誰もが感じる仕事のプレッシャーや不安。打ち勝つ方法で自信を得る!

0 コメント
twitter
はてな
facebook

仕事ともなれば、どんな仕事であってもそれなりのプレッシャーがかかります。ときにはしんどい仕事もあり、辛い、耐えられないなど苦しい状況に陥ることもあります。社会人であれば誰もが経験しますね。

仕事のプレッシャーがミスを呼び、次はミスするわけにはいかないという気持ちがストレスとなって、「しんどい・・・」が慢性化します。

そんなとき、会社辞めようかなぁという漠然とした転職願望芽が生えたりするもの。

仕事のプレッシャーや不安に打ち勝つ方法、転職はアリか?について解説します。

仕事のプレッシャーや不安に打ち勝つ方法

仕事でプレッシャーや不安を感じてしまうのはどうしてか。それは「ミスしたらどうしよう」とか「うまくいかなかったらどうしよう」と考えてしまうからではないでしょうか。

そのように考えてしまうと、マイナスの自己採点になってしまうため、どうしてもプレッシャーや不安を感じやすくなるのです。

100点満点は目指さず、及第点を低く設定する

プレッシャーに打ち勝つには、及第点を低く設定するのが効果的。まず、100点満点を取ることを目標にすることはやめましょう。そして、「ぎりぎりの及第点」を目指すようにするのです。せいぜい60点、あるいは50点ぐらいを目標にしてもかまいません。

プレッシャーや不安を感じるようなレベルの仕事であれば、50点取れればそれで合格と考えていいでしょう。「懲戒免職処分にならない程度の仕事ができればそれでいい」と考えれば、仕事のプレッシャーや不安に打ち勝つことができるに違いありません。

人生は仕事がすべてではないと考える

まじめな性格の人ほど、仕事のプレッシャーや不安を感じてしまいがちです。そういう人は、人生において仕事がなにより大切と考える傾向があるものです。しかし、実際には人生は仕事がすべてではありません。

プライベートを充実させ、プライベートをしあわせなものにするための、仕事は手段に過ぎないと考えることもできるでしょう。

仕事を自分がしあわせになるための手段にすぎないと考えること、仕事の価値を大げさに考えすぎないことも、仕事のプレッシャーに打ち勝つための方法の一つです。

他人と自分を比べず、昨日の自分をライバル視する

仕事でプレッシャーを感じてしまう人にありがちなのが、同僚や同期など、他の人にライバル意識を持ってしまうこと。

他人と自分を比べて、「自分は人よりも仕事ができない」と感じたり、「人に負けたくない」という競争心を抱いてしまうと、どうしてもよけいなプレッシャーを感じてしまうものです。

そうしたつまらないライバル意識を持つ事はやめましょう。ライバルは「昨日の自分」です。昨日よりも少しでも前進できればそれでいいと考えることができれば、仕事のプレッシャーは軽減し、不安を感じることもなくなるでしょう。

仕事のプレッシャーに耐えられなくなって転職はアリ?

仕事のプレッシャーがあまりにも大きくなり、転職したいと考えることはおそらく多くの人が経験しているでしょう。でも実際に転職というカードを切る勇気はなかなかわかない人も多いはず。

アリかナシかでいえば無論「アリ」ですが、プレッシャーがしんどいという理由ですぐに転職のカードを切ってしまったら、残りのカードを切るタイミングが非常に難しくなることも想定しなければなりません。

つまり次の会社・仕事で同じような境遇に追い込まれたときの苦境が思いやられますよ、というそれなりの覚悟が必要になります。

仕事のプレッシャーとどう向き合うかを考える

仕事のプレッシャーからうまく逃げることができるならそのための方法を模索のもアリです。しかし冒頭で触れたとおり、仕事ともなればどんな仕事であってもそれなりのプレッシャーはかかるのが大前提です。

どうしてもプレッシャーに耐えられないという段階で、はじめて逃げる(つまり「転職」を意識する)という選択をしたとしても、判断のタイミングとしては必ずしも遅いとはいえません。まずはどう立ち向かうかを考えましょう。

プレッシャーを感じるがまま、無防備に圧を受けてしまっては、よほど強い精神力がなければ耐えることはできません。「耐えられない、しんどい・・・」と感じている人は、現在この状況に陥っているのかもしれませんね。

プレッシャーから逃げるのではなく、プレッシャーをうまく逃がすイメージの対処が必要です。

そのためには、プレッシャーの種類ごとに対処する必要が生じますね。職場におけるプレッシャーの種類は、

  • 人間関係(上司からのプレッシャーなど)
  • 仕事量・労働時間のプレッシャー
  • ストレス蓄積によるプレッシャー

が考えられます。どれも重石のようにのしかかってくるので一気にはねのけようとするとたいへんです。

仮に、一気に払いのけるだけのエネルギーがあるならおそらくプレッシャーに悩むことはないはずです。プレッシャーに圧しつぶされそうな状況として、上記のすべてが重くのしかかっている可能性は高いですね。

どれかひとつ、あわよくばふたつ。順を追って取り除くことを考えましょう。

仕事量・労働時間のプレッシャーのはねのけ方

次から次へと懐に飛び込んでくるものがお金であればうれしいですが、お金の大きさは変わらず仕事量が増え、労働力の酷使がプレッシャー・ストレスになることが多いです。

まあ仮に懐に入ってくるお金が増えたところで、仕事量と労働時間の増加が顕著になってくると、「もうやってられません!」と音を上げたくもなりますよね。仕事量・労働時間の縮小は重要です。

仕事量や労働時間を減らすことなんて、かなり難しいんじゃないの?と思うかもしれませんね。そんな難しいことよりも、上の3番目に挙げた「ストレス」を発散するほうが有効では?とも。

でもストレスが蓄積する理由は、ストレスを発散していないからです。なぜか。仕事のプレッシャー下に置かれる状況で考えられる最大の理由は、ストレスを発散する時間がないからです。

パッと思いつくところでは、

  • 同僚や部下、場合によっては上司に相談して仕事を手伝ってもらう
  • 上司にお願いして仕事を減らしてもらう

といったシンプルな方法ですね。プレッシャーに圧しつぶされそうになっている状況であまり小難しいことを考えるのは賢明とはいえないでしょう。ただ、そううまくいくでしょうか?

もちろんこの種のトライをしてみても悪くはないと思います。ただ、プレッシャーとなるほどの仕事量・労働時間を強いられるのであれば、同僚・部下・上司だって同じ状況である可能性は高いでしょう。

ではどうやって仕事を減らす?上記はすべて「ほかの人の力を借りる」という方法・考え方でした。今回はプレッシャーに立ち向かうための方法の検証です。まずは「自分でどうにかする方法」を考えましょう。

悪循環からの脱却!効率を重視してプレッシャーからの解放を

結論から言ってしまうと、自分ひとりの力で仕事量を減らすことは難しいですよね。会社に勤めて仕事をする以上、個人の一存で仕事量を調節することは不可能に近いと考えるべきでしょう。

ただ、効率を向上させることによって、仕事の負担を小さくすることは十分可能なはずです。そんなことはわかってるよ!というかもしれませんが、プレッシャーがしんどいということは、効率性に問題があると考えるのが自然です。

もっと問題なのは、効率性の問題に気づくことなく現状に慣れてしまっていることです。効率が悪ければ当然仕事の流れに悪循環を生み出してしまいます。

  1. 仕事の効率が悪い
  2. なんとなく違和感がある
  3. 違和感が疲労やストレスに変わる
  4. ミスが増える
  5. ますますストレスがたまりプレッシャーがかかる
  6. 仕事の効率がさらに悪化する

という具合ですね。量自体を減らすことはできないかもしれませんが、悪循環を脱して労働時間を減らすことはできるはず。むしろそういう経験をした人も多いと思います。

仕事の効率は自分ひとりの問題ばかりとも限りませんが、もしかしたらご自身の裁量に問題があるかもしれません。

まずは仕事が終わらない悪循環を断つ方法を色々実践してみましょう。

いろいろな角度から検証した結果ご自身に非がない以上、「転職」という伝家の宝刀抜くタイミングにも迷いは生じません。さらに転職先で「その次のカード」を切る精神的な意味合いも大違いです。

いきなり転職を考えるのもよいかもしれませんが、好きではじめた仕事なら、あえてプレッシャーに立ち向かうスタンスもアリです。プレッシャーを乗り越えたとき、大きな前進が期待されるのですから。

仕事のプレッシャーは目に見えないからこそ適切な対処を!

ストレスやプレッシャーは、概念として確固たるものがあっても目に見えないだけに看過されやすい対象でもあります。目に見えないから対処が遅れ、身体をむしばんでいくのはウイルスや細菌にも似ています。

病巣が大きくなる前にウイルスや細菌を駆除して対処しなければならないのは当然ですが、ストレスやプレッシャーなども実は同じことがいえます。実際ストレスは病気とも密接な関係がありますよね?

しんどい、耐えられない、辛いといったマイナスの心境では、人はとかく目に見える結果を見出したいもの。そのために転職する人も多いと思います。またそれが悪いとは思いません。

ただ、転職の前にできることもあるかもしれない・・・の発想は、プレッシャーを乗り越えひと回り大きくなった自分と出会えるチャンスを自らに与える考え方なのかもしれませんね。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月15日 12:36 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop