ランキング

薬剤師転職サイト・求人サイトランキング

0 コメント
twitter
はてな
facebook

薬剤師が転職する際に、転職サイト、求人サイトを使うことは重要です。ハローワークではわからないような求人の詳細がわかったり、年収など条件の交渉もしてくれるからです。

今回は、薬剤師専門の転職サイト、求人サイトを比較し、本当に登録する価値がある転職サイトをランキング形式で紹介していきたいと思います。

薬剤師が転職サイト、求人サイトを利用する際の注意点

まずは薬剤師が転職サイトを選び登録する際の注意点について考えてみましょう。

登録前に、自分の状況を整理しておき、希望条件をきちんと伝える

転職サイトや求人サイトを使って転職をする際に重要なことは、転職アドバイザーの言うことをすべて鵜呑みにせず、自分の考えをしっかり持つことです。

転職サイトや求人サイトを運営している転職エージェントは、薬剤師を転職させることで企業側から成功報酬をもらっています。そのため「薬剤師が全く希望してないが採用意欲は高い企業」を受けるように勧めてくることがよくあります。

転職サイトに登録する前に、今回の自分の希望を紙に書き出し、アドバイザーの誘導に流されないように整理しておくとよいでしょう。

また、自分の希望条件を積極的に伝えておくことで、キャリアコンサルタントにも「どういった求人を紹介していけば良いのか」ということを理解してもらうことができ、自分の希望条件に合った求人を紹介してもらうことができます。

特に、「年収」、「雇用形態」、「勤務地」、「職場」といった4つの要素は、譲りがたい項目である可能性が高いため、自分の希望条件をきちんと分かりやすく伝えておく必要があります。

 

複数の転職サイト、求人サイトに登録する

先ほどお伝えした通り、転職アドバイザーは自分の主観によって求人を紹介しているケースも多くあります。そのため、多くの転職アドバイザーから意見をもらい、どのアドバイザーが自分のことを一番考えてくれているかを比較することが重要です。

また、基本的には担当になったアドバイザーを変更することはできないため、ハズレのアドバイザーを引くリスクも考え、転職サイトには複数登録しましょう。

またそれぞれの転職サイトや求人サイトには、得意とする求人が異なっています。例として、病院薬剤師の求人は豊富であるけれど、ドラッグストアや調剤薬局の求人は少ないという転職サイトがあります。

こうした転職サイトの場合、病院薬剤師になりたいという人にとっては利用価値が高いので、登録するべきですが、調剤薬局やドラッグストア、またMRとして製薬会社で働きたいと考えている薬剤師にとっては、利用価値が少ないと言えます。

自分の利用価値が高い転職サイト、求人サイトに出会うため、また多くの求人情報を知るためにも、これから紹介するランキングを参考にして、最低2つは登録しておくことをおすすめしあす。

 

薬剤師転職サイト、求人サイトランキング

それでは、転職サイトによってどのような違いがあるのでしょうか。薬剤師に人気な転職サイト5つをランキング形式で比較して見てみましょう。

ここでは、雇用形態(正社員・派遣・パートのどの形態に強いのか)、どの職場の求人が豊富で強いのか、キャリアコンサルタント、アドバイザーのサポートの質の3つの項目を軸に比較していきますので、どの転職サイト、求人サイトが自分に合っているのかを考えてみてください。

 

1位 マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師LP

 

雇用形態 職場 アドバイザーのサポート
正社員 全職場(特に調剤薬局) ★★★★★

対応地域:北海道から沖縄まで全国対応

医療系を問わず、全職種でも転職支援を行なっているのがマイナビです。そのため、さまざまな企業とやり取りがあり、その結果他社と比べて企業求人の数が多い(40000件)です。

テレビCMや街中の広告でも公言しているように「会う」を体現していて、登録後まずはアドバイザーと直接会って面談をし、その後に求人を紹介してくれます。顔が見えるという点で、安心を感じる人はいるでしょう。

またアドバイザーが職場にわざわざ足を運び、その職場の雰囲気を教えてくれるため、「ミスマッチが起こりにくい」という口コミがあります。

また「短期的なキャリアだけではなく、長期的な視点から熱心に転職支援をしてくれた」といったキャリアサポート面での良い口コミもあります。

こうした手厚いサポートにより、マイナビ薬剤師は、4年連続利用者の満足度がナンバーワンにもなっており、キャリアコンサルタント(アドバイザー)の質が非常に高いと言えます。

病院、調剤薬局、ドラッグストア、企業と全ての職場の求人が豊富でありますが、特に調剤薬局の求人は、都会・田舎問わず豊富です。

中でも大手薬局との繋がりが強く、さくら薬局、クオール薬局といった大手調剤薬局の求人が豊富です。

マイナビ薬剤師は、求人の量、質、キャリアコンサルタントのアドバイスなど、比較項目全てにおいて高い水準であるため、正社員として勤務希望の人は、まず最初に必ず登録するべき転職サイトになっています。

参考記事:マイナビ薬剤師の評判、口コミは悪くないのか?職場カルテが使える!

 

2位 薬キャリ

薬キャリ

雇用形態 職場 アドバイザーのサポート
正社員 全職場(特に病院、製薬会社) ★★★★

対応地域:北海道から沖縄まで全国対応

医療従事者の転職サイトでシェアNo.1なのが株式会社m3(エムスリーキャリア)の転職サイト「薬キャリ」です。

全体の求人数は、約3万件であり、マイナビ薬剤師と比べると若干少ないですが、それでも十分な求人数であると言えます。

もともとはドクター向けの医薬品情報誌の提供から始まった企業で、特に医師の転職に関してはダントツのシェアを誇っています。そのため、病院の事務長との関係が良好であり、病院の求人数も多くなっています。

転職先はすでに病院に決めており、病院同士を比較検討したいという方にはオススメの転職サイトです。

また薬キャリは、年収交渉に特に力を入れている求人サイトであり、年収が地方と比べて低いとされている都市部の転職にも関わらず、年収が上がったという口コミが多数あります。

そのため、派遣薬剤師ではなく、正社員薬剤師として、年収を上げていきたいという薬剤師には特におすすめできる転職サイトになっています。

参考記事:薬キャリの評判、口コミは悪くないのか?ママ薬剤師におすすめ

 

3位 リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

雇用形態 職場 アドバイザーのサポート
正社員 全職場(特に調剤薬局) ★★★★

対応地域:北海道から沖縄まで全国対応

言わずと知れたリクルートグループ(運営:リクルートメディカルキャリア)の薬剤師部門のサイトです。

「転職のプロと言えばリクルート」と言われるくらい認知度も高く、企業からの信頼も厚いです。薬剤師市場に関しては他社に比べると後発ですが、圧倒的信頼を得てシェアを伸ばしています。

スピーディーかつ丁寧な対応がウリで、登録した次の日には面接に行かれる薬剤師もいるようです。また目の前の転職に捉われず、薬剤師としてのキャリア相談にも乗ってくれるので、長期的な目線での提案もしてくれます。

調剤薬局の求人数が2万件を超えており、特に調剤薬局の求人に強いと言えるため、調剤薬局への転職を希望する人は、利用する価値が十分にあると言えます。

ただし、リクナビ薬剤師は、転職希望時期が6か月以内の薬剤師をサポート対象としているため、1年後などの転職を見据えている人は、サポートしてもらえない可能性があるため、注意が必要です。

逆にスピード感を持って転職活動を進めていきたい、すぐにでも今の職場を辞めたいという人にはもってこいの求人サイトであるため、積極的に利用していきましょう。

参考記事:リクナビ薬剤師の口コミ、評判は悪い?電話ではなく、メールでも対応してもらえる

 

4位 ファルマスタッフ

ファルマスタッフ高時給LP

雇用形態 職場 アドバイザーのサポート
派遣 調剤薬局中心 ★★★★

今一番勢いがあり、急成長しているのが株式会社メディカルリソースの転職サイト「ファルマスタッフ」です。

日本調剤のグループ会社であることもあり、調剤薬局の求人に強いです。求人情報に詳しく、ハローワークではわからないような、各店舗の職場の雰囲気なども把握しています。

ファルマスタッフは、マイナビ薬剤師、薬キャリ、リクナビ薬剤師とは、異なり、正社員ではなく、派遣薬剤師として勤務したい人向けの転職サイトになっています。

ファルマスタッフは、時給4000円から5000円といった高時給に加え、住宅手当などの福利厚生も整っている派遣薬剤師の求人が豊富です。

調剤薬局などで、派遣薬剤師として、勤務したい人は、高待遇を狙うためにも、必ず登録するべき求人サイトであると言えます。

参考記事:ファルマスタッフの口コミ、評判は悪い?コンサルタントとの面接が負担

 

5位 薬剤師ドットコム

薬剤師ドットコム

雇用形態 職場 アドバイザーのサポート
正社員・パート 全職場 ★★★★★

業界トップクラスの求人数を誇る、株式会社メディウェルが運営するサイトです。

薬剤師ドットコムの特徴として、正社員向けの求人だけではなく、パート向けの求人も多いということが挙げられます。そのため、子育てなどの事情があり、フルタイムで働くのが難しい、ママ薬剤師の方におすすめの転職サイトになります。

転職エージェントの中には、無理な転職を勧めてくるような企業もありますが、こちらのコンサルタントの対応は非常に親切で、安心して自分で選んだ企業に転職することができます。

「納得感」のある転職というのが、メディウェルの方針であり、求職者が納得して、満足のいく転職活動をし、自分に合った職場を見つけられるように、親身になった対応をしてもらうことができます。

まとめ

今回の記事では、薬剤師の転職サイト、求人サイトを選ぶとき、使用するときのポイントや、ランキング形式でおすすめのサイトを紹介してきました。

最初にも書きましたが、1つの転職サイトに絞って転職していくのは、リスクがあるため、まずは大手転職サイト(マイナビ薬剤師、リクナビ薬剤師、薬キャリ)の3サイトに登録し、必要に応じて、他の転職サイトや求人サイトを追加で使用していくのが良いと言えます。

是非、うまく転職サイトを活用していき、満足のいく転職活動になることをおすすめします。

 

こちらの記事も参考にどうぞ

薬剤師の志望動機の例文と書き方のポイント。転職のプロが語る!

薬剤師がブラック職場を避ける方法とは?事前調査が大切!

薬剤師の転職失敗体験談と、成功させるための3つのポイント

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
9月19日 23:39 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop