履歴書」タグアーカイブ

ビジネス

【履歴書】研究課題の書き方のポイントと例文【理系・文系】

今回の記事では、履歴書の研究課題の書き方のポイント、研究課題がない場合やまだ、未定である、途中の場合について紹介していきます。文系や理系の場合のそれぞれの研究課題の例文も記載していきますので、是非参考にしていただければと思います。

続きを読む

ビジネス

【履歴書】メールアドレスの書き方|記入欄がない時、ふりがなの振り方

今回の記事では、履歴書のメールアドレスの書き方のポイント、履歴書にメールアドレスの記入欄がない場合の対処法、ふりがな欄がある場合の振り方、キャリアメールではなく、フリーメール(gmailやyahooメール)などが良い理由、メールアドレス欄の空欄はNGかどうかなど記載します。 続きを読む

事務

【履歴書】写真の撮り方、貼り方、服装・髪型、背景色、サイズ

今回の記事では、就職活動や転職活動で使用する履歴書の写真は、スピード写真と写真館のどちらで写すべきか?撮影時の服装、髪型、背景色とサイズはどうするのが最適か、履歴書に写真を貼る際の注意点やポイントについて説明します。 続きを読む

履歴書

履歴書の課外活動の書き方のポイントと例文【アルバイト・部活・インターン】

今回の記事では、履歴書の課外活動の書き方のポイント、課外活動が特になしの場合や、箇条書きをしても良いのかなどについて記載していきます。アルバイト、部活、インターンなどそれぞれの課外活動の例文についても紹介していきます。
続きを読む

履歴書

履歴書やエントリーシートの誤字脱字やミスの採用への影響|書き直すべき?

今回の記事では、履歴書やエントリーシートにおける誤字脱字やミスに関しての注意点や、ミスをしてしまった場合の採用への影響の有無、ばれたりせずに受かったり、通ったりすることがあるのか、面接時に気づかないのかなどについて記載しています。 続きを読む

【履歴書】中退の書き方、理由ごとのポイント【中退予定、妊娠、経済的】

今回の記事では、履歴書の中退の書き方について記載していきます。中退の理由ごとの書き方(中退予定である場合、妊娠やいじめの場合、経済的な理由の場合)も解説していきますので、是非参考にしていただければと思います。
続きを読む

メリット

【転職して1か月で退職】失業保険はもらえる?退職理由の話し方や履歴書の書き方のポイントは?

今回の記事では、転職して1か月で退職したというケースについて、失業保険はもらえるのか、退職理由の話し方、履歴書の書き方のポイントなどについて記載していきたいと思います。

 

転職して1か月で退職した場合、失業保険はもらえる? 

希望を持って転職を決めたけれど、その社風が自分に合わなかった、また仕事の内容が期待しているものと異なっていたなどの理由で、転職をして早期に退職をしてしまうこともあります。

就職をした時には、いろいろな社会保険の手続きをしますが、その中の1つに雇用保険というものがあります。

この雇用保険とは、国が行っている保険事業の1つであり、急に仕事をなくした人などに給付をするためにかける物なのとなっています。

そのため失業保険とも呼ばれます。もしも転職後1か月で仕事をやめて、職がなくなったらこの失業保険はもらえるのでしょうか。

答えはもらえる場合ともらえない場合があります。なぜなら、失業保険、つまり雇用保険を受給できる条件が決められているからなのです。

その条件の1つが、退職日以前の2年間に雇用保険に加入していた期間が1年間以上なくてはいけないというものです。

つまり転職後に1か月で退職をしてしまったら、この条件をクリアすることが出来ないのです。その点から、失業保険はもらないということになります。

また雇用保険に入ると受給資格というのがもらえます。もしも転職をした職場で、受給資格をもらう前に退職した場合は少し手続きが変わってきます。それは前回退職した会社のものを引き継ぐことが出来る可能性があるためです。

前回退職した時の給付日数が残っていれば、失業保険をもらえる可能性があります。通常失業保険の受給期間は1年間です。そのため前の職場を退職して1年以内に起こった出来事であれば、受給できる可能性もあるので確認すると良いと言えます

[ad#a]

 

転職して1か月で退職した場合の退職理由の話し方のポイント

なぜ入社しようと思ったのかという段階から説明する

これまでの職業をやめて転職をするという時には、とても勇気がいることだったのではないでしょうか。しかしせっかく入社した会社でも自分の目指したいことが出来なかったら、やはりここにいる意味はないと思ってしまいます。

退職理由を聞かれた時には、なぜその会社に転職をしたかということからまず話し始めることが大切です。「どんな希望を持ってその会社に入ることを目指したのか?」、「どんなことをやりたいと思っていたのか?」を説明します。

そのような熱意ややる気を持っていたことを証明できれば、退職をした理由を話しても、印象が悪くなりません。会社と求める物のギャップがあったと理解することができます。

 

人間関係などが原因であっても、特定の人や会社の悪口を言わない

残念ながら転職して1か月で退職をすることになっても、その会社のことは悪く言わないというのが大きなポイントです。

例え、社風や仕事に不満があっても、自分には合わなかっただけ、価値観が違っただけという理由で、会社自体の批判をすることはやめておきましょう。

また人間関係で悩んだとしても、上司の悪口などは口外しない方がいいです。そのような悪口を言うと、自分の印象が悪くなりますし、この人はどこに行っても結局満足しないな、どこでも悪口を言われるなという印象を持たれかねません。

[ad#b]

 

転職して1か月で退職した場合、履歴書の書き方のポイント

試用期間退職の場合、履歴書に記載しなくてもかまわない

会社には、試用期間を設けているところもたくさんあります。もしも1か月で退職をする場合には、規則をもう一度振り返ってみましょう。もしかすると自分が辞めた時期が試用期間であることも少なくありません。

その場合は、試用期間中に自分がこの会社に合っているかどうか、また今後長く働いていけるかどうかを見極めて辞めたということになるので、悪い印象にはなりません。

また試用期間であれば、履歴書に書く必要もありません。そのため、まずは規則をもう一度確認をすることが大切です。また、1か月足らずに職歴は書かなくても良いと言われる場合もあります。

そのため履歴書に書くべきかどうか判断に迷った時には、転職エージェントなどの転職のプロに相談してみることが大切です。

 

履歴書に記載する場合は、「一身上の都合で退職」と記載する

履歴書に書く場合には、会社名を記入後、一身上の都合で退職と記入をします。通常履歴書には、退職理由として一身上の都合という言葉をよく使用します。

詳しい退職理由は、企業側が興味があれば、面接で聞かれることになると思いますので、履歴書には詳しく書かず、面接で納得してもらえるような説明をすることが大切になってきます。

 

まとめ

今回の記事では、転職して1か月で退職したケースについて、履歴書の書き方や退職理由の話し方のポイントについて解説してきました。

短期離職は通常好ましくないため、次の転職が難しくなってしまう可能性もあります。

転職のプロである転職エージェントを使用することで、特に重要になってくる退職理由の説明をどうするのかということなどについて、一緒に考えてもらえたり、サポートしてもらうことができます。

無料で利用でき、サポートも充実しているため、うまく活用していくことをおすすめします。

履歴書

【履歴書】特技、趣味の例文と書き方のポイント

履歴書やES(エントリーシート)の特技、趣味欄の書き方のポイントや、例文を記載していきます。料理、パソコン、スポーツ、タイピング、掃除、書道、旅行、ゲーム、ライブ、写真、散歩などの例文を記載しますので、是非参考にしていただければと思います。

履歴書の特技、趣味欄の書き方のポイント 

応募

自分をアピールする場と考えて記入する

履歴書の特技や趣味の欄を書くとなると、本当に文面通り受け取り、そのまま、「私の特技はこういうものです」と、ただただその内容を説明するだけに留まったり、「趣味で余暇を楽しく過ごしている」といったように、ただただ遊んでいるかのようなことを書いてしまう人がいますが、それではいけません。

この欄は、短所や長所、資格欄等と同じく、自分をしっかりとアピールするための場所だという認識で書く必要があります。

 

人間性や仕事への繋がりが伝わるように記載する

次に、特技や趣味欄の説明をどういう風に展開すればアピールできるかについてですが、大きく分けて、「仕事にどうつながるか」「自分はこういう人間だ」という2点になります。

先程、短所や長所、資格欄等と同じと書きましたが、その辺りで書いた内容ともリンクさせて文章を展開すると、アピールポイントにブレが無くなるため、面接官の印象にも残りやすくなります。

[ad#a]

 

履歴書の特技の例文

バランス

料理

私の特技は料理です。最初の内は、レシピ本を片手にみっちりと基礎を学び、そっくりそのまま料理を作ることに専念していました。

最近では馴れてきたのもあり、自分のオリジナリティを出した料理や、少しでも素早く美味しく作る方法を研究しています。

 

パソコン

私の特技はパソコンです。元々、私はパソコンを触るのが大好きで、毎日必ず1時間程度はパソコンに向かい、インターネットのニュース等を閲覧しています。

また、休日は電気街などへ出かけて行き、自作パソコン用のパーツを見たり、最新のパソコン周辺機器の性能や価格をチェックしているので、普通の人よりもパソコンに強い自信があります。

 

スポーツ

私の特技はスポーツです。

私はスポーツ全般、見るのも自分でやるのも大好きで、休日にはゴルフや野球観戦に出かけることもしばしばです。

スポーツで汗をかくことにより、普段の仕事の疲れは吹き飛び、またリフレッシュして週明けを迎えることが出来ます。

 

タイピング

私の特技はタイピングです。

昔から、インターネット上のチャットルームによく顔を出していたため、タイピングのスピードは誰にも負けない自信があります。

また、文章を書くのも大好きなので、書類作成を初めとする事務の仕事に非常に役立っています。

 

掃除

私の特技は掃除です。

暇があれば、自宅の気になる箇所を掃除するのはもちろんのこと、少しでも生活しやすいように部屋の模様替えをしたり、効率の良い掃除の方法を常に考えています。

こうした、環境を整えたり、効率の良い方法を探すといった姿勢は、これまでの仕事においても非常に役立ちました。

 

書道

私の特技は書道です。

書道は小学校入学から卒業までの6年間習っていましたが、単に字が上手くなったというだけでなく、正座をして墨をすることで、自分の精神状態をコントロールする方法を身に付けました。

この時の体験は今でも活きており、ちょっとしたことで狼狽することは無くなりましたし、腹が立った時でも、すぐに我に返って冷静になれるようになりました。

[ad#b]

 

履歴書の趣味の例文

趣味

旅行

私の趣味は旅行です。私は好奇心が強い方で、知らない場所や、見たことがないものを見てみたいという思いが非常に強いです。

仕事においてもその姿勢は変わっておらず、常に新しい仕事にチャレンジしていきたいと考えています。

 

読書

私の趣味は読書です。

私は新しい知識を吸収することが好きなのですが、本には自分の知らないことや、体験したことが沢山書かれているので、読書はそんな私に非常に向いている趣味だと言えます。

これは仕事においても全く同じで、自分で色々と学んだり、先輩から指導を受けて知識が増えて行くことに喜びを感じます。

 

ゲーム

私の趣味はゲームです。

ゲームというと子供の遊びというイメージがあるかもしれませんが、最近では大人が頭を悩ませるような難易度のものや、大人が楽しめる素晴らしいストーリーのものもあります。

そうして色々なゲームに触れることで、脳内が活性化されるのに加え、集中力も研ぎ澄まされて行きます。

 

ライブ

私の趣味はライブです。アーティストのライブに行くと、飛んだり跳ねたり大声を出したりと、スポーツをしているのと近いような感覚が得られます。

身体を動かし、声を出すことで、肉体的にも精神的にもリフレッシュし、また新鮮な気持ちで仕事に臨むことができます。

 

散歩

私の趣味は散歩です。散歩をすることによって、季節の花の移り変わりが分かったり、新しいお店ができていることに気付いたりと、普段生活をしているだけでは気付けないことに気付くことが出来ます。

また、散歩はそうした普段とは違った角度からものを見る目を養えるだけでなく、運動不足の解消にも良いので、頑張って仕事をした時ほど、休日に散歩に出かけるようにしています。

 

写真

私の趣味は写真です。最初の内こそ、ただただ写真を撮るのが面白く、夢中で撮影していましたが、最近では、自分の気に入った場面を自分らしく切り取ることに力を注いでいます。

趣味の写真においても、仕事においても、自分らしい形を作ることに私は喜びを感じます。

 

まとめ

今回の記事では、履歴書の特技、趣味欄の書き方と例文について記載してきました。何気ない特技や趣味が人事の心を掴むこともありますので、たかが特技、趣味欄と思わず、丁寧に書くことを心がけてください。

また、転職エージェントを利用することで、履歴書の添削をしてもらうことができるため、積極的に活用していくことをおすすめします。

こちらの記事も参考にどうぞ

【履歴書】本人希望記入欄の例文と書くべき内容のポイント

書類

【履歴書】本人希望記入欄の例文と書くべき内容のポイント

今回の記事では、本人希望記入欄に書くべき内容について、高校生新卒、転職希望者、パートといったそれぞれの立場の例文を記載しながら、説明していきたいと思います。

本人希望記入欄に書くことがなく、迷っている人は、是非参考にしていただければと思います。

続きを読む

【アパレル】履歴書の志望動機の書き方のポイントと例文

今回の記事では、アパレル業界の企業を受けるときに、履歴書の志望動機の書き方のポイントについて記載した後、アパレル業界の経験者、未経験者、新卒などのパターン別に志望動機の例文を紹介したいと思います。

続きを読む