第二新卒とは?自己PRはどのようにすればよいのか?

0 コメント
twitter
はてな
facebook

第二新卒の定義とは?

新卒者とは、学生から初めて社会で仕事をする人のことです。そして一般的に、第二新卒者とは、職歴が3年以内にの人のことを言います。

しかし、第二新卒としてみなす職歴の年数というのは、企業によって異なっており、2年以内としている企業もあれば、4年以内としている企業もあります。

大手広告代理店の博報堂は、第二新卒者の定義を、職歴が2年以上4年未満、三井住友銀行は、1年以上5年未満の人としています。

そのため、 1年以内に退職してしまった人は、一般的には第二新卒としてみなされるが、一部の企業では第二新卒枠で選考を受けることができなかったり、職歴が4年であっても、第二新卒枠とみなされることがあります。

第二新卒での転職を考えるときは、自分の行きたい企業が、職歴が何年の人を第二新卒としてみなしているのかをきちんと確認しておく必要があります。

 

日本では、第二新卒より新卒が有利とされているが、例外はある

日本では、新卒者の方が就職に有利とされています。それはなぜか?理由は、まだ社会人として仕事をした経験が無く、採用された企業で濡れたスポンジのように様々なことを吸収し、覚えていくからです。

余計な価値観やビジネスのルールを理解していない分、その企業に合わせた教育をすることが出来ます。

 参考記事:第二新卒の厳しさ。僕が感じた6つの「壁」

 

第二新卒の方が有利な場合もある

新卒者の方が有利に聞こえるかもしれませんが、第二新卒者が有利である場合もあります。

第二新卒者は一定の社会人経験を経ているので、ビジネスのルールを理解していることにあります。やはり社会人経験がある第二新卒者は、新卒者と比べて一から十まで教える必要がありません。そのため、即戦力として働いてもらえるという企業からの期待があるのです。

また、第二新卒者は社会人を経験して、苦しいことや辛いことも乗り越えてきました。メンタルの強さも認められているのため、新卒者よりも第二新卒者を欲している企業もあるのです。必ずしも新卒者の方が有利ということはありません。

特に最近は、以前ほど第二新卒に対して差別的な見方がなくなったおり、第二新卒を積極的に募集している企業も、ベンチャーから大手まで増えてきたため、チャンスは広がっていると言えます。

参考記事:第二新卒を募集中の大手優良企業の求人7選

[ad#a]

 

履歴書や職務経歴書の自己PRの書き方

 転職を決意したら、まずは履歴書を作成しましょう。履歴書の中で最も大切な項目は、志望動機と自己PRです。

 特に自己PRは重要視されます。自分が企業でどんなことが出来るのか、どんな特技を持っているのかを伝えることで、企業側はあなたに興味を持ってくれます。気合を入れて自己PRを書く必要があります。

 

参考記事

書類選考が通過しない理由まとめ

第二新卒の志望動機の書き方のポイントと例文3選

 

前職で学んだこと、経験を書く

第二新卒者であるあなたは、社会人として働いた経験があります。これが新卒者との大きな違いです。企業側は、あなたがどのようにしてこれまで働いてきたのかに興味を持っています。

経験を活かした自己PRを書くことで、入社後に活躍してくれるのではないか、と期待してもらうことができます。

例えば、アパレル業界で仕事をしてきたのであれば、接客術について書きましょう。コミュニケーション能力は、どんな仕事にも必要なスキルです。

上司や同僚、部下としっかりコミュニケーションを取ることで、仕事はスムーズになります。これまで接客をしてきた経験がここで自己PRとなるのです。

注意するべき点は、抽象的な自己PRは、誰でも書くことができるため、評価されにくいため、必ず具体的なエピソードとセットにした自己PRを書くようにするということです。

前職で学んだことが少なく、エピソードがないという人は、些細なエピソードでも良いため、必ず具体的な体験談を織り交ぜて書くようにしてください。

[ad#b]

 

面接での自己PRのポイント

面接では、履歴書に沿った質問を面接官からされます。履歴書は必ず提出する前にコピーして手元に置いておきましょう。

私の体験談としては、面接でも自己PRが重要ということです。面接のときは間違いなく質問される項目ですし、これまで仕事をしてきた経験を交えながら話すことが重要になってきます。

 参考記事:面接の通過率をぐんと高める!キャッチボール面接のすすめ

 

内容だけではなく、話し方や表情も重要である

面接は面接官の表情を見ながら話すことになります。これまで社会人を経験してきたことを自身を持って話しました。

自信を持っている人の言うことは説得力があります。そして笑顔を忘れないことです。笑顔は面接官に好印象を与えます。笑顔の練習をしておくことで、面接本番でも緊張が和らぎます。

 

第二新卒として転職を希望する人へ。

第二新卒への門戸は開けてきましたが、優良企業に第二新卒で転職するのは、依然として難しいと言えます。

転職エージェントを利用することで、書類の添削や面接の練習、自己PRを考えてもらったりすることができます。うまく活用して、転職を成功させることをおすすめします。

 

こちらの記事も参考にどうぞ

第二新卒でなかなか内定を獲得することができない人の特徴をまとめてみた

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
9月20日 00:22 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop