仕事の評価

仕事が評価されない人の特徴・気持ち別の対処法【悔しい・辛い・辞めたい時】

今回の記事では、仕事が評価されないときの人の特徴と、仕事が評価されないときの気持ち、状況別の対処法(悔しいとき・モチベーションが下がったとき・辛い、会社を辞めたい時など)について記載していきたいと思います。

仕事が評価されない人の特徴

自分がやった仕事がコンペに勝って起業を盛り上げたとか、自分がやった仕事が形になった、しかし、こんな場合であっても仕事が評価されない人はいます。

どういったタイプの人が仕事を評価されにくいのでしょうか。

 

やる気だけが先行している

「よし、自分の仕事を評価してもらえるように仕事をするぞ」とか、「絶対この仕事で頑張ってやるぞ」という気持ちは、とても素晴らしいことです。

しかし、そのやる気が、上司からは、ただやる気があるだけで実力がないとか、言うことや態度は一丁前なのだが、やる気だけが空回りしているなんて思われてしまいます。

この場合、仕事が評価されるどころか、上司からも部下からもウザイなんて思われてしまいます。

 

自分に対して自信がない人

仕事自体はきちんとできているのに、自分に対して自信がないため、自分がやった仕事に対しても自信がないため、仕事が評価されないこともあります。

せっかく評価されるようなことをやっていても、すべてをネガティブにとらえたり、やる気がなさすぎるように見えて、仕事も評価されにくいです。

「自分は仕事をやったのだ」と、言いふらす必要はありませんが、「自分がこの仕事をやりきった」と、胸を張った態度にしていた方が、上司などに仕事は評価されやすいのです。

 

評価してオーラがすごい

とにかく評価してほしいという気持ちが強く、やたらと上司や先輩などに、「これはどうですかね、いい出来じゃないですか」などと、何度も聞くような人は、しつこく、鬱陶しいと思われてしまいます。

そして、何も評価しないと落胆してしまうという、面倒なタイプと捉えられ、誰もあなたの仕事を評価しにくくなります。

[ad#a]

 

仕事が評価されない時の感情別の対処法

仕事が評価されないと、やる気なども落ちてきますが、そんな時はどのように感情を対処すればよいのでしょうか。

 

仕事が評価されず悔しいと感じているとき

仕事が評価されないとき、特に負けず嫌いの性格の人は、悔しいと考えてしまうことが多いでしょう。

ですが、その悔しい思いは逆に新しい仕事をする原動力となりますから、「次は評価されてみる」、「見返してやろう」という気持ちで、次の仕事に取り組んでみることが大切です。

また、悔しい気持ちを忘れることができず、モヤモヤしてしまっているときは、同僚と一緒にご飯に行ったりして、その悔しさを口に出せばすっきりします。

 

評価されないことで、モチベーションが低下しているとき

仕事が評価されないことで、仕事へのやる気が起きないのならば、気分転換をしてみましょう。

頭から自分がやった仕事を引き離すためにも、休暇を取ったり、プライベートで新しいことをしてみるなどすれば、気持ちを入れ替えることができます。

 

辛い、会社を辞めたいと感じているとき

人事に相談して、違う部署に異動させてもらい、新しい仕事をもらうということもできますが、まずはあなたの上司や同僚に相談して、あなたの悩みを聞いてもらいましょう。

それによって、自分の仕事が評価されないことの原因がわかることもありますから、あなたの今後のためにもなりますし、逆に、仕事に対してのモチベーションがアップすることになるかもしれません。

[ad#b]

 

仕事が不当に評価されていないと感じているときは、適性な評価を受けることができる会社への転職を考えよう

明らかに自分のやった仕事は評価されて当然のことをやったのに、不当に評価されないことというのも、残念ながら起こりえることです。

では、そんな時にはどのようにすれば良いのでしょうか。

1番おすすめな方法は、適正に仕事の評価をしてくれる会社への転職をするということです。ただ、適正に仕事の評価をしてくれるかどうかというのは、正直は言ってみなければわからないといえるでしょう。

ですが、例えば、あなたの知り合いや家族、それに友人が働いたことのある会社だったり、現在働いている会社、それにあなたの今働いている会社のクライアントさんたちから、こういった生の情報は聞くことができます。

そのような会社にアプライすれば、確実に仕事の評価を適正にしてくれるということが分かっていますし、転職エージェントを利用して、そういうレビューが多い会社をピックアップしてもらうようにすると良いでしょう。

仕事が評価されず、仕事に対してやる気を感じなくなってしまっているという方、あなたはこんなタイプではありませんか。もし不当に仕事が評価されていないのであれば、上記のような転職も考えてみましょう。