キャリア

【高卒フリーター】正社員就職のポイント、厳しい実情(結婚・一人暮らし)、資格

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事では、 高卒フリーターの厳しい実情(結婚、一人暮らし、病気リスク)、就職を成功させるポイント、公務員を目指す場合のポイント、男女別のおすすめの仕事、資格などを記載していきたいと思います。

高卒フリーターの厳しい実情

結婚が難しい

高卒フリーターの場合でも、正社員に近い所得を得る方もいます。しかし男性がフリーターの場合、女性からの印象として高卒という面ではなく、フリーターとう状態では結婚生活に不安を感じてしまう方が多いのが実情です。

また、結婚生活は独身生活以上にお金が掛かってきます。共働きという選択も可能ですが、配偶者が病気やケガになるリスクもあります。

その場合、フリーターで仕事を増やしても限界があり、生活を維持していくことが困難になるでしょう。

 

一人暮らしの場合そもそも生活が苦しい

高卒フリーターで一人暮らしの場合、生活を維持していくことが非常に苦しい場合があります。フリーターの場合、仕事を頑張っても給料にも限界があります。

しかし一人暮らしにかかる水道光熱費や家賃などは正社員か否かも関係なく支払わなくてはいけません。その為、一人暮らしをする場合、極力節約を心がけなくてはいけません。

近年、家賃高騰している都市部に住む場合は特に注意しましょう。

 

病気リスク

高卒フリーターの場合で気をつけなくてはいけないのが病気リスクです。

病気は人間だれしもが罹患する可能性をもったもの、特にフリーターで国民健康保険に加入していない方は注意しましょう。

病気には治療費だけでなく様々な経費が掛かります。特にフリーターは正社員と違い傷病手当金や休職手当などがない場合が多いため、病気治療中は無給状態となることを想定しておかなくてはなりません。

フリーターでも、企業の社会保険に加入できる場合もあるので、アルバイト先に確認しておいた方が良いでしょう。

 

高卒フリーターが正社員に就職を成功させるポイント

アルバイト先に就職する

高卒フリーターが就職を成功できるケースで一番の近道でもあるのが、アルバイト先への就職です。

アルバイト先でもしっかりと仕事をし、アルバイト先の戦力として頼りになっている場合は、どんな面接での意気込みよりも強い効力があります。

アルバイト先も素性を把握している事や、新規に募集をかける経費面からしても、そのまま正社員に登用した方がよい場合もあります。

 

新卒ブランドを手に入れる

高卒フリーターの場合、就職を有利にするためには新卒者になる事も有効です。

これは、専門学校や短大、大学などに入学をし、就職活動をすることです。年齢によってもハンデはありますが、職業や就職に直結しやすい学校がオススメです。

また、フリーターなので通常の学生生活ができない場合は、通信制大学なども良いでしょう。

 

情報を仕入れすぐに行動する

高卒フリーターが就職をする場合、新卒や若年者と比較してもハンデがあるのは事実。

しかし、就職が全くないということはありえません。特に高卒フリーターと言うなら高校は卒業しているので、就職の基本的な基準はクリアしています。

就職情報誌やインターネットで探すのはもちろん、ハローワークなどの求人情報を活用することも重要です。そして少しでも気になる就職先があれば、すぐにコンタクトをとる事も大切です。

[ad#a]

 

高卒フリーターが公務員を目指すときのポイント

公務員は霞ヶ関の官公庁や県庁・市役所から警察官、消防官と幅広い職種があります。

高卒では年齢にもよりますが地方公務員や警察官や消防官も目指すことができます。募集要項を確認し、エントリー資格があれば誰でも目指すことは可能です。

より確実に公務員になりたい場合は、受験対策の各種学校や通信教育などを利用し備えておきましょう。

また、大学に進学すれば大卒者を対象とした公務員にも受験資格を得ることができるので、より幅広く公務員を目指すことができます。

 

男性の高卒フリーターにおすすめの仕事

飲食店

男性の高卒フリーターでも求人の多い飲食店はおすすめです。

また飲食店でもファーストフードや居酒屋ではなく、フレンチやイタリアン、日本料理店など料理を知るチャンスのあるお店にしましょう。

後に、調理師やソムリエなど自分でも手に職につながること、勉強になることが大事です。

 

介護職

老人ホームなど介護は体力も必要で責任も問われる仕事です。介護職は男性の需要が多い職業です。

送迎ドライバーや職員など、アルバイトでも募集しているのでおすすめです。また、しっかりと働ければ正社員への登用も多い職業です。

 

女性の高卒フリーターにおすすめの仕事

医療事務・受付

医療機関においてアルバイトでの事務職や受付の募集もあります。就業時間や労働環境がしっかりと整っていることが多いので安心して働けます。

また、しっかりと実務を勉強し仕事に関する資格を取得することにより、正社員や契約社員など次のステップに進める可能性があります。

 

コールセンター

コールセンターはフリーターでも募集の多い仕事です。

また大手企業が募集している場合もあり、通常のアルバイト以上に社会保険や福利厚生が整っている企業も多いのでおすすめです。

[ad#b]

 

就職を目指す高卒フリーターにおすすめの資格

介護福祉士や福祉系資格

高齢社会となった現在、病院や老人ホームなど介護に関連する仕事は非常に多く募集があります。

その為、介護福祉士といった介護系の資格を取得しておくと、就職に有利になります。

 

日商簿記検定

事務職など幅広く仕事を選ぶ際に便利な日商簿記検定も良いでしょう。

級によっては専門性の低い資格なので、取得したからすぐに就職できるわけではありませんが、ハローワークや面接時でもアピールする資格として有効です。

また高卒でも日商簿記検定1級を取得していれば税理士試験に受験できる資格を得るので、一生懸命勉強すれば税理士への道も開けます。

 

フリーターから正社員を目指そう!

高卒フリーターの場合、学歴の面で大卒のフリーターより不利であり、また経験という面で、正社員経験のある人に大きく遅れを取っています。

そのため、基本的なビジネスマナーや書類、面接対策を完璧にしておく必要があります。フリーター向けの転職サイトを利用することで、こうした対策を無料で受けることができるため、是非うまく活用していくことをおすすめします。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
7月21日 06:41 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop