コート

仕事のプレッシャーや不安に打ち勝つ方法、新人がプレッシャーを感じたときは?

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事では、仕事のプレッシャーや不安、それらによる吐き気や涙が出るほど辛いときの対処法について記載しています。また、新人がプレッシャーに打ち勝つ対処法に関しても記載しているため、辞めたい、辛いと考えている方は是非参考にしてください。

仕事のプレッシャーや不安に打ち勝つ方法

100点満点は目指さず、及第点を低く設定する

 仕事でプレッシャーや不安を感じてしまうのはどうしてか。それは「ミスしたらどうしよう」とか「うまくいかなかったらどうしよう」と考えてしまうからではないでしょうか。そのように考えてしまうと、マイナスの自己採点になってしまうため、どうしてもプレッシャーや不安を感じやすくなるのです。

そうしたプレッシャーに打ち勝つには、及第点を低く設定するのが効果的。まず、100点満点を取ることを目標にすることはやめましょう。そして、「ぎりぎりの及第点」を目指すようにするのです。せいぜい60点、あるいは50点ぐらいを目標にしてもかまいません。

プレッシャーや不安を感じるようなレベルの仕事であれば、50点取れればそれで合格と考えていいでしょう。「懲戒免職処分にならない程度の仕事ができればそれでいい」と考えれば、仕事のプレッシャーや不安に打ち勝つことができるに違いありません。

 人生は仕事がすべてではないと考える

 まじめな性格の人ほど、仕事のプレッシャーや不安を感じてしまいがちです。そういう人は、人生において仕事がなにより大切と考える傾向があるものです。しかし、実際には人生は仕事がすべてではありません。

プライベートを充実させ、プライベートをしあわせなものにするための、仕事は手段に過ぎないと考えることもできるでしょう。仕事を自分がしあわせになるための手段にすぎないと考えること、仕事の価値を大げさに考えすぎないことも、仕事のプレッシャーに打ち勝つための方法の一つです。

 他人と自分を比べず、昨日の自分をライバル視する

 仕事でプレッシャーを感じてしまう人にありがちなのが、同僚や同期など、他の人にライバル意識を持ってしまうこと。他人と自分を比べて、「自分は人よりも仕事ができない」と感じたり、「人に負けたくない」という競争心を抱いてしまうと、どうしてもよけいなプレッシャーを感じてしまうものです。

そうしたつまらないライバル意識を持つ事はやめましょう。ライバルは「昨日の自分」です。昨日よりも少しでも前進できればそれでいいと考えることができれば、仕事のプレッシャーは軽減し、不安を感じることもなくなるでしょう。

[ad#a]

 

 仕事のプレッシャーにより、吐き気がしたり、涙が出るほど辛くなってしまったときの対処法

 うつ病にならないように気をつける

 吐き気がしたり、泣いてしまったりするほど仕事のプレッシャーを強く感じるようになったなら、まずはうつ病にならないように気をつける必要があるでしょう。うつ病になると仕事をすること自体が不可能になってしまいかねません。

ですから、そうならないように、上手にストレスを解消したり、気分転換を図るようにしましょう。おすすめの方法の一つが、早めに専門医に相談するということ。うつ病になる前に、予防のためにメンタルヘルスや病院の心療内科などを受診してみてはいかがでしょうか。

予防になるだけでなく、軽い相談のつもりでそうした専門医の窓をノックしてみることによって、悩みが軽減されることが少なくありません。

 どうしても辛く辞めたいときは、転職を考える

うつ病になる心配をするレベルにまで、強いプレッシャーを仕事から受けているのであれば、転職というのも選択肢の一つでしょう。

早い段階で、転職をシミュレートしてみることをおすすめします。実際に転職するかどうか、最終的な判断を下す前に、転職に関する情報をいろいろ収集してみるといいでしょう。

転職エージェントに登録するのもおすすめです。具体的な転職情報に当たり、どんな求人があるのかをチェックするだけでも、気持ちは楽になるはず。「自分には転職という選択肢があって、実際にこんな求人もあるのだ」という認識を持つことが、あなたの辛さを軽減してくれるにちがいありません。

また、担当のキャリアコンサルタントが現職の悩みをヒアリンクしてくれ、アドバイスをもらうことができるため、まずは相談してみることをおすすめします。

 

 新人で仕事のプレッシャーで辛いときの対処法

 休日の楽しみ方を考え、実践する

 新人で仕事のプレッシャーを感じるのは、当然のことです。プレッシャーをまったく感じることなく仕事をしている新人というのは、かなりのレアケースと言っていいでしょう。ですから、「新人はみんな自分と同じような悩みを抱えている」と考えてまちがいありません。

そうした認識を持った上で、おすすめしたい対処法は「休日重視」です。仕事でプレッシャーを感じたら、休日のことを考えるようにしてはどうでしょうか。「このプレッシャーに耐えれば、楽しい休日が待っている」と考えるのです。

そして、「どんなふうにして過ごせば、次の休日を有効に使うことができるか、楽しむことができるか」をプランニングし、それを実践することによって、仕事のプレッシャーの辛さを忘れることができるに違いありません。

「新人である自分には成長しかありえない」という認識を持つ

 新人が仕事でプレッシャーを感じ、「辛い」と思うのは、仕事に対する自信がないからです。仕事覚えられない、あるいは、仕事がまだうまくできないから、プレッシャーを感じてしまうのではないでしょうか。

しかし、それは当然のことであって、新人は毎日経験を積むうちに、仕事を覚え、仕事ができるようになっていくものなのです。ですから、仕事を始めてまだ日の浅い時にプレッシャーの辛さを感じたなら、「新人である自分には成長しかありえない。

自分は日々、少しずつであっても着実に成長している」という認識を持つようにしましょう。新人は、仕事において後退していくことはありえません。そのことを認識することによって、プレッシャーは軽減されるはずです。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月19日 14:53 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop