薬剤師が辛い、きついと感じる理由をパターン別に紹介。対処法とは?

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回は新人薬剤師や病院薬剤師の勤務、また薬剤師の実習や勉強が辛い、きついと感じる理由について、それぞれの対処法も合わせて見てみましょう。

新人薬剤師が辛い理由

勉強量が多い

薬学部を出て社会人1年目の新人薬剤師は、覚えるべきことが多いです。

薬学部では、在学中の6年間にみっちり薬学の勉強をしてきますが、実際現場で必要とされる知識とは異なる部分も多いのが現状です。

そのため、薬剤師として働くに当たって、まずは新人の1年間のうちに、医薬品や薬局業界に関する知識を詰め込むことが、今後の薬剤師人生において重要なのです。

 

社会人慣れしていない

そもそも、今まで学生だった人が社会人になるので、その点に関するギャップも大きいでしょう。

今まで学生時代には感じたことがなかった社会人としての責任感に加え、もしミスを起こしたら人の命に影響し兼ねない医療人としてのプレッシャーもあります。急な環境の変化で、1年目で転職を考える薬剤師も1〜2割程度いるようです。

 

病院薬剤師が辛い理由

業務が多岐にわたる

病院の薬剤師は、業務内容が多岐に渡っています。外来調剤・入院調剤・病棟業務・治験・ICTやNSTなどのチーム医療・抗がん剤や注射剤の混注などです。

「患者のカルテを見れるので勉強になりそう」ということで病院薬剤師をファーストキャリアに選ぶ人も多いですが、そのぶん業務が多岐に渡っているので、大変なことも多いです。

 

当直があったり、イレギュラーな対応も多い

ひとえに病院といっても急性期やケアミックス、療養型までいろいろありますが、特に急性期病院に関しては、業務多忙と言われることが多いです。

夜から朝まで勤務する当直が月に2.3回発生したり、救急の患者が運ばれたりしてくると、それに伴って業務が発生してきます。

こう見ると、病院薬剤師が肉体的にも精神的にも辛い職種ということがわかるでしょう。

 

薬剤師の実習が辛い理由

初めて社会の場に出る緊張感

なんといっても、今まで学生をしていた人が、実習生という立場とはいえ社会に出るというのは、緊張感があり辛いことでしょう。

今までは馬の合う友人とだけつるんでいればよかったものの、社会人は一緒に働く人を選べないのです。

また大学の顔として各医療機関に派遣されるような形になるため、大学からの見えないプレッシャーもあるでしょう。「他大学の実習生より出来が良く見せたい」と考え、プレッシャーに感じる人も多いでしょう。

 

出来ないことが多いストレス

今まで大学で4年間勉強してきたことが、5年次の実習で活かしきれないことに、焦りやもどかしさを感じます。

基本的には、大学のカリキュラムで教えられることと、現場の薬剤師が求められる知識やスキルは合致していない部分も多いため、そこにストレスを感じる実習生は多いのです。

 

[ad#a]

 

薬剤師の勉強が辛い理由

暗記物が多い

薬剤師が勉強するとして、ほとんどは暗記物になるでしょう。

例えば国家試験の科目で見ても、「物理」「化学」「生物」「衛生」「薬理」「病態」「薬剤」「法規」「実務」と9科目ありますが、ほとんどが暗記です。

効果的に気分転換もしながら勉強しないと、「頭がパンクして何も頭に入らない」というような状態になりかねません。

また現場に入ってからの勉強も、ほとんどが暗記です。添付文書に記載されるような医薬品に関する知識はもちろんですが、薬棚の並びや調剤のルールなど、覚えることが多く、その点かなり大変であると言えるでしょう。

 

医療の勉強には限界がない

周知の通り、医療は日々進化しています。その勢いは止まることなく、薬剤師が覚えなくてはならない知識も日々増えていくのです。

そうなると、いくら勉強をしてもキリがありません。「ここまで勉強したから一人前の薬剤師」と言えるものがないのです。「認定薬剤師」という知識やスキルの目安となる資格は存在しますが、認定薬剤師をとれば勉強が十分かと言われると、そうも言い切れません。

限界がないものに向かってひたすら勉強しなければならないのは、精神的に辛いでしょう。

 

それでは、薬剤師は辛いときにどのような対処法をとれば良いのでしょうか。

それぞれのケースで見ていきましょう。

 

新人薬剤師が辛いときの対処法

社会人の1年目というのは、どのような職場においても辛いものです。覚えることは多く、人間関係には悩まされ、給料は安いです。

そんなときには、新入社員の1年間を「今後40年働くにあたっての修行の時期」と思い込むことで耐えることが重要です。また同期や先輩、大学の友人などにも相談し、悩みを打ち明けるのも良いでしょう。

いずれにしても、うまくいかなかったことがあったときに「1年目は失敗しても当たり前」とある程度割り切ることが重要です。

 

病院薬剤師が辛いときの対処法

病院薬剤師の辛さには、前述の通り肉体的なものと精神的なものがあります。

肉体的なものは、正直どうしようもありません。しっかり休養を取って業務に臨むか、それでも辛いということであれば、業務負荷の少ない病院(当直がない病院や、薬剤師を余裕を持って配置している病院)への転職を考えるべきでしょう。

精神的なものに関しては、考え方次第で乗り切れると思います。自分が将来どのような薬剤師になりたいのかを考え、それに向けて今の多忙な業務が身を結んでいるのかを考えれば、この職場で頑張るべきか、そうでないかが見えてくると思います。

その際の転職相談に関しては、エージェントを使ってみることをオススメします。今までさまざまな薬剤師の転職支援に乗ってきた経験豊富なアドバイザーが、的確なアドバイスをしてくれます。

 

[ad#b]

 

薬剤師の実習や勉強が辛いときの対処法

実習が辛いときの対処法は、大学の友人と話すことでしょう。

今まで4年間同じ経験をしてきた仲間は、必ず実習で同じ壁にぶつかっているはずです。まずは友人に話し、一緒に悩みの解決策を考えるようにしましょう。

また、勉強が辛いときは、仲間を作ると良いでしょう。

国家試験の勉強に関しては、大学の友人や、就活中にできた他大学の友人に悩みを打ち明け、支えてもらうと良いでしょう。

また社会に出てからの薬剤師の勉強に関しても、外部セミナーを聞きに行った際に周囲の薬剤師に積極的に話しかけるなど、仲間を増やし勉強仲間を作るようにすると、モチベーションを保ちやすいです。

ただでさえ人間関係が狭くなりがちな薬剤師業界では、自ら積極的に外に働きかけることが重要なのです。

 

終わりに

薬剤師は勉強量や日々の業務内容、人間関係で辛いことも多いです。

困ったときは転職エージェントのアドバイザーに悩みを聞いてもらい、転職するべきかどうかについても相談に乗ってもらうのが良いでしょう。

こちらの記事も参考にどうぞ

薬剤師を辞めたい理由と、パターン別対処法

薬剤師転職サイト・求人サイトランキング

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
7月21日 07:12 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop