転職活動の期間は3ヶ月~半年を目安に!スケジュールと準備するもの

0 コメント
twitter
はてな
facebook

現代では新卒時に入社した企業に一生勤める終身雇用制度が崩壊したこともあり、昔に比べてより多くの人が転職に挑戦しています。

しかし、新卒の学生が行う就職活動に比べてるとまだ一般的に馴染みが薄いものになるために、いざ転職活動に取り組む際にどのように行動すればよいかが分からない場合も多くありません。

ここでは、そんな方々のために、転職活動の期間を把握して転職を成功させるためにはどのようなポイントが必要なのかをまとめました。

転職活動は短い場合で3カ月、長くても半年程度で終わることが一般的

転職活動は、新卒の学生が取り組む就職活動に比べて圧倒的に短期間で決着がつく場合が多いのです。

新卒の学生が大学3年生の6月頃から1年、或いはそれ以上の期間をかけて取り組みます。自己分析や業界研究といった、大学3年生に入る前にもできる活動も積極的に取り組むと、通算で2年以上の時間を費やしている場合も珍しくありません。

一方で、転職活動は短い場合で3カ月、長くても半年程度で終わることが一般的です。これには次のような理由があります。

  • 職歴でブランクができてしまうことを避けるため
  • ビジネスの感覚が鈍ることを避けるため

では、これら2つの主な理由について見ていきましょう。

職歴でブランができてしまうことを避けるため

最初の理由は、職歴でブランができてしまうことを避けるためです。

一般的に前職を辞めてから3カ月程度まではブランクが合っても問題ないと見なされる場合が多いですが、それ以上は仕事に取り組む意欲や姿勢に問題があると見なされる場合もあります。

そのため、長くても6カ月程度までに抑える必要性があります。

前職に勤務しながら就職活動に取り組んだほうがよいと言われる理由はここにあります。転職活動期間は、通算で6カ月であっても前職に取り組みながら行った場合は、事実上ブランクは無いためです。

ビジネスの感覚が鈍ることを避けるため

次の理由は、ビジネスの感覚が鈍ることを避けるため、という理由です。何らかの形で仕事に毎日取り組んでいれば、最低限収集する情報や感覚があります。

例として、新聞を毎日読む、商談をする、コミュニケーションを取ることによって仕事を達成するといった内容があります。

これらは企業に勤務している時には特に気にしていないものですが、退職してしまうと途端に感覚が失われてしまうものの代表例です。こうした感覚が書類を作成する時や面接を受験する時に活用されるのです。

ビジネスパーソンとしての最低限の感覚とも言えます。こうした部分を維持するためには、なるべく前職を退職した後も、常に最新の情報を収集して話題に乗り遅れることの無いように気をつける必要があります。

具体的なスケジュールとは

では、ここで具体的なスケジュールについて確認しましょう。およそ、3カ月から最大でも半年程度の中で以下のような活動に取り組む必要があります。

  1. 転職準備を行う
  2. 必要書類の準備
  3. 求人に応募する
  4. 筆記試験や面接試験を受験する
  5. 内定をもらい、現在在職している企業を退職する

上記のような流れになります。これらを効率よくこなしていくためにはどのようなポイントに気をつければよいのでしょうか。では、1つ1つ具体的に確認していきましょう。

転職準備を行う

一番最初に取り組む必要がある基本的な準備になります。転職するためには、どの企業に応募する際にも必要とされる自己分析や業界研究の知識が必要になります。

また転職活動は、最終的に面接で自分の持っている能力を最大限にアピールすることができるかどうかにかかっています。

このためにどの企業にも対応できるようにするための、下地となる部分の準備が必要になります。この部分には、1週間なら2週間程度の時間をかけて綿密に作成する必要があります。

必要書類の準備

次に取り組む必要がある準備は、必要書類を準備することです。志望動機や自己PRを実際に作成することではなく、事務的な書類を準備しておくという意味です。例として以下のような書類が転職の際には必要になります。

  • 年金手帳
  • 雇用保険被保険者証
  • 源泉徴収票
  • 扶養控除等申告書
  • 健康保険被扶養者異動届
  • 給与振込先の届書

これらの書類には提出期間が設けられています。転職活動は多くの場合、前職の企業に勤務しながら行うことになります。そのため、こうした書類の準備は実際に必要になる時期がわからないために、後回しにすることがよくあります。

しかし、実際に内定が決まってから集めようとすると意外と時間がかかるものでも有ります。特に発行元が官公庁の系統の場合にはお昼の時間しか営業していないという面もあるので、なおさら余裕を持っておく必要があります。

せっかく内定を獲得できていても、これらの書類が提出期限までに提出されない場合は内定が取り消されてしまう場合も多々あります。十分に余裕を持って取り組む事が大切です。この部分には、概ね1週間程度の時間が必要になります。

求人に応募する

次に取り組む内容は、求人に応募することです。この部分が転職活動をする上で最も根幹の部分を構成しています。どのような企業に応募するかによって、転職活動が成功するかどうかが決まるからです。

まずリクナビやマイナビといった転職活動をする際のメジャーなサイトに登録することから始まります。これらのサイト内の情報登録の場面で、自分の経歴や職的、転職する時に重要視する要素をきちんと登録していくことが大切です。

この部分で、前述のなぜ転職を希望するかという部分が生きてきます。労働環境の改善を主目的として転職活動を行う場合と、給料やキャリアのアップを目指して転職活動を行う場合とでは、登録する内容や情報が確実に違ってくるためです。

自分の中で方針が定まっていないと、応募の段階で企業選びに迷ってしまいます。そのため、転職活動をきちんと成功させて自分の中で納得のいく結果を出すためにも、自分にとって重要な要素をきちんと把握していることが何より重要なのです。

この部分には、およそ1カ月から2カ月程を費やす場合が一般的です。

筆記試験や面接試験を受験する

次に取り組む内容は、筆記試験や面接試験を受験することです。つまり、実際に企業の選考の過程にいよいよ入っていくことになります。

選考の過程自体は、新卒時に取り組んだ就職活動と大きな違いはありません。エントリーシートや筆記試験をはじめとする書類選考に始まり、1次面接、2次面接、最終面接とコマを進めていくことが一般的です。

新卒時の就職活動との違いは書類審査が無い場合もあること、そして面接の比重が新卒時よりも極めて高いという点です。

書類審査は、上述のサイトに登録した情報を基に予め企業側から選出されることも多いです。また、書類審査で90%以上の応募者が落とされることも多いです。なぜなら、応募者は数多くいますが募集そのものは極端に少ないためです。

このため年齢や経歴、年収、前職でどのようなポジションにいたかということまで事細かに見られます。全ての条件に合致した応募者しか面接に進めないためです。

そして書類でかなりの応募者を落としているために、集団面接である1次面接は通常省略され、いわゆる2次面接クラスの面接からはじまることが多いです。

企業が求めている条件面は全て満たしていると思われる人物との個人面接になりますので、極めて詳細に尋ねられることが多いです。

志望動機や自己PRといった面はもちろんのこと、前職を辞めて応募した理由やどのような職歴を持っているか、性格面や能力面を含めて総合的に判定されます。

このために、面接の時間が1時間から2時間程度と極めて長いことも多く応募者にとってはそれだけ綿密な準備が必要であるとも言えます。

この部分には、およそ1カ月ほどの時間を費やすことになります。しっかりと準備をした上で臨むようにしましょう。

内定をもらい、現在在職している企業を退職する

無事に最終面接まで進んで、内定を無事に得ることができたら今現在働いている企業で退職の手続きを進める必要があります。

大抵の企業では、退職届を出してから1カ月はその企業で継続して勤める必要があります。その理由は、後任者への引き継ぎや机の整理、或いは自分がお世話になった部門や取引先への挨拶などです。

この部分で気をつけるべきポイントは、「飛ぶ鳥後を濁さず」の精神で何事も丁寧に進める必要があります。

今現在勤務している企業がブラック企業であるなどの場合を除いて、不義理を残さないように処理と手続きを進めていくことが、次の職場で新しくスタートさせるための原動力となります。

また、この点で問題があると巡り巡って悪い噂の形で新しい企業に伝わってしまう場合もあります。このため、そうした点に配慮しながら進める必要があるのです。

社会人としてきちんと対応して次の職場に移りましょう

転職活動はまだそれほどメジャーではないものの、取り組む人の数は徐々に増えてきています。それだけ、自分の人生の中でのキャリア形成にこだわる人が増えてきているとも言えます。

その分、応募者が増えているのが現状ですのできちんと準備をした人でも落とされることはよくあります。

自分の納得のいくキャリアを形成して人生を豊かにするためにも、きちんと方針を定めて悔いのないように取り組むようにしましょう。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
8月18日 02:17 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop