ワークポートの評判。対応が迅速!でも融通がきかず事務的?

0 コメント
twitter
はてな
facebook

ワークポートという転職エージェントはなかなか聞きなれない転職エージェントではないかと思います。それは仕方ないです。

実は、リクルートエージェントのような総合的な転職エージェントとは一線を画し、IT・WEB業界に特化した転職エージェントになります。

そういった業界特化型の転職エージェントならではの特徴なども踏まえた上で、評判などについてここでは触れて行きますので、ぜひ転職される際に参考になさっていただきたいです。

ワークポートとはどんな転職エージェントなのか見てみよう

ワークポートのホームページ上には、様々なジャンルに対応する転職エージェントとして展開していると掲載していますが、実際は、ITやWEB系の業界だったり、ゲーム会社だったりがメインです。

最近では、飲食店や、アパレル系などにも手をかけていますが、それよりもソフト開発やシステムエンジニア、クリエイティブ系などの案件数は圧倒しています。

専門的なところについては、全国に案件があったりしていますが、販売系については、大都市圏に集中している傾向にあります。

そのため、総合的に考える場合や、IT系などにこだわりがないという場合は、大手の転職エージェントも合わせて応募して登録しておくほうが賢明だと言えます。

ですから、ワークポートの位置付けとしては、総合型の転職エージェントとうたってはいますが、IT・WEB業界にとても強いと言える転職エージェントと見る方がわかりやすいのではないでしょうか。

そのため、IT・WEB業界を目指している人にとっては必ず登録しなければいけない転職エージェントといっても過言ではありません。

ワークポートの評判はどんなものなのか

先程から触れていますように、ワークポートは、総合的転職エージェントとうたってはいますが、実際はIT・WEB業界を中心にした業界特化型に近い転職エージェントと言って良いです。

そのため、それらの業界を目指しているという人にとっては、とても必要不可欠な転職エージェントとして人気が高いです。ただ、その中で他の業界でも紹介できますよぐらいで考えていただければいいです。

とにかく、ITやWEB業界には強いといいうことは間違いなし!

実際に感想や口コミを聞いてみますと、IT・WEB業界については、最大手の転職エージェントよりも圧倒的に強いというコメントはあちらこちらで目立つほど評価は高いようです。

ITなどについては、大手はもちろん、この業界特有かもしれませんが、ベンチャー系企業についても多くの独占求人案件を持っているということです。

大手の転職エージェントでは出てくることのなかった案件、新興のITや財閥系の老舗まで幅も広いですし、なによりも案件の質のレベルが高いということでした。

また、大手でよくやるような求職者へのヒアリングはするものの、企業のピックアップになると、出し惜しみをしながら提案をするあまりいいものではありませんね。

しかし、ワークポートでは一切の出し惜しみをしないのが潔いですし、求職者にとってもここで決めようかという気持ちにもなりやすいのはとても大切なことなのかもしれません。

そのような流れに持って行きやすいというには、ワークポート側が自社の求人案件に相当の自信があるからではないと思うのです。そうでなければ、一切の出し惜しみをしないとか考えられないです。

創業から10年間はITビジネス分野に完全特化した転職エージェントとして、求職者支援と、採用支援を行ってきています。そうなれば、当然その道については強くないわけはないでしょう。

求人案件の紹介や、全体的な対応が早い

対応の早さについては、極めて早いという評判も大きく挙げられています。特に詳細なヒアリングをしてくるわけでもなく、経験なども元に、求人案件を数出してくるというイメージ。

ある程度の希望さえ分かっていれば、それに応じた求人案件をこれでもかこれでもかと出し惜しみすることが全くなく、口コミでは「容赦ないくらい案件を連打してくる」という表現までされています。

こういったことからも総合して、対応の早さというのは、紛れもなく、圧倒的な1位ということで理解していただいてもいいです。

実際に、初回面談後、当日中には20件程度、翌日にはまたさらに50件以上の案件が送られてくるとのことです。それらの案件は、WEBで専用のページに入っていただくことで、全て閲覧が可能です。

そのため、案件が大量に送られて整理もできないということはありませんし、特に迷惑ということでもありません。面談で話した内容をまとめたものまで希望するとすぐに送ってもらえます。

担当するアドバイザーによっては、そのスピードは異なるかもしれませんが、大手のそれと比べても圧倒的な早さであることは間違いありません。

とかく面倒臭いと言われる初回の登録がとても楽にできる

転職エージェントの初回登録というのは、個人情報を全て答えて、過去の勤務先を全て聞き出して、職務経歴も全て書いてみたいなことになるので、1時間以上かかることもあると言えます。

しかし、ワークポートでは、住所すら不要で、希望の勤務地と、直近の職業だけ記入するだけでOKでとても簡単です。

現職または前職に何をしていたか、どこで働きたいのかがわかればそれでいいというシンプルさと思いますが、極論それさえわかれば、なんとかなるでしょう。

本当にここで転職の世話をしてもらいたいと思えば、この先必要になり得るであろうそのほかの情報もより真剣に書いてもらえるのではないでしょうか。

実は、ワークポートでは、面談の日に特に持っていかなければいけない書類なども一切ありません。面談当日も手ぶらでOKということです。

他のエージェントというのは、良くも悪くもまずは、「面談する価値のある人」かどうかを判断して効率的に物事を進めていくために個人情報を集めていきます。

しかし、ワークポートでは、まず一旦は求職者であればどのような方であっても受け入れますという姿勢で臨んでいますので、好印象を受けることは可能です。

しかし、楽だなという風に捉えてしまって、本来進めなければいけないことを進めることなく、あまりにエージェント頼りにしすぎてしまうのも正しくはありません。

ワークポートにはデメリットがあるのか?

ワークポートに転職を全て任せていいのでしょうか?答えはNOです。しかし、それはワークポートだからNOではありません。大手転職エージェントに1社だけでもNOです。

必ず複数の転職エージェントを併用していくことが必要です。そこには、ワークポート自体が持っていると思われるデメリットに現れているのではないでしょうか。

案件紹介は多くしてもらえるが、「質より量」の傾向が強い

先程触れましたが、レスポンスも早くて、求人案件の量も多く送られてくるということでは、とても良かったりするのですが、大量にしかも一気に送られてくるので、自身に合うかどうかの見極めが大変です。

しかし、大量の案件から選びたいという方にはもちろん向いていると思いますので、こういうのは、その人にとって合うか合わないかといったところになってしまうかもしれません。

また、やはり紹介はしてもらえるが、IT系などにある程度特化しているんじゃないかと思えるような紹介案件から判断すると、それ以外の業界などをベースに考えている場合の方にとっては厳しいかもしれません。

しかし、これについては、できるだけ多い案件の中から選べますよというワークポート側のアピールだったり、思惑的なことも若干あると思います。

また、自身がしたい職種について明確で、初回登録の時に「今回の転職に関する希望、転職理由など」の欄があります。

そこに条件をしっかり伝えた上で、「合致する案件しか送付しないでもらいたい」旨を伝えれば限られたものしか送ってきませんので、大量受信になることはないかもしれません。

やり取りに機転がききにくく、事務的な印象になりがち

対応が早いという最大のメリットがある裏側には、実は早いのは確かだけど、やり取りが事務的な傾向があるという意見はどうしても多い印象です。

先方に担当者と二人三脚でやっていきたいとか、精神面で支えてもらいたい傾向にある人は、不向きかもしれません。ビジネスライクで割り切れて、スピード感を持ってという方には向いているでしょう。

一人ひとりの状況などを見極めた上でどうだということではないので、この人の案件がしっかり進んでいるかどうかぐらいしか見てもらえないので、流れが機械的かつ事務的で流れ作業のようになりがちです。

しかし、最終的には条件に合う求人に巡り会えてトントン拍子で内定ももらえて、内定承諾から入社もすぐに決まり、それがわかれば、ワークポート側も内定お祝いメール(おそらく定型文)が届き、ハイ終わり。

実にアッサリと事務的にことが進んで行きますが、スピーディーで、求職者でできるだけ働きたいという方にはこんなにいい転職エージェントはないという評価をすることでしょう。

結果的には、人によってその時の境遇などによって合う合わないは変わる

先程から出てきている一つのキーワードは「事務的」ということですが、これに抵抗感や違和感があるという人はワークポートはまず合わないと覚悟したほうがいいです。

転職エージェントは、親身に対応してくれるというイメージがあって、ワークポートに行ってみたらあの素っ気なさはもしかするとショックになる人もいるかもしれません。

でも、それはある種仕方ないもので、あの素っ気なさがワークポートのやり方であって、それを臨んでいる人も実はある一定程度の人数抱えているということを考えれば、求職者にとってどうなのかです。

このやり方に納得できなければ、ここを選ばない方がいいかもしれません。しかし、残念ながら、それがワークポートにやり方なのです。

しかし、ワークポートが決して親身ではないというわけではありません。得意分野のIT系の企業などの知識は豊富ですし、的確にサポートをしてもらえるという声も多くあります。

あくまで、手続きや物事の進め方が事務的になっているということだけです。

これがいいのかどうかはわかりませんが、しかし求職者からしてみれば、親身に対応してくれても求人が見つからなければ意味がないということも言えるわけです。

求職者が真に求めていることは、次の就職先をできるだけ早く見つけることであって、優しくしてもらうことではないということも頭に入れておかなければいけません。

しかし、IT業界などはこういったサバサバした感じの人が多いかもしれませんからむしろちょうどいいと思っている人も多いのではないでしょうか。

ワークポートはIT・WEB業界に特化した転職エージェントと見るべき!

ワークポートは総合的転職エージェントとして多くの業界に求人案件を持っているようにしていますが、実際はやはりもともとの強みであるIT・WEB業界にある程度は特化していると考える方が無難でしょう。

ですから基本的には、そういったIT・WEB業界への転職を目指していない人は登録しない方がいいと考えます。別の大手転職エージェントなどに登録すべきです。

しかし、IT・WEB業界に転職したいという場合には、職種も幅広くあって、未経験でもできる仕事もあるようですし、チャレンジもできる環境ではあるかと思います。

また、これらの業界に対しては、的確に転職のためのサポートをしてくれますし、給料交渉もしてくれるという口コミも実際に上がっているわけですので、利用すべきエージェントとも言えます。

ただ、どうしてもスピーディーに全てが進んで行き、早く一人ひとりの対応を終わらせたいという気持ちが出てしまうのか事務的にはなってしまうので、そこについてはしっかり割り切っておくべきです。

やはり、ITぎょうかいなどは、特に変化や業界の流れというものが非常に早かったりしますので、新技術だったり、トレンドなどというのは、日々飛び交っているのです。

そんな業界に転職したいと思っている方々にとっては、ワークポートの転職エージェントでトレンド情報をもらいながらも、転職に向けたアドバイスももらえるということからすれば、頼もしいエージェントかもしれません。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
9月19日 23:27 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop