上司

サラリーマンがストレスをためる原因とストレスへの対処法

0 コメント
twitter
はてな
facebook

サラリーマンは上司や部下との人間関係や仕事など、様々なことで日々ストレスをためています。サラリーマンがストレスを感じやすい原因と、そのストレスへの有効な対処法をご紹介しましょう。ストレスを解消して気分よく働いてこそ、仕事の効率も上がります。

サラリーマンがストレスをためる原因

上司や部下との人間関係

仕事よりも大変だといわれているのが、上司や部下との友好的な人間関係の構築です。上司には媚び、部下には嫌われないよう気を遣う毎日では、ストレスがたまるのも避けられない事でしょう。

ただでさえストレスを感じやすい職場の人間関係、この事に悩んで「会社へ行きたくない」、「仕事を辞めたい」と思うサラリーマンは大勢います。しかし簡単には退職できないと自分を追いつめてしまうせいで、より多くのストレスがたまってしまうのです。

 

仕事への重すぎる責任感

責任感が強く生真面目な性格をしている人は、他人にも厳しいですがそれ以上に自分にかなり厳しいという特徴があります。その厳しさと仕事への重すぎる責任感が、サラリーマンのストレスとなっているのです。

しかし本人はあくまで「真面目に仕事をしているだけ」なので、そのストレスには気づけていません。体や心が不調でも、それに気を留められる余裕がないのでしょう。

 

仕事とプライベートを切り替えできていない

仕事が休みの日でも常に仕事のことを考えてしまう、仕事とプライベートを切り替えできていないサラリーマンは、ちゃんと休めないせいでストレスをためこんでいます。

職場から仕事についての問い合わせがくることが多かったり、心配性なあまり休み前に行った仕事について「ミスをしていないか、あれで大丈夫か」といつまでも確認してしまう人は尚更です。

休みの日も仕事の時と同じように頭を使ってしまうので、眠っても仕事の疲れを拭えていません。

 

1人にかかる仕事の負担が大きい

職場が人手不足なせいで、1人が請け負う仕事の量が多く、その負担によりストレス過多となっています。人手不足を嘆きつつも、上司も会社も改善してくれないせいで、不満もたまっているのでしょう。

どうにかしたいと思っていても自分1人ではどうにもできない状態なので、考えれば考えるほど、心が追い詰められてしまうのです。

 

将来への不安

仕事に見合った年収を貰っていない、給料が低すぎて家族を養えない、出世を見込めない、残業や休日出勤が多いせいで休む暇がないなど、将来への不安からストレスをためこむサラリーマンもいます。

このまま今の仕事を続けてもいいのか、今の年齢で転職活動をしても自分を雇ってくれる会社はあるのか、という心配もあるでしょう。こうした悩みを日々蓄積することで、より大きなストレスを生み出してしまいます。

[ad#a]

 

サラリーマンがストレスをためたときの解消法、対処法

セロトニンサプリを飲む

脳内神経伝達物質の1つであるセロトニンは、別名「幸せホルモン」と呼ばれています。このセロトニンが、喜びを司るドーパミンと、恐怖を司るノルアドレナリンをコントロールしています。

セロトニンの働きを正常化するには食事や運動、睡眠といった方法がありますが、忙しいサラリーマンにはどれも難しいでしょう。そこでおすすめなのが「セロトニンサプリを飲むこと」です。

ストレスのたまっている状態は、セロトニンも不足していると考えられます。そこでセロトニンを含有するサプリを飲んでセロトニンを補い、バランスをうまく保ちましょう。

有名どころでいえば「セントジョーンズワート」というサプリです。セロトニンの働きが正常化すると睡眠不足やうつ症状の改善にも繋がります。

 

休みの日は仕事のことを考えない

仕事の日は仕事のことだけを考える、仕事が終った後、または休みの日は仕事について一切考えないというメリハリをつけましょう。

休みの日は体や心、脳を休ませてリフレッシュするべきです。メリハリをつけることで仕事への集中力とやる気が高まるので、より良い結果を残せるようになります。

 

愚痴を言える同僚と飲み会

仕事の内容や職場の人間関係について愚痴を言える同僚がいるなら、月に1回だけでもお酒を飲みながらゆっくり話しましょう。誰かに話しを聞いてもらって共感してもらう、これだけでも十分ストレス発散ができます。

また、愚痴を言っている内に「自分の悩みはそこまで大したことがないのだろう」と、悩みについて軽く考えられるようにもなるのです。悩みを真剣に捉えすぎない、これも大事なストレス対策法です。

[ad#b]

 

上司や同僚と相談して仕事の割り振りを改善

可能であれば、上司や同僚と相談して、1人に割り振られる仕事量の調節をしましょう。直属の上司が役に立たないようであれば、上層部へ報告します。

仕事をちゃんと割り振れないのは上司の監督責任です。そこを突いて、1人にかかる仕事の負担を減らすことでストレス負荷も軽くなります。

 

転職して仕事を変える

今の職場が自分に合っていないと思ったならば、転職することで解決しましょう。転職は何歳からでも、どんな仕事であっても可能です。難しく考える必要はありません。

実際には転職しなくても、「あと1年この会社で頑張っても駄目だったら転職しよう」と思うだけでもいいのです。転職という逃げ道もあるのだと考えるだけで、サラリーマンのストレスは緩和されるでしょう。

しかし、「転職の進め方が分からない」、「本当に今会社を辞めて良いのか分からない」と不安に思い、なかなか辞めるきっかけをつかめないという人も少なくないと思います。

そうした人は、転職のプロである転職エージェントに登録することで、キャリアコンサルタントに無料相談してもらうことができます。

自分の希望に合った求人の紹介もしてもらうことができますが、まずは、気軽に相談してみることから始めてみることをおすすめします。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月19日 14:26 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop