声と話し方で人生をかえる。言の葉OFFICEかのん 川邊暁美代表インタビュー

0 コメント
twitter
はてな
facebook


川邊代表プロフィールお写真1

この記事の専門家

川邊 暁美代表

言の葉OFFICEかのん

就職・転職活動中の方が最も力を入れているのは面接対策かと思います。何を質問されてもすらすら答え、面接官の心をつかみたいですよね。

面接前に原稿を準備して練習する人も多いようです。しかし、文章は完璧でも声や話し方の印象が悪いと、思うような結果が得られないことも。ビジネスシーンにふさわしい話し方のスキルも大切なのですね。

面接に自信がない、と思ったらトレーニングで話し方を磨いてみませんか?今回は話し方のプロ「言の葉OFFICEかのん」の川邊暁美(かわべあけみ)代表にお話をうかがいました。

言の葉OFFICEかのん 川邊代表インタビュー

「声と話し方が変われば運命が変わる」をモットーに、伝わる声と話し方の指導をされている「言の葉OFFICEかのん」の川邊代表。

自身の話し方に自信のない人や、人と話すことに苦手意識を持っている人のため、話し方のテクニックや簡単なトレーニング方法をインタビューしました。

発声や話し方に自信がないという人の共通点

編集者顔画像

川邊代表のレッスンや研修などを受けられる方で、自分の発声方法や対人での話し方に自信が持てない…という方は多いかとイメージしております。

そういった方に共通している傾向、よく聞くご意見・ご相談内容などはありますか。

川邊代表お顔写真

「緊張すると頭が真っ白になってしまう」
「何を話せば良いかわからない、話がまとまらない」
「聞き手の反応がなくて落ち込む」
「伝えたはずの話が伝わっていないことがある」
「滑舌が悪く、聞き返される」
「話しているうちに声が割れたり、裏返ったりしてしまう」

など、自分の声と話し方に自信を持てない方が多いですね。

発声や話し方の基本的なスキルを身につける機会がなかっただけなのに、自己肯定感まで低くなってしまっている方もいらっしゃいます。

「人前で話をする機会はできるだけ避けてきた」そういう方が大事な面接を控えたり、あるいは、管理職になった、起業したなど、しっかりと伝わる声と話し方を求められる状況に追い込まれて、勇気を奮い立たせて、レッスンに来られます。

「大丈夫です!あなたの悩みは特別はことではありません、解決できる方法をお教えします。安心してください」と最初にお伝えしています。

面接・ビジネスシーンで使える「発声テクニック」

編集者顔画像

面接という場で面接官や人事担当者に好印象を持たせられる、またビジネスシーンで活かせる「発声テクニック」のようなものはあるでしょうか。

川邊代表お顔写真

面接では、まず、「伝わる声」で受け答えをすることが大切です。

面接試験を想定し、座った状態で2~3メートル離れた面接官に話すように「声を前に出す」練習をしておきましょう。

速さは1分間に300~330字程度を目安にし、キーワードは特にゆっくりと、十分な「間」を取って話すと効果的です。

編集者顔画像

「声を前に出す」という意識、これは確かに大切ですね。

川邊代表お顔写真

そうなのです。詳しくご説明しますと、最初に意識すべきなのは「呼吸を整えること」です。緊張対策としても、声の安定のためにも、深くてゆったりした「腹式呼吸」を心がけましょう。

そのためにまず、座る姿勢が肝心です。

背もたれにもたれず浅く腰かけてください。肩や背中、あごなどに余計な力を入れず、丹田(おへそから指4本分下にあるツボ)だけを意識してください。

左右の肩甲骨を背中の中心に寄せるようにして胸を張ると、背筋が伸び、見た目もきれいですし、呼吸もしやすくなります。

そして、息を「鼻から吸う」のがポイントです。鼻から吸うだけで呼吸の安定度が変わってきます。

質問に答えるときに、小さく軽く一瞬、息を吐き、鼻から吸って、丹田を意識し、ゆっくりと話し始めてください。

話すときは一文、つまり主語から述語までを40字を目安に短めにまとめ、「です」「ます」の語尾まで言葉にするようにすると、説得力が増します。

川邊代表インタビューお写真1

川邊代表お顔写真

あとは、決して焦って早口にならないでください。

「間(ま)」を取ることを恐れずに、文と文のあいだで「間」を取ってください。心の中で、1、2と数えましょう。言葉が伝わりやすくなり、あなたへの信頼感が高まります。

そして、想定質問を考え、リハーサルをしてみてください。練習は、決して裏切りません。必ず練習した分だけ、成果が出ます。

本番では想定質問通りではなくても、練習をしっかりしたことで考えがまとまっていますし、練習が自信になって落ち着いてやり取りができるはずです。

編集者顔画像

  • 浅く椅子に腰かける
  • 丹田と、左右の肩甲骨を背中の中心に寄せるように意識する
  • 息は鼻から吸って、腹式呼吸でゆっくり呼吸を整える
  • 主語から述語までを40文字くらいにまとめ、です・ますの語尾まで言葉にする
  • 間を取ることを恐れず、決して焦って早口にならないこと

そして、練習は裏切らない!ということですね。この一連のコツを何度も練習して身につけておけば、面接など本番でも自然に伝わる話し方ができそうです。

川邊代表お顔写真

是非、今日から練習してみてくださいね。

毎日できる、発声スキルをあげる方法

編集者顔画像

毎日すると発声スキルがあがる、というトレーニングはありますか。

川邊代表お顔写真

先ほどお話しした、腹式呼吸を心掛けることをおすすめします。呼吸が整うと、声と心と頭が整います。

人前で話すとき、少し焦ったり緊張しているシーンで「軽く息を吐き、鼻から吸う」だけでも効果的です。

毎日簡単にできる発声と滑舌のトレーニングとしては、「声を出して新聞のコラムを読む」方法があります。

新聞各紙のコラム欄は音読しても3分以内です。朝、ざっと目を通すだけでなく、声に出して読んでみる。そのときに、自分の声を自分の耳でしっかり捉えてください。声に意識を向けるのです。

明瞭な発音・発声で読めているか、意味が伝わるように読めているか、早口になっていないか。

まずは「自分に読み聞かせるつもりで」音読をしてみます。

次に「誰かに伝えるつもりで」声に出してみてください。話し方に自然な間や丁寧さ、説得力が加わるはずです。

レッスンや研修を受けられる方の傾向

編集者顔画像

男女比、年齢、職種など、どのような方が川邊代表のレッスンや研修を受けられるのでしょうか。

川邊代表お顔写真

男性と女性では、パーソナルレッスンでは男性8:女性2、逆に話し方クラスに参加されるのは女性8:男性2で女性が多いです。

年齢層は就職を控えた学生から80代の方まで幅広くいらっしゃいます。

職種は様々です。士業や講師業、教師、経営者、管理職、起業家もいらっしゃれば、主婦の方もいらっしゃいます。

私は年齢や職種に関わらず、すべての方にとって「自分の思いや考えを、自分の声と言葉で、相手の心に響くように伝えらえる力は、その人が自分らしく人生を輝かせるために欠かせない『生きる力』」だと思っています。

自己研鑽のために学ばれた80代の方から「川邊先生に学んだことを明日からの人生をより充実させるために実践します」とお便りをいただき、感激したこともあります。

川邊暁美代表にとって「声」と「言葉」とは

川邊代表インタビューお写真2

川邊代表お顔写真

声と言葉が変われば、伝わり方が劇的に変わり、伝わり方が変われば、人生が変わります。

新しい人生へとあなたを導くのは、あなた自身の声と言葉です。そして、それは自分が決意し、一歩を踏み出さないと変えることはできません。

でも、意識した瞬間から確実に声と言葉の響き方は変わります。

かつて私は教室で手も挙げられない、泣かされてばかりのいじめられっ子でした。しかし、たまたま入部したコーラス部で声のトレーニングをし、伝わる声を手に入れたことで、周りの反応が変わりました。

「伝わることって素晴らしい」その思いが今の仕事につながっています。うまく話せなくて自信を持てないあなたは、かつての私です。

少しの勇気で人生は変わります。思いが伝わる、周りが自分の声や言葉に耳を傾けてくれる、その素晴らしさをあなたにも実感していただきたいです。

編集者顔画像

人生が変わったご自身の経験が、今のご活動のもとになっているのですね。

これからも、伝わる話し方の指導者として、”声で握手”する喜びと素晴らしさをたくさんの人にひろめてくださることでしょう。川邊代表、本日は大変ありがとうございました。

言の葉OFFICEかのんの事業内容をご紹介

今回のインタビューに協力いただいた川邊暁美さんが手がけている「言の葉OFFICEかのん」の事業について紹介いたします。

神戸を拠点にアナウンサー、朗読家として活躍する川邊暁美さんは、声と言葉のコミュケーションスキルを指導する講師・パーソナルコンサルタントとして「言の葉OFFICEかのん」を運営しています。

元NHKキャスターのキャリアを生かし、伝わる声や話し方、言葉の選び方、話の構成などをトータルで指導。「声と話し方が変われば運命が変わる」をモットーに、人材育成やコンサルティングを行っています。

「言の葉OFFICEかのん」は主に4つ事業を行っています。

  • ボイス&スピーチ パーソナルレッスン
  • 講演・研修
  • アナウンス事業
  • 朗読(事の葉事業)

ボイス&スピーチ パーソナルレッスン

「言の葉OFFICEかのん」では、スピーチや講演のスキルを上達させたい方のためにパーソナルレッスンをおこなっています。

レッスンはオーダーメイドで、受講目的、達成目標に合わせたトレーニングを受けることができます。

カリキュラムの一例
1.はっきり伝わる発声法、腹式呼吸など声の基礎力を高める

2. 声の瞬発力や方向性、声の洗練度を高める発音や発声のポイントをおさえ、信頼される声を身に付ける

3.実践トレーニング(1)メリハリのある話し方や相手をひきつける伝え方を学ぶ

4.実践トレーニング(2) スピーチやプレゼンテーションの準備の仕方、話の構成、あがらないコツなどを学ぶ

5.実践トレーニング(3) 講演、プレゼン、披露宴での挨拶など各自の課題に合わせたレッスンをおこなう

自然な緩急や抑揚の付け方、内容が正確に伝わる話の構成など、実践的なスキルをわかりやすく指導します。

講演・研修・セミナーなども含めた年間指導実績は200件と確かな実績があり、多くの経営者、議員、弁護士、大学教授が受講し、人の心を動かす話し方を習得しています。

講演・研修

講演、企業研修、セミナーで、スピーチ力、コミュニケーションスキルに関するノウハウをレクチャーしています。

経営者、士業、講師業の方に
「心に響くトップのスピーチ力~人をひきつける話の極意~」「信頼を築く話し方・伝え方講座」ほか、相手に伝わる、信頼感・説得力につながる発声法と話し方の極意を伝えます。

全国多数の企業や自治体のトップが受講、「実践的でわかりやすい」「たちどころに結果が出る」と大変好評です。

女性の活躍推進、女性リーダーの養成研修に
「創業して間もない女性経営者向け売上アップの3ステップセミナー」「発信力取得!自分の言葉で男女共同参画を語る」など、女性リーダーが身に付けたいコミュニケーションスキルや信頼関係を築く話し方を伝えます。

女性経営者、地域リーダーなど、多くの女性参加者が「とても役に立った」と満足しています。

ビジネスマナー、職場のコミュニケーション研修に

営業職、管理職、観光・接客業などに携わる方を対象にコミュニケーション研修をおこなっています。

ワークを通し、信頼関係を築くためのコミュニケーション力、営業や接客相手に好印象を与えるビジネスマナー、プレゼンテーション力などを学んでもらいます。

教育・子育て講演会、人権学習、地域リーダーの養成
生涯学習施設や男女共同参画センター、学校などで、人間関係を円滑にする話し方やコミュニケーションついて講演や研修をおこなっています。

職場や実生活で活用できるノウハウが好評で、話し方の実践的なトレーニングを取り入れた講座は、キャンセル待ちも出るほどの人気です。

大学生、就職、再就職を目指す方に
就職・転職活動をする方を対象に「面接で成功する声の出し方・伝え方」「心に響く声と話し方講座」など、社会人に必要なマナー・コミュニケーションスキルについて講義をおこなっています。

ハローワークで実施したある講座では、受講者の86%が「大変わかりやすかった」、77%が「就職に大変役に立つ」と答えるなど、受講者のほとんどが満足のコメントをあげています。

セミナー「声で握手 人生が変わる声のレッスン」
セミナー「声で握手 人生が変わる声のレッスン」にて、伝えたい内容を相手にわかりやすく伝え、相手をひきつける話し方と振る舞いについてのレッスンをおこなっています。

  • 本気でスキルを高めたい方におすすめ!思いが伝わる話し方
  • 伝わる話し方~人を惹きつける話の極意~
  • 伸びやかな声と言葉で印象度アップの自己紹介
  • ヴォイストレーニングからはじめる朗読
  • 6か月で学ぶ! 伝わる声と話し方
  • ~あなたを輝かせる~ 声と言葉のレッスン

神戸、大阪、京都、西宮の各会場(NHK文化センターなど)で、特別個人レッスン、定時講座、1日講座にてレッスンを開催しています。最新のスケジュール、講座の詳細については公式サイトでご確認ください。

アナウンス事業

NHKニュースキャスターのキャリアを生かし、アナウンス事業として、司会、ナレーション、パネルディスカッション・座談会等の進行をおこなっています。

アナウンス指導では、司会や案内放送に必要な活舌・発声法・立ち振る舞いについてノウハウを伝える研修も好評です。

朗読「言の葉事業」

「言の葉プロジェクト」として、朗読コンサート、小中高生の話し方指導、読み聴かせの実演指導をおこなっています。

朗読家として、能楽と朗読のコラボ「櫻座2019春の公演~能のなかの美しい天女~」や、フェリシモ東日本大震災チャリティー講座「もっと、ずっと、きっと祭」 ほか多数のイベントで活動され、情感豊かな語り口で聴く人を魅了しています。

川邊暁美代表のプロフィール

川邊暁美代表は神戸に生まれ、神戸女学院大学を卒業後はNHK神戸放送局のニュースキャスターに。

その後、全国で初めて兵庫県が設置した「兵庫県広報専門員」に採用され、7年間全国に情報を発信、県政や広報戦略についての講演活動も展開します。

2001年からはフリーアナウンサー、ビジネスマナー講師として活動を開始し、2008年に「言の葉OFFICEかのん」設立、一人一人の持ち味を生かしながら人の心を動かす話し方の指導を行っています。

2009年からは神戸女学院大学で「ビジネスコミュニケーション論」を専門に非常勤講師としても勤務、企業研修や講演などで幅広く活躍しています。

また、日本語の美しい響きや心を次世代に伝えていく「朗読家」として、朗読や「音楽と語りのコラボレーション」をライフワークに活動しています。凛とした声と聞く人を引き込む豊かな表現力は定評があります。

資格、肩書等
産業カウンセラー
キャリア・コンサルタント
DiSC認定コンサルタント
日本姿勢と歩き方協会ウォーキングリーダー
内外情勢調査会講師
NHK文化センター講師
マインドフルネス・インストラクター

書籍『「声」と「言葉」で心に響く プロの話し方作法』

「言の葉OFFICEかのん」で伝えている「人の心を動かす声と話し方」のノウハウは、書籍でも勉強することもできます。


『「声」と「言葉」で心に響く プロの話し方作法』(川邊 暁美著・アスカビジネス)では、説得力のある話し方、信頼される声の出し方、あがらないための心の準備の3部で構成され、事例を挙げながらトレーニング法をわかりやすく説明しています。

語りかけるような文体で、ご自身の過去のコンプレックスを挙げながら習得されたノウハウを丁寧に紹介しておられます。伝え方が変われば人生が変わることが実感できる1冊です。好評発売中、韓国でも翻訳版が出版されています。

自信のないあなたも言葉を磨いて人生を変えてみませんか

今回「言の葉OFFICEかのん」の川邊代表にインタビューをして、好印象を与える話し方とは、単に大きな声ではきはき話すだけでなく、届きやすい声でわかりやすい話し方をすることが大切だと再認識できました。

また、自分の声や話下手なところにコンプレックスを持つ人は少なくありません。特に、声は生まれつきのものだとあきらめがちですが、声もトレーニングで磨けることがわかると、とても勇気がわいてきますね。

就職・転職活動で面接対策をしたい方はもちろん、人前で話すことが多い方、本気で話し方のスキルを向上させたい方は、ぜひ「言の葉OFFICEかのん」の講座やレッスンを受けてみてください。

この記事の専門家
川邊代表プロフィールお写真2

川邊 暁美代表

言の葉OFFICEかのん

一人ひとりの持ち味を活かしながら、伝わる声と話し方の指導を行う、声と言葉のコンサルタント。神戸女学院大学卒業後、NHK神戸放送局ニュースキャスター、全国初の県政のスポークスパーソン「兵庫県広報専門員」を経て、声と言葉のコミュニケーション力、表現力UPをベースにした人材育成を行う「言の葉OFFICEかのん」設立。「第一声で場の空気を変える」と評される声と安定したアナウンススキルをベースに理論と実践の両面から体系だった指導法を確立し、講演、セミナーや企業研修、パーソナルレッスンなど指導実績は年間200本に及ぶ。著書に「声と言葉で心に響くプロの話し方作法」(明日香出版社)がある。

(本記事の情報は2019年12月時点のものです)

0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop