寝る

営業職に疲れてしまう理由や、営業職に疲れた時の対処法とは?転職もあり?

0 コメント
twitter
はてな
facebook

仕事が合わない、残業が多いなどで「営業疲れた」となってしまう理由や、営業職で得た自分の経験を活かせる、営業職に疲れた時の対処法(転職など)をご紹介します。「営業疲れた」と心も体も疲れてしまったときにお試しください。

営業職に疲れてしまう理由

ノルマが達成できないことにより精神的に追い詰められる

求人情報や面接の場では「ノルマはない」と言われても、しかし実際に勤めてみるとほとんどの営業職でノルマが存在します。そしてそのノルマが達成できないことで上司から叱責されるなどして、精神的に疲れきってしまうのです。

ブラックな営業の職場では、ノルマが達成できないからといって罰金を給料から天引きすることがあります。営業職は時としてやりすぎなほど、完全実力主義な世界なのです。

 

営業自体自分の性格に合っていないと感じる

営業職はコミュニケーション能力が必要とされる仕事です。人見知りだったり引っ込み思案である、または人と会話することが苦手な人には続けるのもなかなかに難しい仕事でしょう。

高い給料などに惹かれて営業職に就いても、営業の仕事自体が自分の性格に合っておらず、働くことが苦痛に感じて営業職を辞めたいと思ってしまうのです。

[ad#a]

 

 

サービス残業をしても評価されず結果が全てある

営業職は残酷なくらい結果が全てです。例えどんなにサービス残業をしても、休日を返上して仕事をしたとしても、その過程は評価されません。契約を勝ち取るなどの結果を残さなければいけない厳しい仕事でもあります。

度重なる残業に心が病んでしまい、営業職なんてもう続けられないと感じるのです。こう思ってしまうのは、責任感が人一倍強い、または生真面目すぎる性格の人に多いでしょう。

 

体力的にきつく無理をして体を壊してしまう

営業職はデスクワークよりも外回り業務が多く、接待や残業なども含めるとかなり体力を使う仕事でもあります。そうした無理が祟って体を壊してしまう営業マンは少なくありません。

しかしどんなに疲れていても休めない、残業を断れないので更に無理をする、そのせいでどんどん体が弱ってしまい営業職へのやる気も失ってしまうのです。

 

契約が取れない、飛込み営業で邪見にされる

営業職は新規営業と既存営業(ルート営業)の2通りあります。新規営業の場合はこちらから電話営業したり、飛込みで会社訪問することで契約を取ろうとします。

しかし大抵の場合、見知らぬ会社からの営業電話や訪問はお断りされます。気弱な人やネガティブな性格の人だと、何度も何度も邪見にされるあまり、精神的に辛くなってしまうのです。

 

歩合制の場合契約が取れず給料も少ないので生活できない

営業職の中には給料が歩合制の場合があり、契約が取れないと基本給しか貰えないということがあります。その基本給もかなり少なく、どれだけ頑張っても給料が低い、生活ができないという苦痛から、営業に疲れを感じてしまいます。

ブラックな営業職の場合は、自宅から会社までや外回り中の交通費も実費ということがあります。経費も自分持ちなので、働けば働くほどにお金が減ってしまうのです。

[ad#b]

 

営業職に疲れた時の対処法

事務職などのノルマがない職種に転職する

営業職に疲れを感じたときは、事務に転職してみましょう。営業のノルマに嫌気がさした人にはとくにおすすめです。

事務は経理事務、営業事務、一般事務など様々ありますが、実務経験なしでも勤めやすいのは一般事務でしょう。営業の経験を活かして営業事務に就き、商品の受発注作業やプレゼン資料作りなどをする、という選択肢もあります。

 

新規営業が苦手ならルート営業に転職する

自分には営業職が一番合っていると思うものの新規営業は疲れてしまうと思ったら、既存営業(ルート営業)に転職しましょう。ルート営業は予め決められたルートを周って自社製品を勧める仕事なので、飛込みで新規契約獲得というプレッシャーはありません。

ルート営業も外回りが多いことに変わりはありませんが、新規営業とは違って時間にも心にも余裕が生まれます。自分のペースで仕事をしたいという人は是非、ルート営業職を目指しましょう。

参考記事:ルート営業の楽な点と、きつい点とは?

 

営業職の経験を活かして人事に転職する

営業職で養った人を見る目やコミュニケーション能力を活かして、人事に転職するという選択肢もあります。人事の仕事は例えば採用関連、評価、新人教育や労務関連などです。

これまで営業職に勤めている中で経験したことを役立てたいと思っているなら、人事に転職することで、その夢が叶うでしょう。

 

企画またはマーケティング職を目指す

新しい商品の企画、またはその商品が市場でどのように売れるのかというマーケティングも、営業職での経験を役立てることができます。

企画では欠かせないプレゼンテーションだったり、商品の流通などは営業職に勤めていてこそより理解できるでしょう。興味のある分野で活躍したい、営業の一歩先をいきたいと思っている人におすすめです。

 

自分にはどんな仕事が合うのか転職エージェントで相談する

自分はこのまま営業職を続けた方がいいのか、それとも事務職の方が合っているのか、どんな仕事なら自分に合うのかわからない人もいるでしょう。そんなときには転職エージェントで相談に乗ってもらってください。

転職エージェントは自分の適職がわからないという転職者をサポートしてくれます。そして転職成功までを見守ってくれるので、1人きりで転職活動するよりはかなり成功率が高いのです。

営業職ではない異業種に転職したいと考えている人にもおすすめです。転職を成功させる自信がない人は、第三者のサポートに頼りましょう。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
9月20日 13:56 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop