お金

生涯年収(賃金)ランキング【企業・学歴別】

0 コメント
twitter
はてな
facebook

この記事では生涯年収(賃金)が高い企業のランキングをご紹介します。年収が高い企業が1位とは限りません、勤続年数や離職率なども考慮した独自ランキングです。

また、学歴別(中卒、高卒、高専・短大卒、大卒)にも計算した生涯年収ランキングもご紹介していますので、是非参考にしていただければと思います。

サラリーマンの生涯年収・生涯賃金が高い企業ランキング

サラリーマンの生涯年収は単純に年収が高い企業がトップではありません。

その時は高いけれども、年収の高い企業の中には通常の企業の様に20年も30年も勤続せず、数年で退職する方も非常に多いでしょう。

今回は、社員の平均在職期間や社員数。会社の財務状況の統計などから独自計算した、生涯年収の高い企業をランキングにしてみました。

※参考データ四季報・株価情報など

1位:三菱商事(およそ4億5千万円)

年収ランキングは上位ですが会社の規模や在職期間などから考えると、三菱商事では安定して生涯年収の価格に近い収入を稼ぐことが可能でしょう。

三菱商事は総合商社の大手であり、三菱グループ企業のひとつです。

事業内容は多様であり、機械から食品、化学品などあらゆるジャンルに進出しています。

【本社】東京都千代田区丸の内2-3-1

 

2位:キーエンス(およそ平均4億円・30年以上勤続できれば5億円以上)

年収ランキングではトップ3常連の企業ですが、生涯年収では2位です。

確かにキーエンスの年収は非常に高いですが、在職期間から生涯年収を考えると場合によってはさらに低くなる場合もあります。ただし2000人以上の従業員と会社の時価総額、株価などから考えると安定的な経営をしており、社員自体が退職しなければ非常に高い生涯年収を稼ぐことが可能です。

キーエンスは計測制御機器などで大手であり、自動車工場の製造機械など非常に高いシェアと利益率が特徴です。

【本社】大阪府大阪市東淀川区東中島1-3-14

 

3位:三井物産(およそ3億8千万円)

三井グループの中核企業です。

総合商社であり、年収自体も1300万円前後が平均であり、会社の財務状況や株価などから考慮した安定した経営状況。また6000人弱の従業員という人数と平均の在職期間から考えた場合3位になりました。

三井物産は海外などにも進出しており鉄鉱石や原油などの資源関連の生産権益量は、全総合商社ではトップクラスです。インフラ関係も得意としています。

【本社】東京都千代田区丸の内1-1-3

[ad#a]

 

4位:伊藤忠商事(およそ3億5千万円)

伊藤忠商事は総合商社大手です。

こちらも会社の財務状況や時価総額。現在までの事業内容を考慮した場合非常に安定している企業の為、在職を続ければ高い生涯年収を得ることが可能です。

伊藤忠商事は非財閥系ですが、中国系のビジネスを得意とし現在はさまざまな企業を傘下にしています。

【本社】大阪府大阪市北区梅田3-1-3

 

5位:東京海上ホールディングス(およそ3億2千万円)

損害保険などで有名な東京海上ホールディングスです。

東京海上日動が主な代表企業ですが、欧米の海外保険事業に関しても買収をし常に拡大している企業です。

この会社も平均在職年数や、17500人近い単体従業員などから考えると、安定して高い生涯年収を得ることができるでしょう。

【本社】東京都千代田区丸の内1-2-1

 

主に、商社系がランキングを占めましたが、実際の年収ではメディア系などが高い年収を得ていますが、メディア系は平均在職年数が短く、一時的に年収は高くても総合的に考えると商社や銀行系などの企業の方が生涯年収が高くなるケースがほとんどです。

もし、在職年数をすべて35年と考えた場合はメディア系、広告代理店、その他金融コンサルティングなどの企業が上位を占めるでしょう。

[ad#b]

 

学歴別の生涯年収・生涯賃金

中学卒(中卒)の場合

中学校を卒業してから、定年退職するまで働いた場合、他の学歴よりも長く仕事をしますが中学校(中卒)の平均年収の統計から考えると生涯年収は1億8千万円前後となるでしょう。

ただし、企業規模によっては生涯年収は中小企業勤務の高卒を上回る場合があります。

 

高校卒(高卒)の場合

高校を卒業から正社員として定年退職する年齢まで働いた場合、平均で2億円前後が生涯年収となるでしょう。

ただし、自身の生活スタイルなどによって、実際に手元に残る金額は堅実な中卒労働者以下になる可能性は十分あります。

 

高専・短大卒の場合

高専や短大の生涯年収は2億3千万円前後となるでしょう。

ただし、高専は専門的な分野を学び、その分野に特化した仕事先に就職するケースが多く、場合によっては事業規模の大きい企業の場合もあります。

その場合は、大卒者よりも生涯年収が上回るケースもあります。

 

大学卒(大卒)の場合

大卒者の生涯年収は2億5千万円前後と言われています。

一般的に高卒や短大卒などよりも基本給が高い大卒ですが、現在大学レベルの格差が無くなり、今後さらに大学の存在価値が低くなった場合、高専卒などの労働者と生涯年収は変わらなくなる可能性があります。

今後は大卒の生涯年収は確実に下がっていくでしょう。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
9月23日 22:52 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop