レジュメ

【キーエンスインターン】選考、服装、内容、感想、内定に有利?

今回の記事では、「キーエンス」のインターンシップについて記載しています。キーエンスのインターンの内容や服装、実際の参加者の感想、内定に有利になるのかなど紹介していきますので、キーエンスのインターンに参加するか迷っている人は、是非参考にしていただければと思います。

キーエンスのインターンシップの実施時期、日程

「キーエンス」のインターンシップは、「KeyDay360」という名称で2017年は8月に東京と大阪で実施されました。これまで業界において多数の人材を生み出してきた人気のインターンシップです。

「キーエンス」のインターンシップの目指すところは、就職活動で必要な能力やスキルアップを学ぶ講義セミナー型のプログラム内容となっています。

2017年の実施は、4~5日間開催のうち1日に参加する形です。内容はオリエンテーション、コミュニケーションスキル講座からなるプログラム。

いわゆるSNSに頼る現代の学生に向けて、就職活動や社会へ出てからのコミュニケーションスキルを、卓越した営業力で評判の「キーエンス」現役社員が懇切丁寧に指導するのが本インターンのウリです。

以下に実施概要をまとめます。

実施場所

東京会場:トラストシティカンファレンス・丸の内

大阪会場:キーエンス本社・研究所

日程

東京会場:2017年8月3、8、9、24、29日

大阪会場:2017年8月2、10、23、28日

内容

・1st STAGE「コミュニケーションスキル講座」

コミュニケーションスキルの習得、交渉のためのロールプレイング、コンサルティングの極意など

・2st STAGE「会社を見る目&会社選びの軸発見セミナー」

自己分析のために必要な3要素、価値観のチェック、キーエンスの会社紹介など

[ad#a]

キーエンスのインターンシップの選考の倍率

「キーエンス」のインターンシップは、業界内はもちろん全業種の中でも人気トップクラスの優良企業ということで毎年多数の応募者がエントリーするインターンです。

全体の応募者数は公表されていませんが、過去の参加者による意見を総合すると毎年約6000人近くが応募すると言われています。

「キーエンス」のインターンは予約者全員が参加可能ですが、定員オーバーになる可能性も十分考えられるので採用サイトなどを常にチェックして早め早めの行動を心がけましょう。

キーエンスのインターンシップの面接選考内容

「キーエンス」のインターンは、参加のための選考はありません。先着順で参加予約を行うのみですので、採用サイトをチェックしてインターンの募集が開始され次第すみやかにエントリーするようにしましょう。

いわゆる人気企業で選考が行われないインターンということで、応募者の数は非常に多く、定員をオーバーするとその時点で参加を締め切る可能性も十分考えられますので、参加を希望する学生は常にアンテナを張っていつでも応募できるように準備しておくことが肝要です。

[ad#b]

キーエンスのインターンシップの参加時の服装

「キーエンス」のインターンシップでは、指定がない限りはスーツを着用するのが無難です。過去の参加者をみると、ほぼ全ての学生がスーツを着用していますので、社会人としてのマナーや身だしなみといった観点からもフォーマルな装いで赴きましょう。

「キーエンス」は、営業力を前面に打ち出す会社ということで、服装や身だしなみもコミュニケーション能力のうちの一つと考えています。

外見をきちんと整えるのは、相手(お客様)とのコミュニケーションの必要最低限の要素ですので、清潔感を出して好感を持たれるような装いを意識することが「キーエンス」のインターンにおいては重要と思われます。

キーエンスのインターンシップの内容、感想

「キーエンス」のインターンシップは、業界ではもちろん、あらゆる企業の中でも屈指のハイレベルな内容としてこれまでの参加者からは非常に高い評価を得ているインターンです。

プログラムの内容もコミュニケーションスキルを徹底的に習得できるほか、高収益企業として優れた営業パワーを目の当たりにできる充実した中身となっています。

参加者は難関国公立、一流私立大学の学生を中心に、高い目的意識をもった優秀な学生が多いので、参加にすることによって強い刺激を受けるでしょう。

将来への大きな糧となり、今後のキャリア形成に大きなプラスとなることは間違いありません。優秀な社員が多い企業ということで、重要な自己理解に役立つ内容といえるでしょう。

キーエンスのインターンシップは内定に有利になる?

「キーエンス」のインターンシップでは、このインターンが採用選考活動に関与することはありません。理由として、本インターンは選考無しの予約参加ということで誰でもエントリー可能な内容なので、参加により実際の本選考に有利となることはまずないと思われます。

また、インターン中も選考活動について触れることはほとんどなく、シンプルに就職活動に役立つコミュニケーションスキルを学ぶ内容だと理解してください。

もちろん、「キーエンス」を志望する学生は参加すべきですし、そうではない学生にとっても高収益企業のコミュニケーションノウハウが学べる有意義な内容ですので、就職を意識する学生は奮って参加するとよいでしょう。