質40万円と同等の年収を得られている会社もあります。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月19日 12:35 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop