お金

年収1100万の割合、税金(所得税・住民税・ふるさと納税)、家賃、住宅ローン

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事では、年収1100万の割合、税金(所得税・住民税・ふるさと納税)、貯金額、家賃や住宅ローンの適性額などについて記載していきます。

年収1100万円を稼ぐことができる企業や職業の特徴も紹介していきますので、是非参考にしていただければと思います。

 

年収1100万の割合

年収1100万円は国税庁の「2015年度版民間給与実態統計調査」によると全給与所得者のおよそ73.3万人2.1%の人が得られる年収です。

全給与所得者の平均年収が300~400万円台から考えるとかなりの高所得者であることは間違いありません。

年収1100万円は大手企業の役職付きか中小企業の経営者など限られた人が手にすることの出来る金額です。

また夫婦でしっかりとした企業に勤めていれば30代の共働き夫婦の世帯収入で考えると、およそ年収1100万円前後の家庭の割合も多いです。

 

年収1100万稼ぐことができる職業、企業の特徴

大学教授

大学などで授業や研究をする大学教授の平均年収は1100万円程と言われています。

大学教授は学生に対し授業を行なうのはもちろん、論文発表の為に研究をしたりと非常に忙しい仕事です。

研究が忙しいからと言って、教育者として学生との交流も疎かにはできません。大学のゼミなどの勉強会への出席や指導や卒業論文のアドバイスなどもしなくてなりません。

その為、大学へ居る時以外でも仕事や研究をするなど、その専門分野に強い志と信念がないと勤まらない仕事でしょう。

 

公認会計士

公認会計士の年収も平均1100万円程でしょう。

ただし条件があります。公認会計士でも年収1100万円を得るには、大手監査法人でも役職付きや、独立をし固定顧客をしっかりと掴んでいる公認会計士でないといけません。

公認会計士の仕事は主に企業の監査などが代表的です。会社の経営状態をチェックすることや、会計に関しコンサルティングをしたりするのも公認会計士の仕事です。

監査法人に就職するのが一般的ですが、企業に就職して経営や財務に関する仕事を専門にしている公認会計士もいます。

また、公認会計士は税務業務も行えるので、税理士としても登録し幅広く業務をしている方もいます。

 

大手広告代理店

国内の大手広告代理店の従業員の平均年収は1100万円程でしょう。

広告代理店の仕事の幅は広く、企業から依頼された商品の宣伝のためCM作成のプランニングや市場調査などマーケティング、広告デザインなどのクリエイティブ職まで宣伝などに関するありとあらゆる仕事を請け負います。

その為、配属先によっては非常に激務であったり、仕事の時間が不規則であるのも広告代理店の特徴です。

年収1100万円の大部分はこの様な残業代や賞与、または様々な手当からによるものでもあります。

 

大手不動産会社

国内の大手不動産会社の従業員が年収1100万円前後に達することもあります。ただし、この年収は40代後半や50代の役職付き従業員になり達成する金額でもあるので、長年会社に貢献する必要があります。

大手不動産会社は都市部のオフィスビルの開発や商業施設の管理、住宅用地の開発販売から不動産に関するコンサルティングまで幅広い業務内容です。

また、大手不動産の場合は国内だけでなく、海外での展開もあるので場合によっては海外転勤の可能性があります。

大手不動産会社も業務内容によっては激務になるので、残業代などからこの年収を得られている場合もあります。

[ad#a]

 

年収1100万の税金 

各所控除は除き、所得控除や基礎控除のみで計算します。

所得税

1,289,100円(年額)

27,071円(復興特別税含む・年額)

 

住民税

844,500円(年額)

内訳

337,300円(都道府県民税)

507,200円(市町村税)

実際には配偶者・扶養控除や各種保険控除・医療費控除を計算すればこの金額より低くなります。

 

ふるさと納税

およそ200,000円が目安額です。(単身者の場合)

[ad#b] 

 

年収1100万の年間の貯金額

個人や家庭の収支状況によっても貯金額は異なりますが、総務省家計調査における一般家庭の平均的生活費を差し引くと。年間280万円~300万円程は貯金額に回せるでしょう。

しかし都市部生活か地方部生活など家計負担に大きく影響する住宅費用などによってはこの額より上回る場合もあります。

 

年収1100万の家賃

通常収入の25%以上になると家計負担が大きくなると言われています。

およそ月額22万円前後が適正な家賃でしょう。

月額22万円の家賃であれば、都市部一等地で1LDK~2LDKのマンション、地方部であれば十分に敷地の広い一戸建てや、100平米以上のマンションが借りられるでしょう。

 

年収1100万の住宅ローン

家計の収支状況や金利状況、または返済期間などによっても住宅ローンの額は異なりますが一般的に年収1100万円の場合であれば5000万円程の借り入れでも大丈夫でしょう。

頭金が無理なく用意できるようであれば、支払う利息が少なくなるようにして、無理のない返済をすると安心です。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月19日 13:47 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop