税金

【手取り15万】年収・貯金・生活・一人暮らしの家賃・車・結婚するときの注意点

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事は手取り15万円の月給、年収、生活費とその内訳、生活レベル、1人暮らしをする場合の家賃の目安、貯金額、住宅ローンなどについて記載していきます。

また、手取り15万円から収入を増やす方法もご紹介していますので、是非参考にしていただければと思います

 

手取り15万の月給、年収とは?

手取り15万円の場合額面では約20万円前後になります。

年収(総支給)は240万円となります。

この約20万円から所得税3,770/月額。住民税約9,950円/月額。社会保険控除から健康保険9,910円。厚生年金18,100円。雇用保険660円などが引かれます。

40歳以上であればこの社会保険にさらに介護保険1,650円が入ります。

さらに源泉所得税が所定の税額表通りに引かれ手取り額となります。

この金額は手取り15万円の場合ですが、これに賞与(ボーナス)がある場合も異なります。

※この他に配偶者・扶養などの控除があれば手取りは大きくなります。

 

手取り15万の生活レベル

手取り15万円の生活は全国の新卒初任給レベルとなります。

一人暮らしであれば慎ましい生活になりますが生活自体は送ることができます。

もちろん実家暮らしなどであればお金の掛からない程度の趣味に費やすことも可能でしょう。

ただし、配偶者がいる場合や子供がいる場合手取り15万円の生活は非常に厳しくなります。

専業主婦などはもちろん成り立たず、子供の教育費の捻出も困難になります。

趣味はもちろん余暇などはお金の掛からないことはもちろんですが、病気になった際の医療費捻出が困難になる場合があるので注意が必要です。

[ad#a]

 

手取り15万の貯金額、預金の目安

手取り15万円の貯金はその方の生活レベルによっても異なります。

実家暮らし・一人暮らし・家族持ちの場合それぞれのケースで考えてみましょう。

貯金は手取り額の20%が合格ラインであり手取り15万円の場合3万円がポイントとなります。

実家暮らしの場合であれば住居費用が掛からないので6万円前後が目安です。

一人暮らしの場合であれば前述の通り3万円を目標としましょう。

家族暮らしの場合は住居費用が所得に応じて決まる住居の場合であれば1万円前後。

もし一般的な借家の場合は貯金はほぼ0円となるでしょう。

 

手取り15万で一人暮らしをする場合の家賃の目安

家賃は収入の25%が適正の価格と言われています。

手取り15万円(額面20万円)の場合4~5万円の家賃で考えると良いでしょう。

都市部であれば1R~1Kタイプのアパートや築年数の経過したマンションなど借りることができますが、部屋などは16平米ほどの広さとなるでしょう。

都市部から離れた通勤圏であれば1DK20平米ほどの広さのアパートなどが借りることができます。

地方部であれば1LDKのテラスハウスなど比較的物件数は多くなります。

 

手取り15万の場合の住宅ローン

手取り15万円の場合の住宅ローンを設定する場合、負担軽減率が20~25%程になる価格で計算してみましょう。

まず手取り15万円の場合の適正家賃は4.5万円として4.5万円の家賃を35年ローンで負担がないか計算していきます。

(4.5×12ヶ月)÷240※年収×100=22.5%

22.5%となるので4.5万円の返済は適正な価格となります。

これを35年ローンで収入減少分も考慮すると1100~1250万円あたりの住宅ローンが可能でしょう。

もちろん、自己資金を用意し借り入れを少なくしリスクを減らすことをおすすめします。

[ad#b]

 

手取り15万の人におすすめな車

手取り15万円の方が車を購入する場合、ほとんどが国産車でも中古車がメインとなります。

車の購入には年収の半分が理想的ですが車にはガソリン・保険・車検などの維持費や、駐車場費用も必要となります。

手取り15万円の額面年収は約240万円つまり120万円の車ですが、維持費を考慮すると70~80万円の自動車が適正でしょう。

車種で言うと以下の様な車が購入可能です。

スバル:プレオプラス660

スバル:ステラ660

マツダ:キャロル

スズキ:アルト660

スズキ:キャリイ

スズキ:エブリイ

ダイハツ:ミライース660

三菱:ミラージュ

 

 

手取り15万の人が結婚する場合の注意点

年齢が若ければ転職をし、安定してから結婚する

新卒で手取り15万円であり、今後昇給していくのであれば問題はありませんが、ブラック企業のように年齢を重ねても昇給しない見込みであれば、結婚前に昇給し少しでも収入の多い職場に就職し、安定してからでも結婚は遅くはありません。

むしろ、手取り15万円のままで結婚する方のリスクは非常に高いです。

 

どちらかの実家で同居する

衣食住の生活費において住居費用の負担はとても大きい負担となります。

転職などが難しい場合、住居費用を抑えるためにどちらかの実家で同居をして住居費用の削減をするのもひとつの方法でしょう。

万が一仕事先と双方の実家が離れている場合は、収入によって決まる自治体運営の住居に応募する良いでしょう。

 

手取り15万の正社員は転職するべき

もしも20代~30代以降も手取り15万円から変動しないブラック企業のような場合は転職をおすすめします。若いうちは、手取り15万であるが、確実に昇給していく企業の場合は、将来的には、手取り額を伸ばしていくことができますが、いつまでたっても昇給の見込みがない企業は、早めに見限ってしまうのも、1つの手であると言えます。

転職エージェントなどに登録をしてアドバイザーに相談し、収入アップの就職をすると良いでしょう。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月19日 11:40 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop